まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

姫路の浜(1)  乙姫伝説の浜

小さな船が走っている向こうの浜が、僕のプライベートビーチ『姫路の浜』です。
粟島全景
この浜は潮の満ち干のためにいつでも行けるというわけではありません。
『姫路の浜』に行くには姫路への道1
このように潮が引いた時でなければ行けないのです。


このように
竹の浦6
潮が満ちてくると、行くことが出来なくなる箇所がいくつかあって、行けません。


ここ「竹の浦」という集落は、粟島の一番西に位置し、四国本土の荘内半島とは大きな声を出すと聞こえるくらいの距離しかありません。海人さん来島 004
とても静かな集落です。


この日も、優しいお爺さんが一人
海人さん来島 002


黙々と網の修繕をしていました。
海人さん来島 003


花崗岩の岩の間を通り抜けて行くと、いよいよ、『姫路の浜』に着きます。
姫路海岸2
ここが、島の中で一番のお気に入りのプライベートビーチ『姫路の浜』です。
姫路海岸1


ここからの夕日を眺めるのは大好きなのですが、潮と時刻を考えないと一晩この浜に取り残されてしまうおそれもあります
瀬戸は日暮れて
しばらくは、この静かな夕景をお楽しみ下さい。
ぼくもその間しばらくお休みします。体調不良ではありませんからご安心を。



明日と明後日は、旅行のためお休みいたします。火曜日から又始めますからお訪ね下さい。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/24(日) 00:00:48|
  2. 姫路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<姫路の浜(2) 二人の「秘め路」か | ホーム | 下新田(2)>>

コメント

No title

行ってらっしゃーい。たまには休まないとね。
姫路の浜(2)を楽しみにしてますから。
  1. 2009/05/23(土) 23:53:34 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

No title

私は何時もお船で行きましたが。
陸路山越えの道はないのでしょうか?・
ここにお住まいの人は船が必要ですね?・
姫路に漁船が有るのは知りませんでした。
竹やぶも荒れてるでしょうね。多分手入れ出来て無いと
思います。有難うございました。
  1. 2009/05/24(日) 04:16:31 |
  2. URL |
  3. 鷹野 富士丸 #2u.skda2
  4. [ 編集 ]

No title

孫が来てコメントの入れ方を教わりました。
毎日綺麗な写真を見ています。
被写体がいつまで続くか心配です。
  1. 2009/05/24(日) 09:56:35 |
  2. URL |
  3. 大沢 ふみ子 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

最高~っすわ。この夕日。。。
こんな場所で、もう一度、恋(告白)したいですね(笑)
無理でっすか???失礼しました~(笑)
  1. 2009/05/24(日) 23:05:20 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

留守をしていまして、失礼しました

お待たせしました(別に待っていなかったりして・・・)
高校時代からの友人が遊びに来て、道後温泉に行ってきました。
粟島9時半の船に乗り、2時間で道後温泉に着きました。
丁度、横須賀から、箱根へふらっと温泉に行く感覚でした。

ふうちゃん
お待たせ、姫路ですよ。
気付いたら、姫路の写真をしばらく撮っていなかった。
先日、ヨットマンが遊びに来るので、姫路まで行き、
港に入って来るまでを写真に撮りました。
良丸のお爺さんの写真はその時のものです。
明日は、良太が登場します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鷹野 富士丸さん
この集落も住む人も少なくなってきています。
漁をする人も二人ぐらいです。
山道は、島四国の時だけ道整備します。
普段は、歩かない方が無難です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
Kenさんにはお勧めの浜です。
一人の~んびり釣り糸を下げるも良し、
我が人生を振り返るも良し、
この夕日の中で恋を告白するも良し・・
その元気があれば何でも出来る~!(>:<)爆
そういえば、こんなサラリーマン川柳がありました。
『ポロポーズ あの日にかえって 断りたい』
失礼しました~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大沢さん
いつもありがとうございます。
コメント、ありがとうございます。
粟島、いいところでしょ。
『水無月会』皆さんが生きてるうちに実現できそうですね。
秋にはお待ちしています。

リンクで『ル・ポール粟島』も見てください。
ホテルの(少々面映い気がしますが)概要が分かります。
毎日、島の様子が写真で紹介されています。
ここの支配人さんが私の写真の師匠さんで、
このブログ『まほろばの島詩』も、全てを準備してくれました。

  1. 2009/05/25(月) 17:22:35 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/59-f82da8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (98)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示