まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ぶらりと奈良 Ⅱ-5 【佐保川堤の桜  ②】

今では市民の憩いの場となっている佐保川。
佐保川の桜12

 ♪「水の影」♪  松任谷由美


この佐保川は、春日山から都の北を通り、東大寺の西で吉城川(よしきがわ)と合流して平城京を緩やかに南に流れています。 古人(いにしえびと)も、この佐保の流れの辺(ほとり)に立って様々な思いを歌に託してきました。
僕がこの佐保川の名を初めて知ったのは『万葉集』でした。
遙かな大和


 原文: 打上 佐保能河原之 青柳者 今者春部登 成尓鶏類鴨  『万葉集』
 読み: うち上る、佐保の川原の、青柳は、今は春べとなりにけるかも
 私訳: 遥か遠く見渡すと佐保の川原の青柳が萌え出している。すっかり春の風情になったなあ。
 作者:大伴坂上女郎(おおとものさかのうえのいらつめ)
万葉集はご存知のように奈良時代後半~平安初期に編集された日本最古の和歌集です。
当時は、未だひらがなが出来ていない時代でしたから全て漢字を当てて記していました。
これを「万葉仮名」といいます。因みにひらがなは漢字の草書体から、カタカナは漢字を省略した一部分から平安時代につくられました。これら日本で作られた新しい文字を「仮名文字」と言います。
佐保川の桜6


佐保川堤には(僕が歩いた佐保小学校付近)いくつもの歌碑が建っていました。
≪佐保川の 清き河原に 鳴く千鳥 かはづと二つ 忘れかねつも≫ 作者未詳 『万葉集』
≪見渡せば佐保の河原にくりかけて 風によらるゝ青柳の糸≫  西行法師『山家集』
当時は千鳥やカジカが沢山いる清い流れだったのでしょう。その堤には柳も沢山植わってたに違いありません。その柳に代わって桜の並木が植えられたのは、前回説明した通り江戸時代でした。
僕が見た柳の木はこの1本だけでした。昨日の写真の中にあるのも同じ柳の木です。
佐保川の堤2


小賢しい受け売りの講釈を長々としてしまいました。
今迄の事は爺さんの場外れの備忘録。空言と思ってこの佐保の流れに捨ててください。
佐保川の桜9


後は桜咲く佐保川の堤を歌でも歌いながら歩いて行きましょう。
♪時の流れに身を任せ♪♪ああ 川の流れのように ゆるやかに いくつも 時代は過ぎて ♪
テレサ・テン、ひばりの歌も良いけれど、この光景にはやはり『方丈記』 鴨長明 でしょうか。
「 行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶ うたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまりたるためしなし。・・」
佐保川の流れ


この鳥は、ひばりでもなく、万葉集に多く歌われた千鳥でもありません。
佐保川の鷺1


騙したつもりはありません。それじゃあ、白を切った詐欺ですからねえ。 バシッ!
佐保川の鷺2


面目もない。右上にうずくまっているのは、鴨かもね。(バシッ!)  呼んでみましょうか?
佐保川の鷺と鴨


「お~い、鴨。カモーン。」 「今、誰か私を呼んだ?」・・・ねっ、やっぱり鴨だったでしょ。 
バシッ!うるさい!すこし真面目にやりなさい。  
佐保川の鷺と鴨1


はい。それでは本来の真面目な僕に戻って・・・笑・
少し上流に歩いていくと今度は電車がやって来ました。≪撮り鳥≫から≪撮り鉄≫へ?バシッ!
大和路線4


JR西日本の「大和路線」です。京都府木津川市の加茂駅~JR難波駅間を走っています。
大和路線3


今度は白い車輌が・・・。快速電車らしいです。
大和路線1


ユウスケさんを真似て撮り鉄になった感じです。でも、煙吐いてないし迫力ないな~。
大和路線2


電車を撮って再び最初の場所に戻って来たら、こんな素敵な光景に出会いました。
父が子に写真の撮り方を教えている様子です。「いいか、こうやって撮るんだよ。」
佐保川の桜10


「父さん、こんな感じでいいの?」 「そうそう、その感じだよ。う~ん、上手だね~。」 
って、話してたかどうかは分かりませんが、ほのぼのする光景でした。
佐保川の堤1


ほっと(pho・to)な気分 になったところで、本日、ここまで。
爺さんの爆走はまだまだ続きます。宿に戻って休まず車に飛び乗り、今度は【西の京】へ。
その時の様子は又、次回にね。それでは、また。

急に冷え込んできました。風邪に気をつけてください。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/04(火) 00:00:15|
  2. 奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<ぶらりと奈良 Ⅱ-6 【薬師寺①】 | ホーム | ぶらりと奈良 Ⅱ-4 【佐保川堤の桜】>>

コメント

 桜がとてもきれいですね。ただ、お天気はあいにくだったようですね。
 以前、わたしも奈良に行ったことがあると書きましたが、一般的なところにしか行っていないので、写真を見せていただいて、わたしが知らないいいところがたくさんあるのだと気づきました。とくに、志賀直哉の旧邸は、次回奈良に行くことがあったら、ぜひ訪ねてみたいと思いました。
  1. 2011/10/02(日) 17:35:16 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

ラムダさん
お早うございます・・・???・笑・
ラムダさん、失礼しました。僕の手違いで、編集途中に記事をUPしてしまい、
その時タイミング悪く(良く?)訪問して下さったようですね。e-351
志賀直哉旧邸、是非訪ねてみて下さい。東大寺から歩いて新薬師寺へ行く途中にあります。

志賀直哉 『奈良』より
とにかく、奈良は美しい所だ。自然が美しく、残っている建築も美しい。
そして二つが互いに溶け合っている点は他に比を見ないと言って差し支えない。
今の奈良は昔の都の一部に過ぎないが、名画の残欠が美しいように美しい。
 ■↑入館券に刷られていました。

  1. 2011/10/04(火) 10:12:00 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

うぉ~う!!!
奈良に行ったかと思えば今度は西京ですかぁ~!!!
ん~結構暴走爺さんですねぇ~!!!
パラリラパラリラ・・・
  1. 2011/10/04(火) 13:36:05 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

新しい 発見?

こんばんは
桜と言ったら ユウスケGは城がいいと決め付けているようです 確かに一本桜は関係なしに 写していますから
来年は 北さんのこの写真を参考に 撮ってみたいものです こんなに上手く撮れるか分かりませんがww
  1. 2011/10/04(火) 18:15:49 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

いい所ですね

はじめまして 何時も拝見させて頂いております
桜と奈良いいな 花いかだもいいです
一番最後の写真が私はすきですよ
  1. 2011/10/04(火) 18:25:30 |
  2. URL |
  3. yoreyoreman #-
  4. [ 編集 ]

今日もためになる講義を聴かせてもらいましてありがとうございます。
その佐保川の流れを見ていると鴨長明の「川の流は・・・・
とどまりたる ためしなし」とありますが「諸行無情」を感じます。
奈良の古人は森羅万象が生々流転して留ることがない世を
佐保の流れの上に、どんな思いで眺めていたのでしょうか。
ところでここY市にも佐保川にとても似ている川があります。
「引地川千本桜」といいます。 




  1. 2011/10/04(火) 18:45:57 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうございます。
一人旅は、誰と相談するわけでもないので足の向くまま気の向くまま、行きたい放題です。
その上、好きな時に好きな物を食べ、飲み、横道それたり道草したり・・・。
我侭な僕には最高です。
さてさて、次はどこに現れるやら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケさん
ありがとうございます。
電車撮ってる時はユウスケさんならどう桜を入れて切り取るかなって思いがよぎりました。
考えているとゴーって電車の音がして、慌てカメラを構え・・・の繰り返しでした。
腰をすえて撮らなければ、やっぱり駄目ですね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
yoreyoremanさん

ありがとうございます。こちらこそ拝見させていただいていました。
広島の竹原には学生時代からの親友がいて、
良く知る子どもが東広島の方に転居したこともあり、
広島の写真等嬉しく拝見していました。勿論我が讃岐の写真も・・・です。

川面に渦巻く≪花いかだ≫きれいだな~って撮りました。
本当は、渦を巻く様をとりたかったのですがどう撮っていいかわからず、
1,2,3秒と試してみましたが、白飛びになって結局「自分には無理!」と諦めてしまいました。e-445
じっくり構え、色々設定を変え失敗の中から覚えていくしかないなと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふちゃん
ありがとうございます。
サックス、心行くまでスイングできましたか。
ふうちゃんの思いが被災者の心にきっと届いたと思います。

引地川の千本桜、特にH君の住む桜ヶ丘~高座渋谷にかけては見事な桜並木がありますね。
来春、お母さん誘って出かけて見て下さい。勿論Tさんがカメラマンですよ。・笑・
引地川も相模の台地から見え張って、江ノ島目指して流れてますから・・・
カメラ持って追っかけても面白いかもしれませんよ。
  1. 2011/10/04(火) 22:05:50 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

大和西大寺、尼辻、西ノ京、九条、郡山、筒井、平端と電車で揺られて
私が勤めてたのが平端駅から徒歩で約10分です。
田舎でしたから、西ノ京の名を聞いて、昔を思い出しながら。。。。
思いに浸ってます。一杯が美味いですよ。次回は??斑鳩の里??
  1. 2011/10/04(火) 22:10:21 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。
あ~、まさにこれからUPするあのお寺の裏を通って・・・通勤されていたのですね。
「西の京駅」など、今回だけでも前を4回も通りました。WW
写真撮りたい駅でしたが車止められないですからね~。諦めました。

すぐそばの寺、ライトアップされて綺麗でしたよ~。撮影には失敗しましたけど。e-445
  1. 2011/10/04(火) 23:28:46 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
はじめまして!
奈良には一度しか行ったことがない、この川の
沿いの桜の木々を見ていると私の方にある五条川
でも、行きたい所の一つです。
リンクをさせていただけますか?
  1. 2011/10/05(水) 11:24:07 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

Kenさん
最近急速に忘れっぽくなって・・・すいません。
又しても名前を入れずに送信しちゃいました。
尾張小牧さんの上の返信がKenさんへの返信です。
ア~早くボケ老人から変身したい! バシッ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾張小牧さん
はじめまして。訪問頂きありがとうございます。
リンクの件ご遠慮なくどうぞ。ありがとうございます。僕の方もリンクさせて下さい。
おしゃべりで誤魔化している素人写真のブログですが、お時間がありましたら覗いてやってください。
  1. 2011/10/05(水) 21:03:16 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/636-a89efbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (160)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (23)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (26)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示