まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ぶらり粟島散歩  粟島芸術村 ①

祭りの練習を覗いた帰り、思い立って【芸術家村】を訪ねてみました。
僕に勝負を挑んできたブイブイ人形の≪粟島山?≫がいた花畑の横に咲いていた「ディル」。
魚料理に合うハーブだと聞いていますが、僕は魚が苦手なので試した事はありません。
ディル1




こちらの「アカスジカメムシ」も苦手です。その上こんな態度ですから(・笑・)無視して旧中学校へ急ぎました。
バシッ!≪無視≫と言いながらしっかり≪虫≫撮ってるじゃん。
ディルとアカスジカメムシ


旧粟島中学校(現在休校中、実質廃校ですが・・・)の校舎を活用した【粟島芸術家村】に入ると、
DSC01628.jpg
※【粟島芸術家村】粟島AIR(アーティスト・イン・レジデンス)は、若手芸術家の創作活動を支援するとともに、
地域の人々との交流を通じて、文化芸術による地域の活性化を目的とする、香川県と三豊市が主催する文化芸術事業です。



真っ先にこんな鬼瓦が見えてきました。
最終便 043
DSC01764_20120704223532.jpg


これも鬼瓦でしょうか?・・・どこかで見たような・・・確か・・・大阪通天閣の≪ビリケンさん≫とか何とか?
ビリケンさん?


アトリエ(教室)に入ってみると・・・源平合戦の「那須与一」の雄姿の鬼瓦がありました。(乾燥中)
秋には島の弓名人の家の屋根に飾られるそうです。早く見たいですねえ。
DSC01633_20120704115413.jpg
♪ 源平勝負の晴の場所 武運はこの矢に定まると 那須の与一は一心不乱、 ねらひ定めてひようと射る。♪ 
小さい頃、竹で弓を作りこの文部省唱歌を歌いながら団扇(うちわ)の的を射る遊びをしていました。
※平家との屋島の戦いにおいて、源義経の命により那須与一が、遥か彼方に揺れる平家軍の船上の扇を、その弓矢で射落としたという有名な武勇譚(たん)をテーマとした歌です。
 「青葉の笛「櫻井の決別」 「児島高徳等、この種の歌はふと口ずさむことがあります。年ですかね~。www←クリックすると歌が聞こえてきます。
DSC01644.jpg


こんな面白い瓦作品をいろいろ制作しているのは香川県伝統工芸士の 神内俊二さん です。
そういえば、香川県はうどん県と改名したの知っています?・・・・嘘です。TVコマーシャルです。 バシッ!
最終便 039


その郷土工芸作品がこれです。[鬼瓦の讃岐うどんの器] 慣れるまでは少々食べづらいかもしれませんねえ。
DSC01632.jpg


あれ~神内さんの手の向こうに見えるのも鬼瓦?あれもどこかで見覚えのある顔です。確か・・・学校の・・・、
DSC01638_20120704120045.jpg


音楽室の壁に貼られていた[ハイドン]と[バッハ]だ!・・・しかも幽霊だとか・・・
DSC01648.jpg


神内俊二さんが粟島芸術家村で創作活動を行うメディアアート専攻の 田村友一郎 さんの映像作品に出演し、その中で注文され制作した鬼瓦だそうです。
他に 幽霊の鬼瓦も制作していましたが、これはちょっと見せられません。 どうしても見たい人は粟島までおいでください。
7月14日~22日まで【第四回・粟島芸術家村滞在作家展】(下記■参照)で紹介されると思います。
ハイドン、バッハの鬼瓦を見ていたら・・足下から何やら白い煙が一筋、音もなくす~っと僕の体に絡むように昇ってきました・・・・。
一体、こ、これは何・・・?
DSC01646.jpg
ははは、これは蚊取り線香入れです。面白いですね~。豚さんよりこちらの鬼さんの方が蚊が嫌がりそうです。・笑・
高松市の自宅工房では他に瓦で作った花器も製作しているとの事でした。

《余談ですが》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「我が家でも、瓦の花器を使っていますよ。見ますか?」って言ったら「見に行きましょう」という話になり、
急遽田村さん運転の車に乗り我が家に直行しました。
古寺の瓦を模した花器で、二十年ほど前に横浜のデパートで見つけ買い求めたものです。
粟島の家の方が似合うだろうとこちらに持ってきて、野草など挿して玄関に置いています。
DSC01834.jpg


今日の話は《瓦》ばかりでしたが、話の長いのは相変わらず 瓦ない 変わらないですね。バシッ!
最後までありがとうございました。それではお元気で、又お会いしましょう。

■資料【第四回 粟島芸術村滞在作家展】ポスター
ポスター

スポンサーサイト
  1. 2012/07/06(金) 00:00:00|
  2. 粟島散歩
  3. | コメント:8
<<ぶらり粟島散歩  粟島芸術村 ② | ホーム | ぶらり粟島散歩  雨の港界隈 2>>

コメント

北さん、お魚も食べないと、頭スッキリしないよ(笑)&本気。
鬼瓦 いい感じですね。
沢山写真 up待ってます。
  1. 2012/07/06(金) 10:00:18 |
  2. URL |
  3. wako #-
  4. [ 編集 ]

鬼瓦の蚊取り線香入れは良いですねぇ~!!!
我が家にも欲しいと言ったらカミさんが煙も出ないのにどうするの?って・・・
そうでした!我が家の蚊取りは電気式でした・・・
90日間取り替え必要ない奴・・・
之を入れられる小さな鬼瓦型蚊取り入れは出来ない物だろうかねぇ~???
  1. 2012/07/06(金) 12:32:25 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

今日は色々な鬼瓦を見せてもらい楽しかった。
那須の与一の鬼瓦もおもしろい。
その与一の弓だけど。私何を血迷ったか弓道に食いつき、日々ビュンビュン(実はヒュル~ンヒュル~ン)やってます。
私より半世紀も遅く生まれた学生さんと一緒の練習だから大変!
やがては粟島の行事「ももて」に女性初登場もあろうかと。笑っちゃうよね~~、何歳まで生きるつもりやねん!
鬼瓦の蚊取り線香入れといい瓦の花瓶といい、手作りのものはいいですね。

  1. 2012/07/06(金) 16:15:25 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Wakoさん
ありがとうございます。
お魚のあの生臭い匂いが苦手でありまして・・・・笑・
焼いてあったり、煮てあったり生臭さが消えていれば食べられますよ。
※焼き秋刀魚、目刺、塩ジャケ、シラスなどは抵抗なく食べられます。むしろ、好物かも。e-257
しかし、刺身は1,2切れ食べたら後は1年ぐらい姿見なくていいです。www
こんなだから頭がいつまでもすっきりしないんですかね~。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
鬼の蚊取り線香入れ、良いでしょ。
我が家は某ベープ香取器とクラシカルな渦巻き香取線香の併用です。
島では、それでも刺されます。
寝てても羽音が聞こえるともう鳥肌が立ってきて
敵機襲来とばかり、飛び起き、殺虫スプレーを持って撃墜するまで追いかけます。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん さん
ありがとうございます。
いつまでも若いですね~。
そのファイトでTさんのe-266を射抜いたのでしょうか。
蚊取り線香いれ、型はありますが穴は一つ一つ手作業であけるそうです。
何事も楽しみながら創る・・・これが大切ですね。

そういえば、仏像彫刻・・・忘れかけていました。
手の痛さが治ったら再開です。
  1. 2012/07/06(金) 18:50:36 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

今日は。
瓦と言えば私の古里「淡路島」の瓦も名が通って
います。
瓦の芸術作品も面白そうですね。
足を前になげだすとビリケンさんそっくりですね。
ところで魚が苦手なのですか~。
新鮮な魚が手に入る瀬戸内にお住まいなのに
もったいないですね。(^-^)
まあ、それより恵まれた雄大な自然もいいですね。

  1. 2012/07/06(金) 21:49:15 |
  2. URL |
  3. 四季の香り #PzKr/8RM
  4. [ 編集 ]

瓦の作品、楽しく拝見しました。
皆さんおっしゃるように鬼の蚊取り線香入れ、いいですね。どっしりして効き目ありそうで。
蚊に弱い息子が最近買って来た、ワンプッシュで一晩以上効き目が続くという商品、
コンパクトでシンプルですが味気ないですよ。

お宅に飾られた花器も素敵ですね。
野草、ドクダミですか、とても映えますね。
後ろ側も見てみたいです。


  1. 2012/07/07(土) 12:21:24 |
  2. URL |
  3. さちたけまむ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~!

此方では、 こんなに立派な鬼瓦の屋根を見る事は余り有りません。(^^;
鬼瓦の蚊取り線香入れは良いですね。

>野草など挿して玄関に~
※素敵な花器ですね~(^-^
生けて有るお花・ドクダミがまた素敵~
横に飾って有る手作り小物は、奥様の作品でしょうか~?
素敵~こう云う手作り大好きです。
松ぽっくりに縮緬で作った可愛いポンポンを詰めて
tomoは作るけれど、何で作られているのでしょうか~?
  1. 2012/07/07(土) 16:29:57 |
  2. URL |
  3. tomo #/vpVQlD.
  4. [ 編集 ]

四季の香りさん
ありがとうございます。
淡路島の瓦はメジャーですから会社もたくさんあるようですね。
瓦屋さんでブログを出されている瓦屋さんも多いですね。
僕も時々除きます。www

我が家の屋根を葺いてくれたこちらの瓦屋さんもブログを出しています。

魚・・・小さい頃は良く食べていたと思うのですが・・、
横浜に転校した時、市場の魚屋さんに並べられた魚を見てから魚が嫌いになりました。

仲間も「せっかく島にいるのに・・、俺と代われ!」と怒っています。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さちたけまむ さん
ありがとうございます。
僕も蚊に弱く、刺された後は暫く刺された跡が残ります。
夜も蚊の飛ぶ羽音がすると眠れません。

玄関の花はドクダミです。赤い斑入りのドクダミは家の前の畑からいただきました~。www
他に露草も時々挿しますが一日限りの命です。
雪ノ下は浅いお皿に根ごと(ランナーも)浮かべるように飾るときもあります。
こちらは長持ちしてとても良い子です。www
いずれにしても野草を一輪挿しておくのは好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
tomo さん
ありがとうございます。
鬼瓦の蚊取り線香入れは良いでしょ。欲しくなりますね。

使わないときは飾りにして置けるし。重宝です。
どくだみの花も好きなんです。
山道や道端に咲く野草は食卓でも楽しませてくれます。
入れる花器は泥臭い備前が良く似合います。
僕は下戸ですから備前の徳利やお猪口は専ら花器として使っています。www

横にある小さな飾り小物は、先月なくなった叔母が作ってくれたものです。
スズカケの実に(羽のついた種が飛んでなくなった穴に)ちぢみ等の布で作った小さな玉を詰めたものです。
手前の実は玉を詰めない穴の開いた実だけのものです。
嫁さんも作りますが、今回は叔母を偲んで飾っていました。






  1. 2012/07/07(土) 21:38:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (160)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (23)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (26)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示