まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

鎌倉散歩  《 東慶寺 ② 》

気の置けない旧友との話は尽きず、明るい縁側での話題は種々に及んだ。
DSC03775 (2769x2082) (600x451)


花の少ない時節だったがそれでも境内には色々な花が咲いていた。
DSC03783 - コピー (2913x1948) (600x401)


考えてみれば、コスモスにも彼岸花にも今年初めてカメラを向けた。
DSC03750 (2970x2144) (600x433)


この彼岸花、どう撮って良いものやら・・・戸惑いさえ覚えた。
DSC03785 (600x398)


望遠を持たずに遠くの花を撮るのは難しい・・・。
DSC03784 (600x451)


絞り等もう少し工夫し、バックをもっとボケさせねばいけないと反省。
これじゃあ、どこかのスーパーの新聞チラシのようでチラチラ目移りするばかり。www
DSC03799 (600x398) - コピー


これが一番狙ったイメージに近い。もう少し太陽が右に回ってくれたらなあ・・・と身勝手に思った
遠くから見た時の美しさに思わず駆け寄って撮ってみたのだが、その時の息を呑む程の美しさは表現できない。
DSC03791 (1957x2368) (599x725)


思えば、横須賀に帰ってきてからは写真を撮りに出かけていなかった。屋上から夕景を撮っただけ・・・。
我が家の庭に咲くホトトギスも「もうこの時期だなぁ」とぼんやり眺めただけで撮らずに終わった。
DSC03765 (3568x2368) (600x398)


ここは横須賀よりも寒い鎌倉なので十分に咲き残っているのだろう。
それにしても特徴のある花のつくり・・・なにか生きる仕掛けがあるに違いない・・・。
DSC03805 (2379x1785) (600x450)


・・そんな事を思いながら見ていると、何処からか仄かに甘い香りが流れてきた。
見上げると裏千家茶室の桧皮門を覆ったキンモクセイからだった。もう秋も真っ只中だ。
DSC03804 (3056x2289) (600x449)
何だい。ホトトギスの《花のつくりの秘密》を知らせてくれるんじゃなかったのかい。思わせぶった言い回しをして・・全く。


「知りたくば、自ら門戸を開け!」な~んて意地悪なこと言いません。ただ、知らないだけです。バシッ!
茶室の向かいに建つ泰平殿(仏殿)の入り口に野菊が咲いていた。
DSC03763 (600x449)


遠い昔の事・・・、春の庭先に下り、背を低くしながら薄青紫色をした「都忘れ」にそっと手を触れ、
「このが好きよ」と言っていた母の姿を思い出した。
DSC03779 (3039x2278) (600x450)


母が生まれ育ったのは新潟。越後平野を見下ろす羽生田の野山には、こんな野菊が一杯咲いていたのだろう・・。
そう思いながら、僕は母と同じ背を低くして花を観ている・・・。いつの間にか僕もその頃の母の年になった。
DSC03780 (3159x2368) (600x450) - コピー


境内のあちこちに、これも母の好きだった「シュウメイギク」が咲いていた。
DSC03808 (3150x2364) (600x450)


仏殿の本尊さんがじっとこちらを観ている。母の様でもある。   ※ 泰平殿本尊【釈迦如来坐像】( 南北朝時代) 
DSC03760 (600x800)


泰平殿を出て、墓苑に向かう薄暗い杉木立の中に「イヌショウマ」が白く輝いていた。
幾度となく通った墓苑への道だがこの花のあるのをこの日初めて知った。
目立たぬ葉や根は、いつの日も花を咲かせる準備をしてきたはず。それに気づかなかっただけ。
咲いた花ばかりに目を奪われ、支え咲かせた茎や葉や根っこに思い至らず・・。これもまた「看却下」。
イヌショウマ (1510x2017) (449x600)


 「東慶寺墓苑」  には、覚山尼、用堂尼、天秀尼など歴代住職をはじめ、西田幾多郎、安倍能成、岩波茂雄、、高見順、鈴木大拙、和辻哲郎、小林秀雄など多くの著名な哲学者、文人達が眠っている。
DSC03789 (1372x1829) (450x600)


一陣の風が谷戸を渡る。サヤヤと揺れる竹の鞘鳴りに空を仰ぐ。
DSC03793 (2232x2974) (450x600)


このまま帰るのは勿体無い空だ。《ぶらり道草》でもと思いつき寺を後にした。
DSC03788 (449x600)


この続きは次回に。それでは、また。お元気で。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/07(日) 00:00:00|
  2. 鎌倉
  3. | コメント:11
<<鎌倉散歩  《浄智寺》 | ホーム | 鎌倉散歩  《東慶寺 ①》>>

コメント

おはようございます、カメラ変えました?
其れとも 腕変えました 良い感じで撮ってるもんでつい、気に成りまして。(*^.^*)
  1. 2012/10/07(日) 10:11:30 |
  2. URL |
  3. wako #-
  4. [ 編集 ]

WAKOさん
おはようございます。
はい、「棚田」を撮ろうと思いまして、こっそり超高級なカメラを衝動買い・・・
な~んて事は有り得ません。e-257
隠れていた才能をちょっとだけ引き出してみただけ・・・
これまた有り得ない話です。無いものは出せません。e-260

「・・・木に登る」性格を見透かして、何かたくらんでいるでしょう・・・。
怪しい・・・。www
でも嬉しいな。 (バシッ!ほら、すぐこれだよ。全く。)
  1. 2012/10/07(日) 11:34:11 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは 

なんかどれをみても いい感じに撮れてます
1枚目の写真が心にきました 飽きませんね
隠れて腕をみがかれましたね
  1. 2012/10/07(日) 14:22:37 |
  2. URL |
  3. yoreyoreman #-
  4. [ 編集 ]

yoreyoreman さん
おはようございます。
日替わりメニューで今日は又爽やかな秋空が広がっています。
寺に出かけたのも今日のような天気でした。
1枚目の写真・・・この日当たりの良い縁側は好きなコーナーです。
ここに座布団でも敷いて、うとうと居眠りでも出来たら最高だろうな~と思います。(笑)
  1. 2012/10/08(月) 09:14:40 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですかぁ~・・・
北さん、腕変えましたかぁ~・・・
通りで写真が良いはずだ・・・
  1. 2012/10/08(月) 15:40:31 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
お母さんのことを思い出されていたのですね、
(この彼岸花、どう撮って良いものやら)の写真の所は後ろボカシが利いてよいと思いましたが・・・、
  1. 2012/10/08(月) 15:55:57 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

 ようやく秋になったという気がしてきました。
 どの花もきれいですね。イヌショウマという花は、名前も知りませんでした。バックが暗い分、いっそう輝いている感じですね。そういえば、ことしは彼岸花をほとんど見ていない気がします。
 先週は、日光修学旅行の帰りの電車を何回か見かけ、懐かしく思い出しました。
  1. 2012/10/08(月) 16:39:21 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうございます。
殆ど家から出なかったので、カメラ持って出かけたのは久しぶりでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾張小牧さん
折角咲いているのだからと彼岸花の前にしゃがんでしばし呆然・・・
何の考えもなしに撮ろうとじゃがんで・・・
はて・・どう撮るんだい?って本気でそう迷いました・笑・
とりあえずどんな感じに撮れるのかな・・と1枚目は何の工夫も無く撮ったものです。・笑・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラムダさん
イヌショウマは、さほど珍しい花ではなく日陰の林などに自生していますが、
どちらかといえば目立たない花なので見過ごされてしまう花です。
でも、良く観るととても良い花です。人も同じですね。
目立たなくても隠れた才能を持った人は沢山います。その力を見出し、育てるのがラムダさんの仕事。

》そういえば、ことしは彼岸花をほとんど見ていない気がします。
きっとどこかで見ている筈なのだけれど強く印象に残っていない・・・だけでは。・笑・
《見てはいるけど観てはいない》僕達の日常生活の中ではこのような事が沢山ありますね。
「花を見て花を観ず」なら許されますが「人(児童生徒)を見て人を観ず」はいけません。
最近、学校でのいじめのニュースを見るたびにそんなことを思って心を痛めています。



  1. 2012/10/09(火) 17:02:22 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

鎌倉に行かれてましたか、近くで良いですね。
やっぱり京都、鎌倉、奈良。。。行きたいところ
ばかりですよ。お体の具合は如何ですか?!
無理せずにマイペ~スで行きましょうね。私も
今月後半は、山に登りたいですが、どうかな!
先日、『旅サラダ』で北山たけしさんが剣山に
取材で登ってまして、土曜にテレビ放送されて
ました。それ見て、またムズムズします(笑)
  1. 2012/10/09(火) 23:13:01 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

「鎌倉散歩《東慶寺②》」に和す

〇  竹籠にドライフラワー 旧友との話の中身は湿り帯びがち
〇  花の名と小鳥の名とのホトトギス俳句結社もまたホトトギス
〇  どう撮ってみても所詮は彼岸花 赤と白とのコントラストだけ
〇  「秋桜花」は歌のタイトル往年の山口百恵のヒット曲だよ
〇  Kenさんが剣山の話などしちゃっとる洒落もいいとこ中身はどうでも
〇  「一陣の風が谷戸渡りサヤヤと揺るる竹の鞘鳴り」
〇  「咲いた花ばかりに目を遣りて支え咲かせた樹をば思はず」
〇  「墓苑に向かう薄暗い杉木立のなかイヌショウマが白く輝いていた」
〇  哲学者・文人達は眠らない墓苑の土に眠れるお骨
〇  仏殿の本尊様が睨んどる「北さん、仏道修行に励め!」
〇  見ていても観ていないのはカメラだけ北さんなどは看ていた方さ      
  1. 2012/10/10(水) 12:20:22 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Kenさん
ありがとうございます。
剣、又行きたいですね~。
今度こそ頂上からわが瀬戸の海を・・・
北山たけしさんも歌っていますからね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三さん
東慶寺①と併せて、ありがとうございます。www
お蔭さまで最近は僕も五七調で色々観るようになったのかしら

よくもまあ、時間のないのに良く読んでいること・・・www
それがまあ生業といえば生業だけど、金にならない生業だけど。www

今、粟島に戻っていますが、帰ったら又美術館めぐり楽しみにしています。
それまで風邪など引かずに達者でいてください。



  1. 2012/10/10(水) 15:53:19 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (45)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示