まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★横須賀/立石

三浦半島の西側、相模湾に面するこの辺り一帯は 温暖な気候と景勝地として知られています。
この《立石》は、鎌倉~逗子~葉山(御用邸)~長者が崎~子安~秋谷~佐島~三崎~城ヶ島ドライブコースの中程に位置する「立石公園」の海中に聳え立っています。
安藤広重が浮世絵「相州三浦秋屋の郷」を描いた景勝地としても知られています。
DSC05147 (600x398)
■ 広重の浮世絵には《立石》を中央に、左に富士山、右 に立石公園の「梵天ヶ鼻」と呼ばれる松の美しい岬が描かれています。※資料1参照



ここ立石公園のシンボル《立石》と呼ばれるこの奇岩は、約2500万年前に海底に積み重なってできた地層が固まり、長い間波に削られ続けてこのような形になったものだとか。高さ12m、周囲約30m程もある大きな凝灰岩だそうです。
DSC05127 (600x450)


ここは富士の見える夕景が有名で、天気の良い日の夕刻などは早くからずらりと三脚が並んでいます。
今日は薄曇りでしかも日没寸前。道理で空いているはずです。お陰でゆっくり撮れました。(バシッ!負け惜しみですか?)
DSC05125 (600x450)


この相模湾の沖には遠く ハワイが  伊豆大島が見えるはずですが・・・残念。伊豆半島も見えません。
DSC05134 (450x600)


本当は、ここに伊豆半島、富士山が美しいシルエットを見せるはずですが・・・。これじゃあ仕方ないですね。
DSC05141 (600x398)


このままでは皆さんに失礼なので、浜に下りて波でも撮って誤魔化しますか・・・。バシッ!
DSC05144 (600x398)


これが真冬だったら、さすがの温暖の地でも寒くてのんびり写真なんて撮っていられません。
DSC05148 (600x398) (2)


何千何万年もの間、寄せては返し、返しては寄せての繰り返し・・・。やっぱり、
DSC05150 (600x398) (2)


きりがないので 帰ります。 (バシッ!)
分別ある年寄りが(中には例外も・・)風邪でも引いたら笑い者にされるだけですからね~。
DSC05146 (600x398)


この冬、天気が良い日に通りかかって、運が良ければきれいな風景をお届けします。
それでは、又、お元気で。 クション! 風邪かな?

***************************************************
■資料1、安藤広重の描いた浮世絵『相州三浦秋屋の里』 NO,75をご覧下さい。
■■ 資料2、 「相州三浦秋屋の里」  。※江戸の頃はまだ陸地に立っていたのかな?
FCA-309[1]

■※緊急報告です
今日24日~25日まで、池袋サンシャインビルで全国の離島が集まる祭典 「アイランダー2012」 が開催されます。
勿論粟島が参加しなければ始まりません。(ちょっと言い過ぎでしたかね)粟島も遠慮がちに参加していますよ。
NO17(休憩コーナーの隣)が粟島コーナーです。お出かけください。(旅費、食費等は個人負担ですが・・
勿論、僕も応援に行きます。一番、かっこいいお爺さんを見つけたら「北さんですか?」と声をかけてください。
恐らく、「人違いではありませんか」の返事が返ってくると思いますが・・・。www
スポンサーサイト
  1. 2012/11/23(金) 00:00:00|
  2. 横須賀
  3. | コメント:11
<<横須賀「走水の夕景」 | ホーム | 富士山遠望>>

コメント

まさに絵になる景色ですね~♪
今回もニヤニヤしながら楽しく読ませていただきました。
  1. 2012/11/23(金) 08:52:36 |
  2. URL |
  3. 九ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

安藤広重などの有名人が浮世絵などの題材に選べられる景色の処は有名ですからねぇ~・・・
四国などは有名人が題材に選ぶなんて事は全くありませんから、全くの無名の景勝地ばかり・・・
本当にマイナーな景勝地ばかりです・・・
  1. 2012/11/23(金) 12:08:47 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

良い所ですね
天気良さそうに見えますがダメだったんですね~
残念でした^^
  1. 2012/11/23(金) 14:25:18 |
  2. URL |
  3. あきゅら #-
  4. [ 編集 ]

九ちゃん さん
ありがとうございます。
九ちゃん さんが山なら、僕は海で・・・www
な~んちゃって、端から勝負にはなりませんが。
ここは絵葉書みたいな景色です。
天気が良ければ常連のカメラマンをはじめ大勢のカメラマンが来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
広重ならずとも誰もが絵を描きたくなるようなきれいな景色です。
四国も多くの芸術家が沢山お気に入りの景色を描いていますね~。

粟島にもここに負けないような場所は一杯あります。
ただ、高名な画家が来てくれないだけです。e-260
宣伝が足りないのかなあ?www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あきゅらさん
ありがとうございます。
ここ三浦半島相模湾側の県道134号線はドライブコースとして最高ですよ。
ただ、逗子~葉山間の一部は以前からの道で狭いですがそこを抜けたら僕でも楽々ですから
あきゅらさんだったら目を閉じて運転しても大丈夫な位です。www

明日から池袋で開催される「アアイランダー2012」 (上記参照)「粟島」もコーナーがあります。
実は張り切りすぎて、今日出かけてしまいました。e-447 ??
途中、嫁さんから「お父さん、明日からですよ」との連絡が入り、
蒲田からすごすごUターンして帰って来ました。どっと疲れが出ました。e-260





  1. 2012/11/23(金) 18:36:27 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

風邪ひいてしまいました

夜勤帰り 白鳥に逢いに・・・
天気は良かったのですが 寒かったです
家に帰り お風呂でぬくもり 寝たのですが
起きたら風邪でした

  1. 2012/11/23(金) 18:40:32 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #U4sqHcGI
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
シンボル《立石》と呼ばれるこの奇岩がとても
印象的です、
  1. 2012/11/23(金) 20:13:10 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。
夜勤明けだと寝不足の上一番冷え込む時間帯ですからねえ。
それに寒さも忘れての撮影ですから・・・・。
お大事になさってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尾張小牧さん
ありがとうございます。
日本海や北海道等で見られるような奇岩です。
なぜここにこんな岩が一つだけ・・・と奇異に思います。
  1. 2012/11/23(金) 20:54:03 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

何千万年も見続けている北さん 凄い(笑)
海はどこの海も良いですね、また気がついたら訪問します(^_^;)
  1. 2012/11/24(土) 09:30:05 |
  2. URL |
  3. wako #-
  4. [ 編集 ]

wako さん
おはようございます。
》何千万年も見続けている北さん・・・
凄いでしょ。ずっと見続けているので目もしょぼしょぼです。どうにかしてください。www

目と言えば、「飛蚊症」と視野の隅に稲妻のような光が走る「光視症」が激しくなってきたので 癌科 眼科へ行ったら今のところ手術する必要は無く経過をみていきましょうとの事でした。
PCでしらべたら、
【目の前に、きらきらとした稲妻のような光が見える「閃輝(せんき)暗点」片頭痛の前兆として知られているが、慶応義塾大学病院(東京都)眼科の大出尚郎氏は「脳循環障害が原因で起こる場合があるので注意を」と警告する。】
の記事を見つけました。
偏頭痛は若い頃からの持病で然程気にもしていなかったのですが、心配になってきました。
(今更って気もしますが・・・www)
まっ、瀬戸内や東京湾をの~んびり眺めていれば良いのでしょうが、
PCやったりつまらん本を読んだりするから治らないんでしょうねえ。しょうがないです。www
今日はこれから池袋です。上記の「離島の祭典」の応援です。

 
  1. 2012/11/24(土) 10:13:45 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん B4位の白い紙と方眼紙を壁に貼って、白い紙は一点を見つめて飛蚊症とか黒い黒点が無いか時々チェックして下さい、方眼紙は真っ直ぐ見た時線がイガンダリ、波打って無いかチェックして下さい、時々ね。(*^^*)
  1. 2012/11/25(日) 09:29:19 |
  2. URL |
  3. wako #-
  4. [ 編集 ]

wako さん
ありがとうございます。
やってみます。
  1. 2012/11/25(日) 23:19:55 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (45)
城の山より (10)
西浜 (21)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (107)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (39)
家族 (20)
お出かけ (101)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (27)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (34)
香川のお寺や神社 (100)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示