まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★★上野(フェルメール展)、銀座

気の置けない友からの誘いの電話は嬉しいものだ。たとえ飲めない酒の席であってもまず断らない。
7月11日、そんな友の誘いもあり二つの上野の美術館へ「フェルメール」の絵を見に行った。
DSC02837.jpg
■ 「フェルメール」 



二人とも《おのぼりさん》だから、間違いの無いようにも「国立西洋美術館」の玄関先で待ち合わせた。
目的は1枚目左にある「真珠の首飾りの少女」。会場は思いの他空いていて自分のペースでゆっくり見て回れた。
DSC_8330.jpg


最初はこの「真珠の首飾りの少女」だけで、他の展示室はいいやと思っていたが、折角だからと常設展の方も見て回った。
ここには誰もが知っている名画がずらりと並べられている。(際限が無いので紹介できません)
DSC_8337.jpg


次に向かったのが「真珠の耳飾りをした少女」(どちらかと言うと、こちらの絵の方が有名です)が展示されている「東京都美術館」。
こちらは凄い混雑で美術館を囲んで長蛇の列。入場券を購入するまで1時間はかかりそうな人気ぶりです。
そこは蛇の道?(バシッ!)少し事情があり係員の方に案内されすんなり入館。
入館出来ても又同じように展示室までは1時間程かかるとの場内案内がある。
更には展示室に入っても《少女》を間近に見えるコースは小一時間ほどかかる超人気振りである。
それでもこの機を逃しては一生見ることができないとひたすら、待つ、待つ、 待つ!
DSC_8344 - コピー


吸い込まれるような美しい「耳飾りをした少女」を見終わって美術館を出たのは昼を大きく過ぎていた頃。
暑いのでランチを摂りながらビールでも・・と二人して「銀座ライオン」へ向かった。
この店には友は奥さんと時々来るらしい。(僕たち夫婦といえば・・・いつも讃岐の小さなうどんや。しかもセルフ。
食後向かったのは老舗喫茶店の「ルノアール」。そこでの話題は専ら歌壇、文壇。
友の近くに住んでいたという(彼の方が後から住んでたのだと思うがww)庄野潤三の逸話はとりわけ面白かった。
どんな話か書かなければちっとも分かりませんよね。長くなるのでね~。失礼。バシッ!
DSC_8336.jpg


三越前で別れた僕の足はいつものこの花屋さんへ。ここは、銀座松屋店の裏ですよ。あの銀座の・・・。
DSC_8353.jpg


ねっ、住所表示も「銀座三丁目」とある。僕の記憶違いではないでしょ。
やはりお値段は場所が場所だけに少々高めで、我が家御用達のホームセンター園芸部とはちょっと違います。ww
DSC_8360.jpg


置いてある花はどれも同じようなものなんですけどね・・・。
DSC_8365.jpg


無造作のようでいてどこかお洒落だ・・・。センスの問題だろう。さすがだと思う。
DSC_8366.jpg


でも、障子の貼り方は僕の方が上手いと思うけどね・・。www
DSC_8364.jpg


この店の横には行き止まりの路地があって、
DSC_8355.jpg


そこに佇む路傍の仏さんの横を抜け
DSC_8357 - コピー


小さな階段を上ると、感じのよい静かなお休み処がある。
DSC_8358.jpg


店を出た頃はあたりはもう薄暗くなっていた。
ふと通りを見ると速そうな車が走り抜ける。粟島ではあまり見かけない。(バシッ!あまり・・・か?)
すいません。全くです。
DSC_8368 (600x384)


↑上の写真で前を行く白い外車?何と言う車なんだろう・・・『サーキットの狼』に出てきそうな車だ。
最近元気がなさそうな車好きのAさんが元気が出るだろうなと思って・・・
DSC_8371 - コピー

 
たまの東京だからこんな所で・・・と思わないわけでもないが・・・、
DSC_8351.jpg


男一人で入るには少し気障過ぎますね。何せ《讃岐のセルフうどん》に慣れきっているしね。www
女房や孫たちが待ている我が家の夕飯が一番ですからね。まっすぐ帰りました。
DSC_8352.jpg


それでは、また、お元気で。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/19(日) 00:00:18|
  2. 東京
  3. | コメント:8
<<たまには・・・2 | ホーム | 残暑厳しい中・・・HOTな話を二つ・・・>>

コメント

良いなぁ~・・・フェルメール展・・・
行きたかったけれど、行くには入場料の他に運賃と宿泊代と食費等を考えると贅沢できません・・・
消費税も上がる事だし此処は節約しておきましょうかねぇ~・・・
  1. 2012/08/20(月) 13:24:59 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

オイラは行かない世界ですかね~w
たまには良いのかもしれませんが
ルーブル行ったのが最後ですww

元気になれそうな車ですね
でも我が家が買えちゃいそうな値段でしょうね~^^;
  1. 2012/08/20(月) 21:22:36 |
  2. URL |
  3. あきゅら #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうございます。
このような企画は集客力を考えるとやはり大都市に・・
地方開催はなかなか難しいですね。
地方の人たちはいつも歯がゆい思いをする・・・
難しい問題です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あきゅらさん
ありがとうございます。
僕もたまにはアカデミックなものを・・・www
あきゅらさん、ルーブルへ行かれたんですか~。
凄いですね~。
僕はヨーロッパへ行ったことがありません。

あの白い車(スポーツカー)、若い子が乗っていました。
何か得意げに、嬉しげに彼女(?)乗せてね。
真面目な青年ならあんな車買える筈無いのにねえ。←半分やきもちですwww



  1. 2012/08/20(月) 23:11:17 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

フェルメールの作品を 上野の個別の美術館でやっていたんですね
ひとつの場所で まとめて見れたらよかったのにと思ってしまいました^^;
でも たまにこういう芸術鑑賞もいいですよね
裏通りのこんな場所 秘密にしておきたいくらいですよねww
素敵なご紹介をありがとうございました^^
  1. 2012/08/21(火) 16:22:03 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。
フェルメールの二枚の代表作が「国立西洋美術館」と「東京都美術館」
二つの美術館でほぼ同じ期間展示されています。
これは所蔵している美術館がそれぞれ違う為ですね。
誰もが二枚見たいと思いますが入館料を考えると一つは我慢しようかなと思ってしまいます。
そこでより有名な「耳飾をした少女=東京都美術館」の方に人が集中したのだと思います。
「首飾りをした少女=国立西洋美術館」の方はびっくりするほど空いていました。
僕は窓の方を向き鏡を見ている「首飾りをした少女」の方が見たかったので
ゆっくり見ることが出来よかったです。
一方、東京都美術館の方は大変な混雑で長時間並んで、間近に見たのはたったの30秒足らずでした。e-260
裏道りの花屋さん良いでしょ。好きで、銀座に行った時は(買いませんが)良く立ち寄ります。

  1. 2012/08/21(火) 21:33:25 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

初めまして!

「フェルメール展」に行かれましたか。
「真珠の首飾りの少女」は有名ですよね。
私はまだ見ていないのですが、
以前、東京都美術館で、”ワシントン・ナショナル・ギャラリー展”があったときに、一枚だけ見ました。「手紙を書く女性」
窓際に光りを取り込んで、女性を描くのですよねっ!フェルメール・・・は。
そうそう、「フェルメール」を主人公にした、映画も観ています。

私も西洋美術館に行ったときに、「カレーの市民」「地獄門」などを見て、
館内で「モネ」「ルノワール」などを見ました。
松方コレクションですね・・・。
本物が見れるとは、嬉しいですよね♪

で、銀座は、映画を観るときに、時々行くのですが、さすが銀座ですよねっ!
「花屋」の雰囲気もとても良いですね~!!

では、突然失礼しました。

P☆!
  1. 2012/08/25(土) 18:37:05 |
  2. URL |
  3. 梅サクラ #zwRScLrQ
  4. [ 編集 ]

梅サクラ さん
ありがとうございます。
「国立西洋美術館」と「東京都美術館」
二つの美術館をはしごして見て来ました。
「東京都美術館」 の「真珠の耳飾の少女」の方は凄い人気でした。
僕が見たかったのは「国立西洋美術館」の 「真珠の首飾りの少女」の方でした。
こちらはがらがらで最高でした。(笑)

銀座の花屋さん良いでしょ。
ランやバラといった花ではなく野に咲く花ばかりなのでとても気に入っています。
今度銀座に行かれる時には立ち寄ってみてください。
三越や松屋の裏通りです。
  1. 2012/08/25(土) 23:49:22 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

古ネタ「フェルメール展」に寄せて

○  ユウスケ氏我楽多写楽氏あきゅら氏もフェルメールの絵と羨ましげに言う
○  梅サクラ白アジサイも雑草も銀座の花屋にこき混ぜて咲く
○  松屋裏「茶房・野の花」お高くて!セルフ饂飩は食べられません!
○  わたくしも銀座の花屋では買いません我が家の御用達ホームセンター・ビバ
○  三越の斜め向かいの丸ビルはむかし三愛いまはRICHOか?
○  寿司清やキムラヤのパンのは質素にて毳毳しいのは飲み屋の看板?
  1. 2012/08/29(水) 06:26:42 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #5wp0qRG2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示