まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

「ぶらり鎌倉」 4 建長寺②

今日は前回に引き続き【建長寺】②です。
法堂(はっとう)内部 天井には創建750年を記念して故・小泉淳作筆の「雲龍図」が描かれています。
※ 周囲の霧は加工です
コピー ~ 建長寺法堂 雲龍図3


「建長寺法堂 雲龍図(五爪の龍)」の説明書
2011,12,15鎌倉s 078
■資料【建長寺】  巨福山建長興国禅寺は、鎌倉五山第一位の臨済宗・建長寺派の大本山。
北条時頼が、建長五年(1253)に宗から来日していた高僧・蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺。
創建当時の伽藍配置は,総門、三門、仏殿、法堂などの主な7つの建物が中軸上に並ぶ中国の禅宗様式の伽藍配置になっており49の塔頭(小寺院)を有する大陸的な荘厳なものでした。その後,14,15世紀に起こった数度の火災で,その多くが焼失してしまったが江戸時代に入り、高名な沢庵和尚の進言で再建された。




法堂内部中央には千手観音坐像が安置されています。
法堂は禅宗以外の寺院の講堂に相当する建物です。文化11年(1814年)再建された関東最大の法堂です。
建長寺法堂


千手観音坐像の前には釈迦苦行像が安置されています。
※天井部「雲龍図」に描かれた龍の爪が五本である事も確認してみて下さい。
建長寺法堂 雲龍図5


釈迦苦行像は、お釈迦さんが極限の苦行、禁欲(断食)等の荒行をされていた時の姿です。
窪んだ目、痩せ落ちた頬と身体、凹んだ腹、伸びた鬚からもその苦行の凄さが伝わって来ます。
パキスタン北西部ガンダーラの 「ラフォール中央博物館」に安置されている像を模して制作され、
2005年、愛知万博に陳列された後、建長寺に寄贈されたそうです。
パキスタン政府から公式承認され、唯一国外に持ち出しが許可されたものだそうです。
建長寺法堂 釈迦苦行像2


法堂を後に方丈へ進むと、煌びやかな門が見えてきました。
前に並んでいるのは睡蓮鉢です。睡蓮や蓮の花が咲き揃う時期に訪ねてみたい気もします。
建長寺方丈1


昨年の5月、新に修復された「建長寺唐門」です。(国の重要文化財)
建長寺唐門1


この方丈入り口の唐門は、仏殿と同じく東京芝の徳川秀忠夫人崇源院霊屋から移築したものです。
関東大震災以来の大修理が昨年5月に終了し、当時の姿が再現されました。
建長寺唐門3


徳川秀忠夫人崇源院・・・そうです。NHK大河ドラマ『姫たちの戦国』の主人公 “お江” です。
建長寺唐門4


方丈の裏手は夢窓疎石の作といわれる庭園があり、その裏山の中腹には建長寺の鎮守である「半蔵坊」があります。塔頭の横を通るハイキングコースの中程にあるので歩こうかと思いましたが、
その日の夕刻からは仲間との 会もあるので体力温存のため?自重しました。
2011,12,15鎌倉s 096


法堂の横には赤い花が咲いていました。♪ 赤く咲いても冬の花 咲いて寂しい 山茶花の宿 ♪
そうだ!今夜マイクを向けられたらこの歌を歌おう!と会のカラオケ曲をそう決めました。バシッ!
2011,12,15鎌倉s 098
僕は根が真面目ですから、(バシッ!)建長寺総門を出ても、♪ 曇りガラスを手で拭いて あなた明日が見えますか~♪と、周囲に聞えないよう鼻歌で練習しながら北鎌倉駅に向かいました。
明日の事など見えないけれど、今の事なら良く見える。拭いたメガネの向こうに見えたのは・・。
白いうなじの人ではないが(バシッ!)確かに見覚えのある後姿。早足で近づいて行くと、な、何と、・・
あ~、残念!この後続けると又長くなるので、今日はここまでです。
(何て事よ。又しても姑息な手を。)
インフルエンザが流行っています。皆さん、気をつけて下さい。
それでは、また。

■資料 ① /////『四方山話』/////////////////////////////////////////////
 『けんちん汁の話』 
■資料 ② 小泉淳作氏は去る1月9日に亡くなられました。 「小泉淳作」 
       鳥羽省三さん、情報をありがとうございました。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/29(日) 00:00:00|
  2. 鎌倉
  3. | コメント:7
<<「ぶらり鎌倉」 最終章  東慶寺 | ホーム | 「ぶらり鎌倉」 3 建長寺>>

コメント

小泉淳作を悼む

〇  雲龍図にその名残して松明けの九日入寂小泉淳作        鳥羽省三
〇  観光を出張などと嘯いて天網恢恢ブログで露見す
〇  雨の路「♪曇りガラスを手で拭いて」先も見えない運転禁止
〇  その名「江」一名「お江与」とも呼ばれ三代将軍家光の母
〇  「鎌倉や奈良には古き仏たち」この際京都は話題にしない
  1. 2012/01/29(日) 13:30:38 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

 建長寺には昔行きましたが、山門の大きさくらいしかもう覚えていません。釈迦苦行像や徳川秀忠夫人の崇源院ゆかりの唐門などがあるのですか。唐門は、修理により当時の姿が再現されたというだけあり、きれいですね。
 この土日は、めずらしく2日とも休みだったのですが、寒さもあって、ちょっと買い物に出た以外はずっと家にいました。ちょっと歩いたほうがいいのだろうと思うので、もう少し暖かくなってくれないかなと思います。
  1. 2012/01/29(日) 20:50:04 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

今年も残すところ早、11か月になってしまいました。
龍年のお正月の飾り物にと、古布で龍の人形作りに挑んだのはいいけれど、あまりの難しさに断念しました。
小泉淳作画伯の「龍」はすごいですね~~。
宇宙のはてまで見渡せる現代に、まだまだこんなすごい絵が描ける人がいるんだ・・・と思ったら今年になって亡くなったって・・・
感慨深いものがあります。
  1. 2012/01/29(日) 21:26:55 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

方丈入り口の唐門って関東大震災以来の大修理が昨年5月に終了・・・
何て長い修理なんでしょ・・・
私なら修理に出した事も忘れていそうです・・・
でも唐門ってこんなに派手派手しいんですねぇ~・・・
まぁ~東照宮に負けじと派手にしちゃったんでしょうか???
  1. 2012/01/30(月) 12:28:44 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

遊びほうけていました

鳥羽省三さん
ありがとうございます。
●鳥羽殿の閻魔に勝る地獄耳
○メキシコのティオティワカンの神殿の 現地視察と偽りし遊山とばれちゃあ仕方がねえ 突き出しなせえどこへなと 天罰覿面 お縄頂戴

●菊の香の縁切り寺の門前に 旨し老舗の茶漬け定食
○京都にも一分の情け漬けてやれ 蕪の金為こちらが本家

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
ありがとうございます。

≫釈迦苦行像や徳川秀忠夫人の崇源院ゆかりの唐門などがあるのですか

釈迦苦行像は以前ありませんでし、唐門改修は享年の事でしたからね。無理もありません。
雲龍図ともども僕も初めてでした。
鎌倉もこの時期、一番すいていますから歩くのにはいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
月日の経つのははやいもの、道理で白いものも増えるわけです。
でも、どちらかと言うと少なくなるよりは良いかと。
H君はどうかな・笑・。そう言えば、最近e-161音がないですね~・笑・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
今までは歴史を感じさせる門構えで、禅僧の専門道場の寺にはふさわしい感じだったのですが・・。
でも、10年もすればやがて違和感もなくなってくると思います。

≫まぁ~東照宮に負けじと派手にしちゃったんでしょうか???
家光の母ですからね~。子に負けてはならないと・・・WWW






  1. 2012/01/31(火) 10:17:28 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

長男がこの前 雪の中鎌倉へ遠足へ行きました
めちゃ寒かったらしいですw
今度家族で行ってみたいです^^
  1. 2012/01/31(火) 23:57:15 |
  2. URL |
  3. あきゅら #-
  4. [ 編集 ]

あきゅらさん
おはようございます。
そう言えばこの日(12月15日)そちらの方の中学生が郊外学習に来ていましたね~。(勿論、学校は違うと思いますが)
グループ毎に別れてあちこち見学して回っていました。
「建長寺はどちらですか?ここから近いですか?」と聞いてきましたから教えてあげました。
閻魔大王像の「円応寺」にも、建長寺にも
同じ学校の他のグループの生徒さんが来ていましたね。楽しそうでした。

鎌倉の大仏さんなんかはおチビちゃんも喜ぶんじゃあないですかねえ。
  1. 2012/02/01(水) 10:02:04 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

横須賀 (171)
三浦半島 (18)
粟島 (8)
粟島散歩 (110)
粟島遠望 (6)
香川 (24)
香川のお寺や神社 (144)
鉄道関係 (82)
奈良 (50)
高野山・京都 (31)
横浜 (26)
愛媛 (19)
徳島 (24)
高知 (11)
鎌倉 (43)
東京 (65)
未分類 (166)
茶華・鳥 (49)
桜 (12)
えっちゃんの花畑 (9)
城の山より (13)
木の花 (13)
海員学校 (5)
春の花 (12)
島の人 (7)
船、港 (49)
西浜 (37)
下新田 (10)
姫路 (2)
旅行 (42)
花畑 (8)
詩歌 (3)
紫陽花 (23)
草花 (105)
夜景 (10)
花散歩 (42)
小動物 (42)
お出かけ (118)
家族 (20)
年中行事等 (56)
三豊市(山本町,財田界隈) (55)
黒川/財田駅周辺 (19)
朝の風景 (36)
夕景 (13)
来島者たち (37)
島の桜 (10)
日々の出来事 (32)
紫雲出山 (17)
島の春 (10)
お寺 (0)
庭の花 (76)

検索フォーム

RSSリンクの表示

天気予報


-天気予報コム- -FC2-