まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ぶらりと奈良 Ⅱ 13 【薬師寺】 ②

いよいよ「ぶらり奈良の旅」も残り僅かとなり、あと6時間を切りました。
「唐招提寺」見学の後、やって来たのは再びの・・「薬師寺」です。
薬師寺Ⅱ
※前回10月6日にUPした 【ぶらり奈良の旅Ⅱ「薬師寺①」】 です。


唐招提寺を出て真っ直ぐ南へ歩くと、程なく左に【薬師寺・「玄奘三蔵院」】が見えてきます。
いきなり「玄奘三蔵」(げんじょうさんぞう)なんて言われても、「誰?聞いた事はあるなあ」と思われるかもしれません。
あの『西遊記』孫悟空等が御伴する「三蔵法師」と言えば、「な~んだ、その人かい。それを早う言ってくれにゃ。・・で、その人って、ほんまにいたの?」となりそうな方です。・笑・

平山郁夫の玄奘三蔵求法の旅をたどる「大唐西域壁画展」も特別開催されていましたが、見学するには時間が足りず、すぐに薬師寺に向かいました。
玄奘三蔵院
■「え~、ほんまに三蔵法師っておったんか」という懐疑心の強い方は→ こちら 


今回ここに来た理由は、どうしても、もう一度ゆっくり見ておきたいものがあったからです。
それは、もう二度と見ることが出来ないもの・・・。そうです、≪薬師寺東塔≫です。
薬師寺Ⅱ5


「薬師寺東塔」は薬師寺で唯一、奈良時代の建造物として残る三重の塔です。
その昔のままの姿が見られるのは僕にとってはこれが最後のチャンスです。
薬師寺Ⅱ4


誰もが知っているこの「東塔」は、言わば「薬師寺」のシンボルです。
六重の塔に見えますが、各層に「裳階」(もこし)と呼ばれる装飾屋根がついている三重塔で、
アーネスト・フェノロサがこの調和のとれた優雅さから「凍れる音楽」と称したことでも知られています。
薬師寺東塔


天平時代に建てられた東塔は、内部の傷みも進み、7月からは約110年ぶりに大修理=解体修理が始まります。
4,10,11,奈良~粟島N 179


その為6月25日には  「薬師寺東塔大修理着工法要」  が営まれ、
歌舞伎俳優の市川団十郎の舞が奉納されたニュースもありました。
4,10,11,奈良~粟島S 037


解体修理の間、東塔は巨大な覆い屋(建屋)で覆われ、平成30年度までは見られなくなります。
天平の姿のままゆっくり見ることが出来本当に良かったと思います。
薬師寺東塔1


青い空に向かって伸びるこの34mもある大塔を見上げているうちに、
≪あの歌≫がどこからか聞えて来たようで、僕も一緒に口ずさみました。
まほろばの都に聳え立つこの塔を、大らかにそして高々と歌い上げたのは佐々木信綱でした。
薬師寺Ⅱ3


「ゆく秋の やまとの国の 薬師寺の 塔の上なる ひとひらの雲」
教科書にもあるこの歌は、子規の句≪柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺≫同様良く知られています。
信綱歌碑


何と心地の良いリズムだろう。青空に凛と建つ塔を見上げながら何度も声に出して詠み返しました。
三十一文字(みそひともじ)の中に6つも使われている「の」の文字が、この転がるようなリズム感を醸し出しています。
東塔が「凍れる旋律」ならこの歌は「転がる旋律」でしょうか。 バシッ!
皆さんも歌を歌うように声を出し、朗々と読みあげて下さい。
ねっ、今はやりの≪ラップ≫より余程心地良いリズム感が湧き上がって来るでしょ。バシッ!比較すな
それに、それに・・ほら、いつの間にか塔の上には一片(ひとひら)の雲が・・・。ありゃ?何か怪しい・・・
薬師寺Ⅱ歌


こちらは、(↑同様に・笑・) 昭和の大改修となった金堂と西塔です。
薬師寺Ⅱ2


薬師寺金堂と西塔の改修事業を成し遂げたのは、この寺を最もポピュラーにした第124代管主 「高田好胤」(たかだこういん) 法相宗(ほっそうしゅう)管長でした。
薬師寺西塔


張りのある声でユーモアたっぷりに(修学旅行生たちに)話をされる姿は(TV等)今でも思い出されます。
あの爽やかな笑顔と明快な話し振りは「好胤」というお名前通り好印象でした。バシッ!
いわゆる≪花のある人≫でした。
薬師寺西塔2


その高田好胤管長が中心となって写経勧進等による白鳳伽藍復興事業が進められ、昭和51年(1976)に金堂が、その5年後の昭和56年(1981)には西塔が再建されたのです。
薬師寺西塔1


西塔は享禄元年(1528)に戦災で焼失しましたが、伝統様式・技法を以って再建されました。姿形は東塔と同じですが多少違ったところもあります。例えば、東塔は裳階部分や1階の壁が白壁ですが、西塔は同じ箇所が連子窓(れんじまど)になっています。東塔も元々は連子窓でしたが傷みも酷く何度かの修復の際、白壁にしたそうです。
又、主たる素材(木)の収縮を計算して西塔の方を多少高く建てています。両塔の高さが一緒になるのはおよそ五百年後だそうです。本当かどうかその頃又確かめに来なくては、ね。バシッ!
両塔比較


今回は、その高田好胤前管長に代わり、同じような軽妙な語り口で話す現管長さん?の東塔再建の説明を聞き、薬師寺を後にしました。
薬師寺Ⅱ6


良かったのはここまで、
この後思わぬアクシデントに見舞われてしまいました。
薬師寺を出て、唐招提寺の駐車場に戻ろうと秋篠川の堤を歩いている時にトラブルは起こりました。
遠くになった薬師寺両塔の写真を撮ろうとシャッターを押しても動きません。
知らないうちに、ムービーボタンを押していたのです。SONYα55はファインダーを覗いてカメラを構えるとちょうど右手親指がムービーボタンの所にきます。それで知らず知らずのうちに動画を撮ってしまうのです。今迄何度も同じ失敗を繰り返しましたが又してもやってしまいました。
しかも一番肝心な時に・・・。バッテリー残量を見たらあと僅かです。
これから向かう【斑鳩の里】は、今回の奈良の旅で僕が一番楽しみにしていた所です。
何という失敗。バッテリースペアは持っていません。
途方に暮れながら歩いていると、ふと微かな望みを思いつきました。
我ながら良くぞ思いついたその妙案とは・・。
それは次回にね。 バシッ!またその手法(て)かい。
それでは、また。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/18(火) 00:00:32|
  2. 奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ぶらりと奈良 Ⅱ 14 【法起寺】 | ホーム | ぶらりと奈良 Ⅱ 12 【唐招提寺】  ②>>

コメント

奈良の講義有難うございます。
奈良は20歳ごろ毎週通いましたが歴史も知らず
ただのんびり一日を過ごすだけでした
カメラを始め花に風景に感動する四季に感謝する
自分が居る事にきずかせてくれました
自分で訪れるのも良いし写真仲間のカットを見ながら旅をするのも又良いもんです(^o^)丿
  1. 2011/10/18(火) 09:54:00 |
  2. URL |
  3. wako #-
  4. [ 編集 ]

高田好胤の薬師寺での辻説法、一度聞いてみたかった。
CDや本ではなく、生きてる高田好胤さんのね。
北さんのブログは写真を見て、きれ~~い!だけじゃなく、毎日すご~~く勉強になります。
好胤さんが 遊於芸(げいにあそぶ)と言っていますが、人生は良い趣味を持ち教養を豊かにすることが大事ですね。その点、北さんは残りの人生を写真、ブログの中で皆に「辻説法」し、人として生きる務めをはたしている。
りっぱですね(ヨイショ、ヨイショ)
薬師寺、知らないこといっぱい知ることができました。
  1. 2011/10/18(火) 12:43:23 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

薬師寺も薬師如来、左脇侍に日光菩薩、右脇侍に月光菩薩を配して奈良時代の作品のなかでも最高傑作の1つとして有名ですねぇ~・・・

しかしまさかデジ一でムービーが撮れるとは・・・
私には必要ない機能に感じますが・・・
どうなんでしょ????
  1. 2011/10/18(火) 12:44:41 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

WAKOさん
「ちょうさまつり」ご苦労様でした。
連日のオフ会で疲れもピークに達している中、
下手な講義に居眠りもせずお聞き頂き、ありがとうございました。
資料写真等、見えにくいようでしたら、メガネを買い替えてご覧下さい。・笑・

私もカメラを教えていただき、楽しい余生を送らせていただいています。
その分、仏像彫刻の方はすっかり手抜きをしています。
刀も島に置きっ放しになっています。
多分、腕も刀も錆付いて、もう再起不能でしょうかねえ。e-445
でも写真でうんと楽しい思いをさせて頂いていますので悔いはありません。

僕も皆さんの写真を見せて頂きながら楽しい擬似旅行を楽しんでいます。
500年後、観音寺グループの皆さん達とカメラぶら下げて
「薬師寺」の両塔の高さを確かめに行きましょう。WWW
  1. 2011/10/18(火) 13:07:50 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

車での移動だったのでAC-DCを買った。もしくは
家電店に行ったか、食事の時間に充電して貰った。

このどっちかでしょう(^o^)丿バシッ!!
  1. 2011/10/18(火) 13:15:11 |
  2. URL |
  3. こうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
ありがとうございます。
知らない者ほど自分の無知を隠そうとよく喋るものです。e-351
昔は仕事(遊び)で忙しかったから、今になって勉強させられているところです。
これで閻魔大王も見逃してくれるのではないかと・・・甘~い考えでいます。
レポート提出期限が迫った学生の気持ちが今になってよ~く分かります。・笑・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
≫薬師寺も薬師如来、左脇侍に日光菩薩、右脇侍に月光菩薩を配して
奈良時代の作品のなかでも最高傑作の1つとして有名ですねぇ~・・・

はい。有難く、すぐお傍の椅子に座って管長さん?のお話を伺っていました。
目は薬師三尊の方へ行っていましたが・・・。・笑・

≫しかしまさかデジ一でムービーが撮れるとは・・ 私には必要ない機能に感じますが・・・

今年の1月に「初心者の方にはこれが使いやすいですよ~」って薦められ、衝動買いしたもんでねえ。
最初から付いていた機能だからしょうがないじゃん」って、開き直ってもねえ。
今のところ、僕にとっては≪百害あって一利なし≫の迷惑千万の機能です。WWW
第一、ムービー撮っても、どうやって再生するかも分からない。e-260

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうちゃん さん
ありがとうございます。
流石、時勢の流れを的確に把握される洞察力はすごい!
僕はあの時、自分のひらめきにすっかり酔いしれて「もしかすると僕は天才ではないか」
・・・と思った程です。
正解は確かにこの中に入っていますね~。もしかしてこうちゃんさんも天才かも・・・。

天才同士、500年後は観音寺G皆で楽しく奈良に行きましょう。
その時は又、ベンツお願いしますね。WWW
  1. 2011/10/18(火) 17:18:48 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

薬師寺は 素晴らしい所ですね
独特の空気も この建物と桜も
ずっと見ていたくなるような素敵な写真ですね

バッテリー残量が少なくなってしまった?!
北さんの妙案 ぜひお聞かせください
参考にさせていただきたいと思います^^
  1. 2011/10/18(火) 22:45:17 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。今、ユウスケさんお所へお邪魔していまして、
「あの、鮭のぶら下がった光景、撮って見たいな~」
と思いながら帰って来たところです。WWWW

奈良はまさに≪まほろばの都≫すばらしい都です。
実は、僕のブログ名の≪まほろば≫はこの大和の大らかさ素晴らしさ、
いにしえの理想の地・・・そんなことを意識してつけたブログ名なのです。

僕の閃いた妙案ですか・・・
すいません。木曜日まで待ってください。m(。。)m
決して、もったいぶる様な鼓tpでない事pだけは確かです。 ・笑・
  1. 2011/10/19(水) 00:06:19 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mahorobanoshimauta.blog10.fc2.com/tb.php/645-7db23b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (97)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示