まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★★ふらっと道草 ④ 高野山 ・奥の院

高野山「奥の院」へ
奥の院へは通常≪一の橋≫から杉木立の参道を歩いて行きますが、今回は時間も無いので旅館から間近な≪大駐車場≫の横にある≪中の橋≫から入りました。
僕もいつかお遍路さんとなってこの道を・・・・。
杉木立の参道





高野山の参道には時の権力者から戦国大名、江戸時代の大名家等々の墓所が立ち並んでいます。
前方に見える五輪塔は、NHK大河ドラマでご存知の江姫(お江=崇源院・すうげんいん)のお墓です。
DSC_8202.jpg


高野山奥の院最大の五輪搭で、《一番石塔》と呼ばれてて、墓碑は高さは約6m以上もあるそうです。
DSC_8199.jpg


こちらは浄土宗を開かれた法然上人の墓所です。
そういえば、ここ奥の院の近くに法然上人、親鸞聖人、 熊谷二郎直実 ゆかりの 「熊谷寺」 があります。
DSC_8191 (600x399)


法然の弟子で浄土真宗を開かれた 「親鸞」 の墓所は、法然の墓所より少し離れた場所にひっそり建っています。
親鸞墓所への道2


親鸞が聖徳太子の《六角夢告》に拠り、東山吉水にあった法然の草庵へ百日にわたり(法然の教えを聴聞するために)訪ねた遠い道は、
親鸞墓所への道3


このような道であったのだろうかと勝手に甘美な憶測をしながら僕もまた親鸞の墓所への道を辿りました。
親鸞墓所への道1


「御廟橋」の脇には、御供所や水向地蔵などがあり、参拝者が思い思いに水をかけていました。
DSC02115 (600x399) (2)


僕も一掬い清水を手向けました。
DSC02118.jpg


その後ろを流れている玉川の流れを堰き止めた場所で「寒中水行」が行われるのはここだろうか?
マイナス〇度という極寒の中、水中に身を清め一心に経文を唱えている姿をTVで見たことがあります。
DSC02122.jpg


 「高野山奥の院、御廟橋」  ・・・ここから先は高野山で最も聖地とされている神聖なエリヤです。
御廟橋

 
勿論、飲食、私語(大声)、撮影等一切禁止です。
DSC_8188.jpg


「奥の院」を参拝した後は、一路「花坂すーさん」御一家の住む「花坂」へと下ることを決め、
高野山総門である 「大門」へと車を走らせました。
DSC_8209.jpg

 
大門の左右には運長作の金剛力士像が安置されています。
DSC_8214.jpg
DSC_8215.jpg


二階二層門で、高さは25.1メートルもあると言われる通り大きな大きな総門です。 
※高野街道を走行する軽トラックと見比べるとその大きさが分かります。
大門


この後、花坂目指して左下へ続く坂道を下っていきました。(高野山「壇上伽藍」「奥の院」は右方面です。)
次回は「花坂」に住む元気な子ども達の様子です。
それでは、また。お元気で。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/09(日) 00:00:14|
  2. 高野山・京都
  3. | コメント:8
<<★★★ふらっと道草 ⑤ 高野山 花坂その1   | ホーム | ★★★ふらっと道草 ③ 高野山 壇上伽藍>>

コメント

法然、親鸞のお墓、そして奥の院へと続く道すがら北さんは何を考え、何を思いながら歩いたのでしょうか?
『百里を行く者は九十を半ばとす」というではありませんか。
百里を生きる者は九十里を半分と見て気を引き締めて生きる。北さん、お互いこれから先は長いですぞー!!
H君、いよいよ四国88カ所巡りを開始しましたね。
一日一番札所どころか五、六番も廻ったそうです。超のんびり屋の彼にとっては超活気的な事。
お願い事てんこ盛りで般若心経を唱えているんでしょうねー。元気でなにより!!
  1. 2012/09/09(日) 07:58:25 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

妄想「高野詣で」

〇  高野山奥の院への道すがら美女を見つけて攫はんとする
〇  荒縄で縛つた美女を軽トラの荷台に乗せて連れ去らむとす
〇  足下は石畳にて音がする猫の真似して忍び歩きす
〇  真昼間のストーカーなれば気が焦り時には吾も早足になる
〇  前方に見ゆる五輪の石塔は崇源院のお墓なるとか
〇  巨大なる二層二階の総門に鎮座まします二体の仁王
〇  一説に運慶門下の作と謂ふ視線鋭き金剛力士像
〇  とは言へどあまりに荒き木彫りにて永の風雨に色褪せたのかな?
〇  親鸞は聖徳太子のお告げにて吉水詣でを欠かさぬと聴く
〇  法然も何方のお告げか知らないが寒中修行を欠かさぬと聴く
〇  H君もお四国巡りを始めたとふうちやんからのコメントで知る
〇  北さんも北さんなりの判断で高野詣でを始めたのかも?
〇  大門の前に立ちたるアベックは離れ過ぎてる気もするけれど
〇  参道の杉の並木は巨木にて吾も怒張し漏らさんとする
〇  頃も良し暗がりも良し諸手にて美女を抑えて犯さむとする
〇  姦淫・私語・飲食禁止の聖域でかかる所業は何事ならむ
〇  抑へたる美女はお江か千姫か?顔を覗けば只の婆さん
〇  日蓮も金剛力士も視てゐるぞ婆を放して自首しなさいよ
〇  悪戯が過ぎる気もする気にもなる罰が当たると思つたりもする
〇  吾いまだ一度も詣でぬ高野山君の写真で詣でた気になる
〇  生きてゐるうちに一度は詣でたし高野山金剛峰寺ありがたや
  1. 2012/09/09(日) 11:11:26 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
毎日暑いですね~。
人生余り長生きしてもこの先良いことは期待できません。
国土を盗られて何も出来ず、返す振りに騙されて何度も高額な金銭だけを搾り取られても
まだ目が覚めないこの国の行く末など歯がゆくて悔しくて見たくもありません。
「日本は悪い事をした国だから、北の島も南の島もみんな差し上げましょう!」
とお隣の国へ懺悔旅行を企てる日教組の親分が今の政治の幹事長をやってる国ですからね。
心静かに四国遍路をする心境には到底なれませんねぇ~。www

それに比べ、歩き始めた超温厚なH君は偉い!
それにあのハイペース・・・びっくりです。www
息を切らして寝込んでなければいいが・・・。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三さん
いつもながら精力的なコメントをありがとうございます。

[総返]
何し負う精力的な省三さんの御作とは言え、あまりにもストレート過ぎ、愚禿親鸞、否、愚禿北さんも
赤面です。
癖球を織り交ぜて投げてこその省三流短歌では。?
どうにかなりませんでしょうか?www

[返] お互い煩悩具足の凡夫ゆえに
①高野参りをしたいという友に
 いま少し過激な矛を投げ捨てて 高野参りをいたしましょう 
② 昼食はワンコインの《かけうどん》で満足している吾に   
 吾未だ食べたこと無い高級料理 パンフ見ただけで腹いっぱいになる 
③ いつの間にか年をとってしまった吾々に
言うだけで役にも立たぬ矛などはきれいさっぱり捨て去りましょう 

  1. 2012/09/10(月) 00:02:18 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

お礼参り

〇  北さんは信仰心を持てばこそ高野詣でに出掛けしならむ
〇  野次さんは信仰心がゼロだから高野詣でをからかふならむ
〇  吾輩はマルビでお金を持たぬけど高野詣でに出掛けたいのだ

 先刻、昨日起草の記事の改訂版を掲載させていただきました。
 何卒、ご一読賜りたく、コメントなどもお寄せ賜りたく、不肖・鳥羽省三伏してお願い奉り申し上げます。
  1. 2012/09/10(月) 12:00:19 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

高野山奥の院まで参拝されたのなら、次は伊勢神宮か熊野那智大社のお参りでしょうか???
どちらに行かれても清浄な空気に身が締まります・・・
  1. 2012/09/10(月) 12:33:16 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは

奥の院の先は 写真ももちろん 私語もいけない神聖な場所なんですね
阿吽の金剛力士像に見とれてしまいます
私は 神社仏閣は滅多に撮影しないので
北さんの写真が とても新鮮に感じましたよ^^
  1. 2012/09/10(月) 15:47:23 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

私は四国88ケ所参りが終わってからお参りに行こうかと
思ってましたが、それを成し遂げるまで生きてるのやらwww(笑)
しかし、ストレス社会を離れてお参りに行きたい心境に。。。
やっと、朝夕涼しくなってきましたね。夏の疲れが取れません!
  1. 2012/09/10(月) 20:48:14 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鳥羽省三さん
ありがとうございます
「返歌」と言うには余りに変か?

〇 歌詠みの歌を評する力など生憎吾は持っては居ません
〇 蛇足だと言う説明を長々とするこそ吾は蛇足だと思う
〇 飲むならば「男は黙ってサッポロビール」 多弁なアサヒは飲みたくも無い!
〇「解らない人には 解らなくて宜しい」何と簡潔な解説だろう 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます
参拝と言われると恥ずかしい、ここまで来たなら、何枚か写真を撮って・・・
と言う不埒な出来心・・・程度のものでした。
熊野、那智へは数年前に・・・これまた無信心な物見遊山で・・・罰が当たりそうです。(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユウスケさん
ありがとうございます。
一心に心をこめて・・・なんてものではなく
何かホッと出来て心が休まるので神社仏閣へはよく足が向きます。
ミサにこそ参加はしませんが教会へも何の抵抗も無く這入っていきますよ。
なんてことは無い、ただの無信心な爺さんかもしれませんねぇ。(笑)
今夏も五木寛之の『親鸞』上下(講談社)を読み、
親鸞と法然の出合いの部分を感慨深く覚えていたので二人の墓所へも尋ねてみたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
ありがとうございます
大丈夫ですか?まだまだ残暑がきついですからお互い体を大事にしましょう。
昨夜のうちにと(コメント)と思っていましたが、
サッカーの勝利でついつい今日に伸ばしてしまいました・・・。(笑)
  1. 2012/09/12(水) 13:03:35 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示