まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★★ふらっと道草 ⑥  高野山/花坂2  

生憎ぽつぽつと雨が降って来ましたが、すーさんは「折角だから、子ども達が好きな川へ行きましょうか」と、
ブログでも紹介されている《彦谷の清流》へ連れていってくれました。
林道の横を流れる川は、大人たちは渓流釣りに、子ども達は川遊びにと格好の渓谷です。
DSC_8273 (600x399)




子ども達は川へ下りると早速遊び始めました。
それでは、その日子ども達が見せてくれたパホーマンス《爺ちゃんの演歌劇場》?ww をご覧ください。 
DSC_8242 (600x399)


《男には引くに引けない時もあり 渡って見せる橋がある》
 少々不安だが、今日はお客さんが見ていることだし、良いところを・・・と、渡ることを決めた小二の〇君。
DSC_8237 (600x399)


《危ない時は手を借りて 渡らにゃならぬ事もある》  
「気持ちはわかるが、無茶と冒険は違うのだぞ」と教えながら小二の弟を気遣う小六の兄。
DSC_8301 (600x399)


《男には 夢をこぶしで握り締め 一人で渡る川もある》  
こちらは、行くか返すか思案する五歳の末弟。
DSC_8247 (598x900)


《そうだその意気勇気を出して 一人でここまで渡っておいで》
今度は一歩が踏み出せずに躊躇している弟を励ます兄。
DSC_8248 (600x399)


《川の流れを見極めて 急かずあわてず回り道 浅瀬になっても油断をするな》
「やってみせ、言って聞かせて、させて見せ、ほめてやらねば、人は動かじ」 そう言って歩いてみせる兄。
良きリーダーになるだろうな~。(バシッ!山本五十六じゃん。) う~ん、ばれたか。www
DSC_8250 (600x399)


《行く手には淀みもあれば瀬もあるぞ 怒涛逆巻く川もある》
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は 住みにくい 」
漱石か~。角が立つ程の智も元気もなくなった。近頃は情にばかり流されて随分涙もろくもなった。
DSC_8263 (600x399)


《何のこれしき訳も無い おっと危ない油断をするな》
本日一番のパフォーマンス。私は、流されたら直ぐに救いに(掬いにwww)行ける体勢をとりました。www
DSC_8281 (600x399)


《男には滑って転んで巻かれても 超えねばならぬ川もある》 
助けるつもりが助けられ・・危うく三途の川を渡るところでした~。無事で良かった。
DSC_8284 (600x399)


《あっちの橋も、こっちの川も 兄弟仲間手を合わせ 無事に渡って笑おうじゃないか。》
《やっぱりこれが《一番しぼり》。愉快にみんなで飲もうじゃないか。》
(バシッ!又洒落かい。それに飲むのはまだ早いです!
DSC_8253 (600x399)


「おじ(い)さん なんだか《演歌》みたいですね。」www と、冷静な小学六年生の次男坊君。
※(い)は聞こえません。聞こえたら「お爺さん」になってしまうからね。都合のいい耳を持ってます。ハハハ。 DSC_8300 (590x850)
はい~、これにて《♪爺ちゃんの演歌劇場♪》は幕でございます~。 
否、否、そんな・・・木戸賃などいりません。どちらさんも足元気をつけてお帰りください。
おっと、いま少しアンコール用に準備したのがございまして、お時間のある方は続きをどうぞ。


川の方に目をやると、一人で渡り切った末弟の〇君は「どうだ」とばかり岩に話しかけています。
獅子にも似た大きな岩が「お前、良く頑張ったな」と褒めているようにも見えました。
DSC_8261 (600x428) - コピー


こうして子どもたちは、大自然から多くの事を学び、
DSC_8294 (600x399) - コピー


兄弟仲良くたくましく 心豊かに育ったのでございま~す。
DSC_8299 (600x399)


しかし残念な事にすーさん一家は、今年の夏休みの終わり、たくさんの思い出と成長記録を刻んで
この高野山・花坂を離れ、遠く日向の国の森の方に引っ越されていきました。
DSC_8288 (600x399) - コピー (2)
みなさん達者でいてくださいね~。
■宮崎での 「すーさんご一家」 の近況などはこちらでご覧ください。
■すーさんのホームページはこちらです。 
 「onamomi」 



川遊びの後、僕達は子ども達の通う【花坂小学校】に向かいました。子ども達も喜んで案内してくれました。
その【花坂小学校】の様子は次回に紹介いたします。(バシッ!まだ伸ばす気かい。)
それでは、又。お元気で。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/14(金) 00:00:00|
  2. 高野山・京都
  3. | コメント:13
<<★★★ふらっと道草 ⑦  高野山/花坂3【花坂小学校】  | ホーム | ★★★ふらっと道草 ⑤ 高野山 花坂その1  >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/14(金) 09:32:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ん~今の子供達は川で純粋に遊んでいますねぇ~・・・
私なんぞ川では魚やエビを捕るところと思って居ましたから、獲物がない遊びはしませんでした・・・
昔は手づかみで魚が捕れましたし・・・
軍手が有れば鰻だって捕れる事もありました・・・
  1. 2012/09/14(金) 11:20:20 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

この歳まで生きてきて、何が一番楽しかったかというと、それは「子育て」でした。
今日の写真の「すーさんご一家」の子供さん達を見るとワクワクします。うらやましい!!
ご両親の教育方針のもと、のびのびと自然の中で自ら学び成長する4兄弟のこれからが楽しみです。
なんか、今日は良い写真を見せてもらった感がします。
また、久々に北さんの名調子にお目にかかり、北さんここにありって、安心しました。
  1. 2012/09/14(金) 11:48:13 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~♪

うう~ん!昔、田舎で遊んだのを思い出しますね。
何も無い田舎の農家でしたから、山に川にと駈けずり
回っては、いたずらをしてましたっけ。。。でも、自然の
中で学んだ事は多かったですよ。自然は、教えてくれますよね。
楽しいことも、辛い事も。。。
  1. 2012/09/14(金) 16:51:28 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん
ありがとうございます。
お知り合いだったのですね。
喜んで頂けたようで僕の方も大変嬉しく思います。
本当に子どもらしい素直な子たちでした。
大きな自然や家庭をはじめ人的な環境がそう育てたのだと思います。

瀬戸内海・・・穏やかで美しくとても良いところです。
また、おいでください。
叶わぬ時は当ブログをお訪ねください。・・(笑)失礼しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
写楽さんは川ですか~。一種憧れです。
僕は専ら(勿論ですが)海です。
島の男子ですから自分専用のヤスを持って魚を追いかけていました。
高学年になってからはゴムの水中鉄砲でしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
「子育て」楽しかったとは・・・・
そりゃあ、そうでしょう。あの兄弟ですから。
我が家も楽しかったですよ・・・・。
そりゃあ、そうでしょう。あの子たちですから。(爆笑)

すーさんご一家の子ども達、それぞれが個性豊かな素晴らしい子達でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
ありがとうございます。
小さい頃を思い出されましたか。
本当に自然からは多くの事を学びましたね。
学校で教わらないことだから余計面白く、
ためになった・・・。(笑) バシッ!
Kenさんの所だったら川も半端じゃないくらいきれいで魅力的だったんでしょうねぇ。
川は体が濡れてもべたべたしないから、
体を拭いて直ぐにシャツが着れる。いいですね。
海水はそうはいきません。
井戸で体洗わなければシャツは着れませんでした。
それに、冷たいですからね~。水かぶる時だけは嫌だった。(笑)
だから、朝からタライに水を入れて置いて温めたのをかぶっていました。




  1. 2012/09/14(金) 23:31:27 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

讃「ふらっと道草⑥高野山/花坂2」

〇  生憎と雨もぽつぽつ降りますが川に行こうとすーさんは云う
〇  高野山彦の谷間の清流でしばし心を休めな北さん
〇  モデル料いくらか遣りなお子たちに学費の足しにはなる筈だから
〇  「行く手には淀みもあれば瀬もあるぞ」これはそのまま上の句になる
〇  激流をよく見極めて慌てずに浅瀬になっても油断をするな
〇  ターザンの真似して川でずっこけて怪我などするな!四人兄弟
〇  あっちの橋もこっちの川も手を合わせ無事に渡って笑おうじゃないか
〇  仲良しが一番しぼり持って行き川で冷やして飲めばいいじゃん
〇  「男には夢をこぶしで握り締め一人で渡る川もある」とか? 
〇  男にはあそこを拳で握り締め独りで耐えねばならぬ夜もある
〇  北さんの歌人気取りの名調子?字余りも在り!字足らずも在り! 
〇  「久々に北さん得意の名調子?」気のいいふうちゃんいつでも善人!
〇  「鰻だって軍手があれば獲れたぞ!」と我楽多さんは自慢げに言う!
〇  「おじさんは演歌みたいな爺だ!」と六年生の次男坊君
〇  すーさんと鍵コメさんはお知り合い<尻をくっ付け押し合ったりす>
〇  遙かなる日向の森へと引っ越せるすーさん一家に幸せのあれ♡♡♡♡♡♡♡
  1. 2012/09/15(土) 02:50:02 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

鳥羽省三さん
〇  高野山彦の谷間の清流でしばし心を休めな北さん
涙が流れるほどの暖かいお心遣い ありがとうございます。・笑・

行く川の流れを眺めながら吾が来し方を思い、つくづく世の無常を感じ居れば、 
無情にて煩い論評アブがブンブブンブと飛んで来ますゆえ、
清流の岩場の上で心を休める事など出来ません。 
この苛立ち、腹立たしさを如何にせむとて思案するうち一つ妙案ガ浮かびました。
≪中西元官僚さんへの論評に寄せて・・・≫
●持ち前のサービス精神発揮した君が記せし歌論を読もう!
●余りにも寄り道しすぎた説明文 読めば即刻眠れるだろう

それでも眠れぬ故、一か八かの[反歌]を詠もう

〇 「行く手には淀みもあれば瀬もあるぞ」これはそのまま上の句になる
● それがそれ「上の句」ならばこれはこれ「下の句」だよと言えるだろうか。
● 男なら誰もが夢見た夢がある 遥か昔の夢の股夢  バシッ!

〇 北さんの歌人気取りの名調子?字余りも在り!字足らずも在り! 
● 字余りも字足らずもまた良しとする このずぼらさが北さんらしい

〇 遙かなる日向の森へと引っ越せるすーさん一家に幸せのあれ ♡♡♡♡♡♡♡
●「星影のワルツ」を歌おうみんなしてすーさん一家の無事を祈りて
  1. 2012/09/15(土) 11:10:20 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こころ

北さん、こんばんは^^

いや、これは一本とられました!漱石ならば、こころ。

北さんの“こころ”を通して視た世界は、我が家の子どもたちの
頬を緩ませました。上から順に音読をしながら、スクロール…。
終わったら、四男が画面を見ながら、拍手をしていました。

数日前、草刈りをした折りに、正体不明の虫にかなりひどく
咬まれまして、痒くて致し方ないのです。こちらの虫は手強く
それも自然界の洗礼だと思っていますが、草叢にはお気をつけ
ください。いいことと、わるいこと、バランスが取れている自然界
ですが、人間だけ一方に傾いている気がしてなりません。

楽しい記事、温まるコメントに、感謝しております^^
ワルツを踊ります、股を懸けて!
  1. 2012/09/15(土) 22:50:24 |
  2. URL |
  3. すーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

 「彦谷の清流」というだけあり、きれいな川ですね。わたしは、子どものころにはこんなきれいな川では遊んだことがありませんでした。近所の川はもっと汚かったですから。しかし、子どもたちを何回かきれいな川に連れて行き、わたしも遅まきながら遊ぶことができました。そんな清流がいつまだも残っていてほしいものです。
  1. 2012/09/15(土) 23:45:36 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

すーさん
ありがとうございます。
喜んでいただけたようでほっとしました。
三男君、三枚目扱いだったですからね~。
気になっていました。何となく僕に近いかな~って勝手に思いながら編集していました。
四男君へ、「これは北さんから頼まれた分だよ」と、頭をなでてあげといてください・笑・

気安く、しかも失礼で独りよがりの人生劇場・・・
笑って頂ければ僕の気持ちも楽になります。 笑・僕も楽しくこのシリーズを終わらせることが出来ました。
先ほど明日の【花坂小学校】の編集が終わったところです。
三男君、三枚目スターから、一躍ヒーロー仕立てとなっていますよ。www
《近日上映、乞うご期待!》ってところでしょうか。・笑・

見知らぬ土地の得体の知れぬ害虫は怖いですね。
粟島はムカデぐらいでしょうか。
僕より目の不自由な愛犬(茶華)の散歩には気を使います。
鼻を地面(草むら)にを付けて歩きますからね。







  1. 2012/09/16(日) 00:09:13 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
子供たちの笑顔がすべてを表します、
私もこの様な所が好きな方です
  1. 2012/09/17(月) 14:06:00 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

尾張小牧さん
ありがとうございます。
本当に子どもらしい子どもの表情をしていました。
子どもの嬉しそうな素顔、いいですね~。

気が付きませんで、コメント遅くなり、失礼しました。
  1. 2012/09/18(火) 20:15:06 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ラムダさん太字の文
ありがとうございます。
きれいな川でしたね~。
三浦半島のは、海こそ自慢できますが川となると・・・ちょっとねえ。
平作川は・・・はえ。wwww
前田川も泳げるところはありませんねえ。
しょうがないです。
きれいな海があるので我慢しましょう。ww

コメント遅くなりました。
  1. 2012/09/18(火) 21:27:39 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示