まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ぶらりと奈良 Ⅱ10 【秋篠寺】 ②

ゆったりとした佇まいを見せる「国宝・秋篠寺本堂」
秋篠寺本堂3




本堂横に設けられた入り口から中に入って行くと、暗い堂内に目が慣れてくるに従い、本尊薬師如来と脇時の月光・日光菩薩、帝釈天、地蔵菩薩、不動明王、愛染明王、十二神将等々馴染みの仏像群が浮かび上がってきます。
秋篠寺本堂入り口


そんな中でいつもながら僕の心をとらえて止まないのがこの「技芸天」です。
学生の頃、初めて出会った時の衝撃・・・。一緒に奈良旅行をした友人の言葉を借りると
「いつも笑っているお前が、あんな潤んだ目で物を見る姿を見たのは初めてだった。」
それ程迄に僕の心を捉え、その場から離れさせなかった程の美しさを持った仏さんです。
■「技芸天」の頭部は奈良時代のもの。体部は鎌倉時代に修復されたもの。
伎芸天


腰を少し曲げ、もの憂げな表情の中に浮かべた微かな笑み。優しい口元からは何か声が漏れ聞こえそうに思えた。
秋篠寺白木蓮3


立ち尽くしたままその場を離れない僕に呆れ、友は本堂の外の階段に寝転んで僕を待っていてくれた程である。
本堂を出て僕が彼に語った言葉は今でも覚えている
「ごめん、ごめん。あんな美しく優しい仏さんに出会ったのは初めてだ。僕は恋したかもしれない。」
秋篠寺木蓮


そう言うと友は「お前、それは一目惚れって奴だよ。」と言って、空を見上げ大笑いしました。

■この二重屋根「束の上に斗が乗っているものを斗束といい、組物(斗栱)の間に中備えとして置かれた斗束を間斗束という」という説明がありましたが、恋した青年には何の事かさっぱり分かりませんでした。それは50年近くたった今でも同じです。
秋篠寺本堂屋根2


分かった事といえば、このお寺は奈良時代末期780年頃、光仁天皇の勅願によって建立されたという事と、平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたため「秋篠寺」と呼ばれるようになったこと。
秋篠寺本堂3


それに、平安時代末期に戦火のため伽藍の大部分を焼失し、鎌倉時代になって今の本堂がもとの講堂の跡に再興されたという事です。
秋篠寺本堂5


本堂の横には毎年6月6日だけ開扉される秘仏の大元帥明王(たいげんみょうおう)を本尊として安置している明王堂があります。木蓮の写真はこの二本(白、紫)の木です。
明王堂


その明王堂の裏手には川田順の歌碑がありました。
諸々の み仏の中の 技芸天 何のえにしぞ われを見たまふ  川田 順
川田順歌碑


新薬師寺にも似た、いかにも天平の匂いを残す緩やかな曲線を描いた甍や、静かな佇まいの本堂をいつまでも眺めていたかったけれど、まだまだ方々見て歩きたいので寺を後にする事にしました。
 ≪ あきしのの みてらをいでて かへりみる 
             いこまがたけに ひはおちんとす 
≫ 会津八一
秋篠寺本堂1


大好きな(初恋の・?笑・)「技芸天」と再会した後、再び【西の京】へ向かいました。
それでは、今日はこの辺で。また。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/13(木) 00:00:28|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ぶらりと奈良 Ⅱ 11 【唐招提寺】 ① | ホーム | ぶらりと奈良 Ⅱ9 【秋篠寺】 ①>>

コメント

今日も色々勉強させていただきました。
川田順の歌碑もあるんですね~、
あの有名な「老いらくの恋」を堂々と貫いた川田順も「伎芸天 何のえにしぞ われを見たまふ」と、
伎芸天像の前でわが身を振り返っていたのでしょうか。
北さんは伎芸天に恋したといいますが、私も伎芸天に愛着を感じました。
その豊満な胸周り、肉好きの良い肩、腹の出具合、連れあいにどこか似ている。
なれど、伎芸天よりスマートな弥勒菩薩に、ただ今、我が夫を改造中です。
  1. 2011/10/13(木) 09:56:06 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

伎芸天のお顔より手足の方が好きですねぇ~・・・
お顔は古い時代ほどふくよかですねぇ~・・・
個人的に好きなのは薬師寺の日光菩薩・月光菩薩ですねぇ~・・・
一番好きなのは中宮寺(奈良)弥勒菩薩半伽像でしょうか・・・
唐招提寺の改修をスカパーで見ましたが、堪りませんねぇ~・・・
  1. 2011/10/13(木) 12:09:57 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

秋篠寺ですかあ~!確か、奈良競輪場の近くですかね?!
私が住んでたのが、西大寺駅から、徒歩で5分だった
のですが、少し離れてますから、秋篠寺へはあまり行った
記憶が無いですね。競輪場へは、先輩に社会勉強と言われ・・(笑)
  1. 2011/10/13(木) 17:59:37 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
ありがとうございます。
秋篠寺はならに行くたびに訪れていますね。
只ひたすらに技芸天に会うため・・・殆ど病気ですかね。WW
手を伸ばせば、届きそうな距離に安置していますから危ないです。
弥勒菩薩の例もありますからね~。
Tさんが弥勒菩薩のようになっても、頬ずりして中指など折らないようにね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
皆それぞれに恋してる仏像がおありのようですね。
僕のNO1はやはりこの技芸天です。
何でも受け入れてくれそうです。
中宮寺(奈良)弥勒菩薩半伽像、広隆寺の弥勒菩薩も弥勒(魅力)ありますが、 バシッ!
気品高く整いすぎて近寄り難いです。恋心など抱いてはいけないような仏様です。WW
そこへいくと秋篠寺の技芸天は≪下町の聖母≫って感じで親しみやすいです。WWW

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ken さん
ありがとうございます。
な~に、Kenさん西大寺だったんですか。
だったらここは歩いてすぐじゃないですか。勿体無かったですね~。
競輪場のすぐ隣ですからねえ。WWW
今度西大寺へ行った時は「ジャン」の鳴る方じゃなく
「ゴ~~ン」と聞える方へ行ってみてください。WWW





  1. 2011/10/13(木) 19:56:07 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん、こんばんは^^

恋・・・・懐かしい世界になりました。

伎芸天に恋する若き北さん・・・・時を越えて
再会するなんて感慨深いですね。

まだ自然が穢されていない、清らかな川が流れる
時代でしたから、伎芸天は自然と融和しておられ
たのでしょうね。仏教が都に入り、広く優しい心に
なって、厳しい自然界と対峙したのでしょうか。
色々想像してしまいました。

こころ・・・・・^^
  1. 2011/10/13(木) 22:22:36 |
  2. URL |
  3. はなさかすーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

こんにちは

今日も楽しませていただきました^^
しかし この仏像は 北さんが一目ぼれしただけあって
素晴らしくいい表情をされていますね^^
温和な雰囲気と 優しい表情 手の動きひとつにしても優しさを感じます
北さんの思い出と共に 素晴らしいものを見せていただきました
ありがとうございます^^
  1. 2011/10/14(金) 15:06:33 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

はなさかすーさん さん
ありがとうございます。
若い頃の懐かしい思い出です。
あの頃は、将来の事などいろいろ悩んでいた時でしたからねえ。
暗いお堂の中で、「大丈夫ですよ~」って声を聞いたような・・・
それ程までに親近感を覚えた仏さんでした。
だから、僕にとっては心の仏さんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケさん
ありがとうございます。
いいお姿でしょ。曲げた腰元がエロス的だと言われる人もいますが
僕はそんなことよりこんなに親しみのある仏さんは他にいないと思っています。
微笑を浮かべている仏さんは多いのですが、みなどことなく近寄り難い。
この「技芸天」さんはどこまでも人間的で、話しかけたくなるような暖かさを感じます。
天平の頃からずとこのお顔で、幾人の人たちを救われてきたのでしょう・・・。

  1. 2011/10/14(金) 21:27:39 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/642-20eb21de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示