まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

初夏の頃 ② 海岸寺あたり

レンゲ畑を後に金比羅さんまで戻ってきた僕は、讃岐一刀彫の店に立ち寄りました。
粟島の家にある達磨の制作者、讃岐一刀彫伝統工芸士・平田岳峰さんの作業場です。
一刀彫1


某所より大作を依頼され、その制作を始めたばかりの所でした。
邪魔をしてはいけないと早々に引き揚げようと思いましたが、奥様も来られていろいろ話も弾み、すっかり長居をしてしまいました。
一刀彫3


作業所にあった達磨像。松の古木は歳月が経つとこのようなあめ色になってきます。
一刀彫2


途中、多度津で食糧を買い込み 四国別格二十霊場第十八番札所「海岸寺」まできました。
「アンパンマン列車」でも来ないかなと思っていたら、こんなCM特急が来ました。
海岸寺1


「海岸寺」は、ウィキぺディアによれば「寺伝によれば、ここは空海(弘法大師)の母親である玉依御前の出身地とされる。更に空海は奈良時代後期の宝亀5年(774年)に当寺奥の院で生まれたとされており、弘法大師出化初因縁(しゅっけしょいんねん)の霊跡と言われる。」更に、
海岸寺2


「平安時代初期の大同2年(807年)空海が弥勒菩薩を刻み、堂宇を構えたのが当寺院の開創と伝えられている。弘仁6年(816年)には空海が自身の像を刻み、大師堂を建てたことにより≪奥の院≫が開かれたとされる。」と説明されています。
海岸寺3


その≪奥の院≫への入り口がここです。
海岸寺4


こちらは「海岸寺」の山門。山門には普通仁王像が安置されていますが、地元出身力士の琴ヶ浜(右)と大豪(左)の像が立っています。懐かしいですね~。昔、応援していました。
海岸寺5


本堂裏手は屏風絵のように美しい浜という事から地名となった「屏風ヶ浦」の浜です。
弘法大師(空海)が真魚(まお)と呼ばれていた幼少の頃はこの浜で粟島を眺めながら遊んだに違いありません。
海岸寺6


孫の成長を願い、本堂屋根の改修銅版を寄進させて頂き、併せて前住職であり高名な書家でもありました高橋厚温老師の書(コピー)を5枚買い求めて帰りました。
これはご存知般若心経の一節「遠離一切顛倒無想」(おんりいっさいてんどうむそう=一切の間違った考えや妄想から遠く離れなさい)と言う教えです。
海岸寺7


「海岸寺」のある屏風ヶ浦を過ぎると、すぐに 「津嶋神社」 があります。
海中にある参道は8月4,5日の祭礼の時にのみ板が敷かれ通行する事ができます。
又、「津嶋ノ宮駅」は祭礼の日のみ開業する全国でも珍しい駅です。
※上記「津嶋神社」の資料の中に周辺地図があり、粟島、海岸寺、津嶋神社の位置関係が良く分かります
津嶋神社1


波のない穏やかないつもの瀬戸の海です。
津嶋神社3


「津嶋神社」の左奥に見えるのが粟島です。資料によると、≪ここからの夕景は日本一美しい≫と書かれています。一番かどうかは流石の僕も恥ずかしくて言えませんが、二番よりは美しいと思います・・・。バシッ!言ってるじゃん。
人は皆自分の郷里が一番だと思っている。それで良いんじゃないですか。WWW
津嶋神社2


それでは、又。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/21(日) 00:00:37|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<島の夜明け | ホーム | 初夏の頃 ① レンゲ畑をゆく>>

コメント

津嶋神社のお祭りには、夜 大きな花火が上がるのが粟島からもよく見えました。
帰省の時列車の窓から、津嶋神社の奥に粟島が見え始めると、「あ~~、やっと着いた」と いそいそ降りる準備を始めていた頃が懐かしいです。
夕焼け空にくっきりと浮かび上がる粟島のシルエット、やっぱ、最高ですよね~~。
  1. 2011/08/21(日) 09:02:10 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

なるほど、津嶋さん、渡り板はずすとそんなになってるんだ・・・、知りませんでした!

渡ろうと思えば渡れそうだが、そんなことする人多分居ないんでしょうね┐(´ー`)┌
  1. 2011/08/21(日) 19:05:08 |
  2. URL |
  3. SHIOTA #2NAOQmok
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
津嶋さんの花火も、詫間港の花火も体の向きを変えれば正面に見えますね。WWW

そうですね。電車で帰る時は、海岸寺を過ぎるとじっと沖を見つめる癖が付いてしまいました。
普段はやはり海岸時を過ぎた辺りからちらちら海を見ながら走っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
SHIOTAさん
いつの日か孫を連れて夏の大祭にお参りに行こうとと思っています。

津嶋さん、瀬戸内の江ノ島なんて資料に書いてありますが・・・
ちょっと恥ずかしいですね。写真載せなければ知らない人はそうかなって思うでしょうねえ。
僕的には、浦島神社のある円山のほうが近いかなって・・・でもないか。www

  1. 2011/08/21(日) 19:58:25 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

郷土愛

北さん、こんばんは^^

屏風ヶ浦、津島神社の夕陽を、生きている間に
一度は見てみたいです。それにしましても、吾が
故郷が一番、と思うのはまさしくそうですよね。
高野山も室生寺も同じです。

フィギア・スケーターのマオちゃんは、空海の幼名
から取ったのでしょうか?因みにイエス・キリストも
魚で象徴されることがあります。真の魚?マオ?
何か関係があるのでしょうか。

高橋厚温老師、いい字を書かれるのですね^^
  1. 2011/08/21(日) 21:47:21 |
  2. URL |
  3. はなさかすーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

はなさかすーさん さん
ありがとうございます。
高野山も雨ですか。写真展、一人でも多くの方が観に来られるといいですね。
故郷は誰にとっても心の拠り所世界一です。
(誰もがそう思える世の中であって欲しいと思います)
お子さん達を連れ粟島にもおいで下さい。
何にもない島ですがゆったりとした時間の流れと飾らない人の温もりがあります。
僕も来年は島に帰れると思います。

真魚・・・浅田真央選手も字こそ違え同じオンですね。
「マオ」・・・可愛く賢そうな響きがありその名の子どもも時々います。
そういえば『JESUS』のペンダントのデザインは魚でしたよね。

≫高橋厚温老師、いい字を書かれるのですね^^
僕は字の方も全く駄目で良く分かりませんが、
読みやすく温もりのある字だなと感じて色紙と半紙(コピーですが)を買って帰りました。
  1. 2011/08/21(日) 23:49:11 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

 達磨像、とてもいいですね。彫もそうですが、木の色がみごとです。
 海岸寺の山門も変わっていますね。力士が左右にいるのですか。また、塔の相輪がずいぶん短いのも珍しいのではないでしょうか。
 そして、津嶋神社の海中にある参道が2日間の祭礼のときだけ板が渡されて通ることができるというのもおもしろいですし、駅が祭礼の日だけ開業するというのも珍しいですね。
 きょうは、珍しいものがたくさんで、とても興味深く読ませていただきました。
  1. 2011/08/22(月) 00:19:31 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ラムダさん
涼しいですね~。先週の土、日は諏訪神社の例祭でした。

海岸寺の二重の塔、言われる通り水煙や九輪がありません。
相輪のない塔・・・何となく変ですよね。前を通る時いつもそう思います。
塔も相輪部分がある都内とでは随分印象が違います。

津嶋ノ宮駅は、北鎌倉と円覚寺程の近さにあります。
境内の一部に(多分かってはそうだったと思います)駅がある感じです。
1年に2日しか営業しないJR駅。珍しいと思います。
しかも、この駅、道を間違えたらそのままホームまで出ちゃいます。
うっかり入ったらびっくりです。v-12夜など線路内に落ち込む危険性もあります。
これもまた珍しいでしょ。事故が無いのが不思議です。


又仕事、忙しくなりますね
  1. 2011/08/22(月) 11:47:33 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

津島さんの花火は私も何回か撮りに行ったことがあります・・・
津島さんを正面にして花火を入れようとすると相当無理な体勢に・・・
津島ノ宮駅・・・
鉄子の旅にも出てこないほどマイナーな駅です!!!
  1. 2011/08/22(月) 12:15:58 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは~♪

瀬戸内海の江ノ島ですか。写真で拝見させて
頂いた感じでは、『江ノ島』って感じしますね。
こうして、プログで教わる事って多いです。特に、
北さんプログでは、大変勉強になります!ハイ!
  1. 2011/08/22(月) 14:12:36 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
津嶋さんの花火は小さい頃親戚のおじさんの船で見に行った事があります。

津嶋ノ宮駅・・・考えたら本当によくやっているなと思います。
年二日間だけの臨時駅ですからね~。
『鉄子旅』の菊池直恵さんも気がつかなかったのでは・・・。
海岸寺を絡めて話が出来そうに思いますがねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
粟島に来られたときに電車の窓から見えていたのですが・・・説明がないと分かりませんね。
「江ノ島」なんていったら、湘南に住む人たちから叱られそうで・・・WWW
「江ノ島」、Kenさんが良く行かれていた時分に比べ大分様変わりしました。
今行ったらびっくりすると思います。
弁天小僧も腰抜かしちゃうかも知れません。WW
  1. 2011/08/22(月) 20:53:48 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/610-efa3b6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (98)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示