まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★★ふらっと道草 ② 高野山 

ご心配をおかけいたしました。やっと旧PCで復活です。
え~と、・・何処まで行ったのか・・・そうそう、高野山伽藍の建ち並ぶこの辺りまで行ったんですね。

はい、この辺りが 【高野山金剛峰寺】 伽藍の中心部です。
右手が高野山のシンボル・根本大塔で左手が金堂です。朝も早いので未だ参拝者もまばらです。
DSC_8185.jpg




後ろを振り向くと「東塔」があります。
歩いた順序は違いますが、説明はこちらから始めます。
■「東塔」は大治2年(1127年)、白河院の御願によって醍醐三宝院勝覚権僧正によって創建されました。
天保14年(1843年)に焼失してからしばらくの間再建されず、140年たった昭和59年(1984年)に再建されました。
DSC02072 - コピー (2)


直ぐ隣には「三昧堂」があり、そのお堂の前で「西行櫻」が葉を茂らせています。
西行は久安5年(1149)32歳頃から約30年間ほど高野山を往来していたといわれています。
諸国を行脚した歌人のイメージが強いので、30年も高野山に関わっていたとは驚きです。
DSC02073.jpg


この小さなお堂が西行も修行したと言われる「三昧堂」です。
「西行櫻」はこのお堂を修築した時に西行が植えたとされていますが、文化年間に枯れ、現在の櫻は後世に植えたものだそうです。
西行が≪高野山伽藍の建築奉行≫だったことはあまり知られていないと思います。
NHK大河ドラマでも紹介されませんでしたしね。www
DSC02076.jpg
■ 国史跡「三昧堂」 指定 昭和52年7月14日
三昧堂は歌人西行の修行した所といい、前の桜を西行の袈裟掛桜(けさかけさくら)という。 現在の堂は嘉永元年(1848)に再建された。 大会堂の前の坂を会堂坂といい、坂の東に西行の住坊霊山院があった。 
西行は久安6年(1150)ごろ高野山に来てそれ以来30年以上この山に在住し京洛に出かけて勧進につとめ高野山の経営に尽した。  
=和歌山県教育委員会(財)高野山文化財保存会=


「三昧堂」の左隣に建っている大きな建物が「大会堂=蓮花乗院」です。
DSC02085 (600x399)
■この「大会堂」は、安元元年(1175)、鳥羽天皇の皇女で五辻(いつつじ)斎院頌子(うたこ)内親王が鳥羽院の供養にと創建したのですが、もとは別の場所にあったものを、伽藍の現位置に移築しました。


そんな事を思いながら眺めると・・・今にも西行が「やあ、北さん、久しぶり」な~んて手を振る・・・訳ないですね。バシッ!
DSC02090.jpg


更に「大会堂」の左隣に「愛染堂」が建っています。
※一つ一つ説明するのもくどいと思って省いていますが、この一連の高野山伽藍の殆どが国宝及びそれに準ずる建物ばかりです。
DSC02092.jpg
■建武元年(1334)、後醍醐天皇の命によって建立されました。本尊は愛染明王で、後醍醐天皇の御等身と言われています。昔はこのお堂で不断愛染護摩供や長日談義が行われ、「新学堂」とも呼ばれました。何度か罹災し、現在の建物は嘉永元年(1848)に再建されたものです。


それでは高野山のシンボル  「根本大塔」  の方へ急ぎます。
DSC02017.jpg


参拝者が何やら探しているのは・・・ 『三鈷の松』  の落ち葉です。 ※下の資料■参照
僕も二つ拾って帰り仏壇に供えました。DSC02041.jpg


先が長いので、一気に進むと疲れますので、今日はここで失礼します。
それでは、また。お元気で。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■「 「三鈷杵」  三鈷杵」「三鈷」というのは密教法具の一つで、どこかで一度は目にされたことがあると思います。
先が三つに分かれていて、ここにある松の葉は三本に分かれている為に「三鈷の松」と呼ばれています。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/04(火) 00:00:00|
  2. 高野山・京都
  3. | コメント:7
<<★★★ふらっと道草 ③ 高野山 壇上伽藍 | ホーム | 来週まで暫くお休みします>>

コメント

おはようございます。

北さん 様

 写真ブログの再開、真におめでとうございます。
 これも、常日頃からのお大師様信心のお蔭かと存じます。
 「苦しい時のお大師頼み」という言葉がありますが、使い古しの<XP>でさえ、緊急時には充分に役立つものだということを、貴殿の今回の事例で以って知り、私も馬鹿息子の置き土産のノートパソコンを解体しないことに決めました。
 しかしながら、古ければ何でもいい、という訳ではありません。
 したがって、貴殿よりは幾分か年長の吾輩などは、そろそろ年貢の納め時かと覚悟を決め、これからは、連れ合いにも息子にも孫にも優しく振る舞い、貴殿の写真ブログに目立つ、構図の拙さや文章の乱れにも、可能な限り目を瞑って生きようと決心した次第でありました。
 今朝はいくらか涼しく、夜明け前からミンミンゼミが鳴き喚いております。
 お暇がありましたら(どうせ、お暇だらけでありましょう)、拙ブログをもご一読賜りたくお願い申し上げます。
 再開後、歌評を記す手に力が入り、文体が一段と激しく荒いものになりました。
 友人や家族には優しく接する代わりに、歌人ちゃん(初代歌人ちゃんは、あの俵物)たちに対しては、厳しくものを言うつもりです。
 その分、反発や批判も激しくなり、「臆病なビーズ刺繍」のコメント欄には、無記名の呪言や批判が津波の如く押し寄せることでありましょう。
 とは言え、吾輩はそんなことは一切気にしません。
 無記名のコメントは、波打ち際で阻止する仕掛けになっていますから、無記名のまま、コメントを寄せた者が<骨折り損の草臥れ儲け>ということになるだけです。
 今朝、書き上げたばかりの文章は、かなり力(りき)を入れて書きましたから、是が非でも、ご一読の上、コメントをお寄せ下さい。
                     鳥羽省三
  1. 2012/09/04(火) 07:36:40 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

高野山の伽藍は殆どが国宝級だとお聞きしていましたが、余りにも多すぎて覚えきれませんでした・・・
北さんの頭脳はまだまだ健全なようで、私の方が先に惚けそうです・・・
  1. 2012/09/04(火) 12:24:29 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

鳥羽省三 さん
留守中にも沢山の句をありがとうございます。
楽しく嬉しく読ませてもらいました。

無事、横須賀に帰ってきてほっとしています。
老いてますます盛んなライフワークへの意欲・・・
僕も気力を振り絞って、見習わなければいけませんねえ。

≫貴殿よりは幾分か年長の吾輩などは、そろそろ年貢の納め時かと覚悟を決め、
これからは、連れ合いにも息子にも孫にも優しく振る舞い・・・

≪老いては子に従い・・・≫年老いてから家族に見放されたのでは惨めですからその方が宜しかろうと思います。

≫貴殿の写真ブログに目立つ、構図の拙さや文章の乱れにも、可能な限り目を瞑って生きようと決心した次第でありました。

目の不自由だった母が晩年よく言っていました。
「この年になると、何もかも見えたり聞えたりすると辛い。
何でも半分くらいが丁度良い。言いたい事も半分に。」

大兄のブログ『臆病なビーズ刺繍』も暇ですからいつも読ませて貰っています。
良くもまあ、次から次へとその枯れることの無い辛口コメント(実はその裏に潜んでいる優しさもちゃんと読み取っていますから心配なく)・・・諺通り大層長生きするだろうなと喜んでいます。

そこへいくと僕のような善良な市井の民はwww
他力本願弥陀のお力にすがって極楽往生も間近かと半分覚悟を決めています。

覚悟はとっくに出来ているものの、
今日はのっけから「異常なし・・・」の歌、どきりとしました。
明日は午後から「あそこ」へ行ってきます。
どんな歌を詠いながら帰ってくることやら・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
いつもどこかへ出かけるときは無計画に・・・
下調べをして行くと楽しさも倍増するのに、全く懲りない性格で困ります。
勿論ブログのコメントは資料で確認しながら記しています。
僕の不確かな記憶だけで書いたら皆さんにご迷惑をおかけすること必定ですからね。www

  1. 2012/09/04(火) 19:09:23 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/05(水) 08:52:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん
ありがとうございます。
元気百倍、これから高野山を駆け下りて
奈良のあちこちを駆け回りますよ~。・笑・笑・
  1. 2012/09/05(水) 21:39:45 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

安心しました!

Pcが具合悪いと知って、
その後どうされたかな?と思っていました。

で、高野山の建物、素晴らしいですね!
説明を読ませて頂いて、とても勉強になりました。
高野山東塔、落ち着いていて、気品を感じました。好きな建物!

また西行が、約30年間ほど高野山を往来していたとは驚きです!

では、次の奈良の記事も楽しみにしています♪
  1. 2012/09/06(木) 18:21:31 |
  2. URL |
  3. 梅サクラ #zwRScLrQ
  4. [ 編集 ]

梅サクラ さん
ありがとうございます。
PCの基本も分からずに使っていますからいつもひやひや物です。
高野山は建物ばかりでなく、ゴミなども落ちてなく気持ちの良い町です。
環境が人々をそうさせるのでしょうねえ。

建物等の説明・・・偉そうに知った振りして書いていますが詳しいことは分からず受け売りです。e-351
でも、新しいことを知るという事はいくつになっても楽しいことです。
  1. 2012/09/06(木) 22:54:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示