まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

四国八十八箇所霊場七十番札所【本山寺】

5月下旬、四国八十八箇所霊場七十番札所 「本山寺」 に行ってきました。
「本山寺」は、大同2年(807年)平城天皇の勅願寺として、空海(弘法大師)が自ら刻んだ馬頭観世音菩薩像を本尊として開創したと言われています
5,26本山寺 030
御詠歌= もとやまに 誰が植えける 花なれや 春こそたおれ 手向けにぞなる  






ここ「本山寺」は僕にとって四国八十八箇所霊場の中で最も馴染みのあるお寺です。
横須賀に帰る前にもう一度お参りをと思い訪ねてみたのです。
5,26本山寺 011
 ※「本山寺」は昨年12月5日にも紹介しました。→ 「まほろばの寺」 


この日は生憎の雨模様でしたが、しっとりと落ち着いて心が休まりました。
雨の日でもお遍路さんの姿は見かけます。
雨の中を一人歩いておられるお遍路さんを見かけると、無事の遍路を願い自ずから頭が下がります。
5,26本山寺 012


ゆったりと構えたこの建物は、国宝の本堂です。
この寺も他の寺同様に長宗我部氏の兵火に遭いましたが、阿弥陀如来の霊力によって本堂は延焼を免れたと言われています。
5,26本山寺 013


お遍路さんが使われた菅笠が本堂に掛けられていました。菅笠には、
 迷故三界城 悟故十方空 (迷う故に三界の城 悟る故に十方空)
 何処有南北 本来無東西 (何処に南北ありや 本来東西も無し)
と記されています。よく見ると「同行二人」の文字も見えます。「お大師さんといつも一緒に歩いています」という意味で、手に持つ金剛杖は弘法大師の身代わりの意味があり皆大事に扱います。
「一笠一杖(いちりゅういちじょう)に身を託しての巡礼」友はこの夏から四国遍路を始めました。
懺悔する事も多いと思うので二回ぐらいは回らないと・・・バシッ!!それはお前だ!
5,26本山寺 018


本堂の前では、蛙が顔を真っ赤にして雨桶を支えていました。頑張れ!蛙君。
僕はもう帰るよ(バシッ!)と挨拶して本堂を後にしました。
5,26本山寺 020


本堂の横には形の良い五重塔がどっしりと建っています。なかなかの風格です。
高さは38mほどあるそうです。因みに一番高いのは京都の東寺の五重塔54,8mです。皆さんご存知の薬師寺東塔は34,1m、法隆寺は31,5mです。
この塔に限らず、僕は「塔」を眺めると心がスーッと落ち着いてくるので大好きです。
5,26本山寺 014


資料では、「古塔が明治43年(1910年)まで存在していたが取り壊され、大正2年(1913年)に現在の位置に再建された」とあります。
5,26本山寺 015


「大師堂」では、どこかのお寺の住職さんが檀家(信者)の方たちを連れてお参りしていました。
僕も、心の中で一緒に「般若心経」を唱えました。
5,26本山寺 017


こちらは仁王門(重要文化財)、室町時代中期の建立だそうです。
5,26本山寺 021


仁王門の左右に安置されている「仁王像」です。四国で 最も古いといわれており運慶作と伝えられています。
仁王像


青梅も大分大きくなってきています。
5,26本山寺 024


この本山寺に来るのは今年はこれが最後になるかも知れないなと思いながら振り返りました。
雨に濡れた瓦は美しい。「本山寺」を出る頃は雨も上がっていました。
5,26本山寺 028


寺の裏に広がる田は、もう田植えも済んでいました。七宝山のある連山はまだ雲が低く立ち込めていました。
「本山寺」の山号【七宝山(しっぽうざん)持宝院本山寺】は、この山の名から付けられたのだと思います。
5,26本山寺 032
それでは、また。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/04(日) 00:00:57|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ぶらりと奈良 1東大寺~① | ホーム | 夏の終わり>>

コメント

こんにちは

5月の終わりの 四国巡りでしたか
雨の中の撮影は 大変だったことでしょうね
こうして振り返ってみても
想い出のひとコマとして また楽しかった記憶がよみがえってくることでしょう

私は 四国には 一度も行ったことがないので
以前の記事と共に ここで楽しませていただいています
北さんの記事のうまさで 十分味わえましたよ^^
  1. 2011/09/04(日) 14:09:45 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

 前回の写真ではあまり気にならなかったのかもしれませんが、今回の写真では、五重塔が、やけにひょろっと背高のっぽのように感じました。屋根の張り出しが短いのか、屋根と屋根の間が高いのか、どちらかのようですが、高さはかなりあるのでしょうか。
 仁王像は、運慶作と伝わっているそうですが、たしかにりっぱです。朱色がずいぶんきれいに残っていますが、これは後世の補修でしょうね。
  1. 2011/09/04(日) 21:53:14 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。
雨の日に船に乗り換え島を出るのはおっくうです。
この日は降ったり止んだりでしたから雨の止んだ時に撮りました。
あちこち境内を歩けば良いアングルが見つかるだろうと思いながら、まるで定点撮影みたいな・・・笑・
相変わらず努力と工夫が足りません。・汗・・

四国は良い所ですよ。ご家族でぜひいらしてください。愛媛、徳島、高知も見所が一杯あります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
ありがとうございます。
五重塔は高さが38メートルほどあるそうです。
↓こちらの資料が塔について詳しく説明されていますから参照下さい。
http://www.geocities.jp/kawai5510/kagawa-motoyamaji.htm
言われて見れば、高さは気になりますよねえ。後で追記しておきます。ありがとうございました。
この38mの高さは同じ弘法大師ゆかりの真言宗醍醐寺の塔38,2mとほぼ同じ高さです。
因みに日本一は京都の東寺の54.8m、有名な薬師寺東塔が34,1m、法隆寺は31,5mです。
仁王像ですが、運慶作だそうで県指定有形文化財になっています。
  1. 2011/09/04(日) 23:44:22 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

雨の本山寺。
四国ならではの風景がいいですね!
最後の一枚ですごく癒されます。
  1. 2011/09/05(月) 00:00:00 |
  2. URL |
  3. kiku #-
  4. [ 編集 ]

kikuさん
ありがとうございます。
本山寺は好きで買い物等で本土に渡った際、
時間があれば立ち寄ります。
僕自身、田んぼの風景は心が癒され、車を止めて暫く眺める時があります。
この時も、ア~綺麗だな~って眺めていました。
  1. 2011/09/05(月) 01:10:39 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さんは懺悔することも多いんでしょうか???
それよりも高い山へ登って六根清浄が良いかも・・・???
ついでにカメラを持ち上げて雲上の別天地の写真でも・・・
如何???
  1. 2011/09/05(月) 13:22:49 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

二人同行

北さん、こんばんは^^

空海が生きた時代も、政変あり異常気象ありで
大変だったようですが、山に分け入り、川を渡り
森の中や橋の下に宿を取ることもあったのでしょう
から、自然を愛する歌を詠まれたのでしょうね。

二人同行・・・・お遍路さんの心はどこまで深く。

いつもながら素敵な写真にしっとりいたします^^
  1. 2011/09/05(月) 22:12:35 |
  2. URL |
  3. はなさかすーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

我楽多 さん
ありがとうございます。
懺悔する事も多い?
小さい頃からずっとです。もう救われませんネエ。
今度、島に戻ったら、石鎚山に登ってみも心も引き締めなくちゃあって思っていますが、
いためた膝が治らず、残念ながら当面登山は無理ですね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はなさかすーさん さん
ありがとうございます。
空海のすさまじい修行・・・とてもそんな熱意を持って生きることはできません。

ここ本山寺に限らずお寺に座っていると、背後に何か感じる時があります。
そんな時僕は勝手に「あ~、お大師さんが見ておられる。」と思います。そう考えると、「お前の考えている通りに進みなさい」って言われているようで勇気が湧いてきます。
  1. 2011/09/06(火) 11:43:19 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/619-bba141dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示