まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ぶらりと奈良 Ⅱ-6 【薬師寺①】

佐保川の桜堤を後にした僕は、宿に戻りすぐに【西ノ京】に車を走らせました。
4,9奈良S 170




向かったのは、ここ【西の京】薬師寺が遠望できる大池です。
【西の京】って?「あ~、西京極ね、京都でしょ。」と思われる方もこの写真を見たら、
「な~んだ、奈良ジャン」って言われると思います。そうです。ここは奈良の「薬師寺」です。
薬師寺の伽藍全体が見え、遠くに若草山が見える誰もが知る人気の撮影ポイントです。
薬師寺1


この大池は薬師寺の西側にあり、昔は≪勝間田池≫と言われ、奈良時代の頃からきれいな≪蓮≫が沢山咲いていました。ところが、今は1本の≪蓮≫もありません。
えっ?そんな≪蓮(はず)≫がないって? バシッ!本当にないのです。
薬師寺夕景1


あるじゃん!すいません。↓これは私の田舎の粟島に咲く≪大池の蓮≫です。 バシッ!
大池の蓮1


それでは、奈良時代からこの大池に≪蓮≫があった話を一つ。
万葉集(巻16-3835=作者不詳婦人)にその≪蓮≫の花に因んだこんな面白い?歌があります。
≪勝間田の 池はわれ知る蓮(はちす)なし 然(しか)言う君が 鬚(ひげ)なきごとし≫ 
何故この歌が面白いかって? ちょっと長くなりますから、このベンチにでも座って、
大池から見る薬師寺の景色など眺めながら古人になったつもりで聞いてください。
医療センターより


天武天皇の第七皇子である新田部皇子が、この勝間田の池へ≪蓮見≫に来ての帰り道、
ちょいと知り合いの美人の婦人と出会った。そうしたら皇子がね、
≪今、上の池に行ってきたら、何ともきれいな蓮の花が咲いていたよ。ア~可愛かった。≫
と言葉を掛けた。勿論、蓮の花というのは美しい女性の事で、≪貴女よりずっと可愛かった≫と言うのです。そうしたら、そのご婦人、(第七皇子にちょっと気があったんだろうね)何と言い返したと思いますか。
薬師寺3


≪あらそうですか。勝間田の池に貴方が言うほど綺麗な蓮などないことぐらい私は知っていますよ。そうおっしゃるあなたに立派な髭が生えていないようにね。≫
その時、新田部皇子に返した言葉がこの万葉集に出ている歌なんだ。勿論、ご婦人は蓮の花が沢山咲いているのは知っている。「お前さんよりずっとベッピンさんが沢山いたよ」と言われて、かっとなったか、嫉妬をしたか知らないが「言ったわね~!」ってわけです。
今風に言うと「よくもまあぬけぬけと・・、貴方だけには言われたくな~い!」って所です。
実はこの新田部皇子、大層立派な鬚(ひげ)を生やしていて自慢だったらしい。それを皮肉って言い返したんだろうねえ。
こういう、互いが信頼しあった上でのウイットに富んだ会話、好きだな~。
薬師寺4


遅くなってしまったが、あれに見える薬師寺はこの新田部皇子のお父さんが建てたんだよ。
え~、大工さんだったの? バシッ! 天武天皇の事なの。奥さんである皇后(後
の持統天皇) が病気になり、その完治を願って建てさせた寺なの。
学校で習わなかった?・・・う~ん、寝てたか、忘れたかしたんだね。僕と一緒だ。 バシッ。  
その天武天皇、若い頃は名を大海人皇子(おおあまのみこ)といい、兄が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ=後の天智天皇)で「大化改新」で知られるあの人だったんだね~。
こんな事を調べていくと、歴史もおもしろいね~。私はからっきし駄目だったけれど・・・。
・あっ、ごめんごめん、こんな話、忙しい人に迷惑だったですね。すいません。

あれ~、ちょっと長話をしていたら段々薄暗くなってきちゃいました。
薬師寺がライトアップ始めたようですね。近くへ行って見ますか?
薬師寺夕景6


僕は何を焦ったのか、考えもなしに再び車に乗って薬師寺の近くに行きました。
なるほど、ライトアップされています。が、待てよ、何も間近で見上げるよりも・・・。
薬師寺ライトアップ1


先程の所で眺めた方が、後ろに見える街灯りも見えて良かったかも知れません。
4,9奈良S 194


それに、三脚無しだからこんなに大きくボケることもなかったはず・・・。
かといって、先程の場所に戻る元気もなく、お腹もかなり空いてきました。
考えてみれば、朝、大仏殿の駐車場の車内で朝食を摂ったきり昼食も抜きで走り回っていました。
今夜の宿には、どうせあちこち走り回り、夕食の時間までには帰ってこないだろうと夕食を頼んでいませんでした。帰り道にあったファミリーレストランでコーヒーお代わりしながらお腹一杯食べました。
4,9奈良S 196
横須賀から徹夜走行で奈良へ。そのまま大仏殿、二、三月堂、志賀直哉旧邸、新薬師寺、佐保川の桜堤そしてここ西の京へ・・・。かなりのハードスケジュールでした。これも一人だったからできた事でしょうかねえ。
嫁さんと一緒だったら、やれお昼だの、ここのお店の○○が有名だから頂きましょうかとか、そろそろおやつタイムですよとか、トイレは大丈夫ですかとか・・・あれこれうるさいですからね~。
当然、その夜は缶ビール1本で爆睡です。明日もある 古都 事ですしね。バシッ!
それでは、また。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/06(木) 00:00:45|
  2. 奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ぶらりと奈良 Ⅱ7 【平城宮跡 ・興福院~大極殿】 | ホーム | ぶらりと奈良 Ⅱ-5 【佐保川堤の桜  ②】>>

コメント

昼飯抜きでの暴走お疲れ様!!!
北さんならこんなの朝飯前かと思いましたが、昼飯抜きとは・・・
私なら車に積んであるカップラーメンでも食べて繋いでおきますが・・・
撮影旅行のお供はカップラーメンとおにぎり&缶詰orコンビニ弁当で決まりです!!!
  1. 2011/10/06(木) 12:46:29 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

セピア色のその一枚目の写真すきですね~~。
写真の技もいろんな方面からせめてきますね~~。
親爺ギャグ、だじゃれにも一段と磨きがかかってきましたし~~。
写真見てよし! 文章見てよし!
  1. 2011/10/06(木) 17:12:49 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

毎回楽しくて爆笑爆笑お涙頂戴の文章力。
それに負けない写真力と構成力!(^^)!

恐れ入りました。敵いません(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
  1. 2011/10/06(木) 21:28:54 |
  2. URL |
  3. こうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

我楽多さん
ありがとうございます。
いや~、本当に自分でも良く走り回ったと感心します。
貧乏性でケチだから、お腹も空かないように日頃から鍛えていますから・・・WWW

≫私なら車に積んであるカップラーメンでも食べて繋いでおきますが・・・

街中ですしね~。それに面倒だから・・・
作る位なら一食、二食抜きの方が楽!って思っちゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
写真は≪目くらまし作戦≫です。それに、話で粉飾しています。WWW
話の中身は、今になって宿題忘れの罰レポートを提出しているようなもんです。

≫親爺ギャグ、だじゃれにも一段と磨きがかかってきましたし~~。

私の生き方そのものが落語みたいなもんですからね・・・。
ははは、落ちてばかり・・・e-259

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうちゃん さん
ありがとうございます。

≫毎回楽しくて爆笑爆笑お涙頂戴の文章力。
それに負けない写真力と構成力!(^^)!

何かたくらんでいませんか?あ・や・し・い。
爺さんを有頂天にさせて心筋梗塞起こさせようとか・・・WWW
僕は乗りやすいたちですから、
そのたくらみ、観音寺グループ皆さんで声を大きく出して言って下さい。WWW




  1. 2011/10/06(木) 22:47:42 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~♪

こうして、北さんの奈良シリ~ズ写真を拝見
してると、奈良は良いですね~改めて、奈良を
出た事を悔やみますね。京都にも近いし。。。
誣いて言えば、蒸し暑さの夏と、底冷えの冬
この環境さえ改善されれば文句なしですね(笑)
短期間での爆走シリ~ズお疲れ様でした。
  1. 2011/10/07(金) 17:08:35 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

Kenさん
ありがとうございます。
撮影設定がいけないのか、どうも色合いが悪く、
実際の色合いと違うので皆さんには悪いな~と思いながら進めています。
実際は、もっともっと良い夕景だったのに残念です。
洗練された京都の美しさも好きですが、奈良の大らかなゆったり感は何とも心地良く好きです。

  1. 2011/10/07(金) 22:11:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/638-e9bdf9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示