まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

「アイランダー2012」  ~ 全国離島の祭典 ~

 今年も、全国の島々が集まる祭典「アイランダー2012」が開催されました。
      ~聞いてみよう!島のくらし 話してみよう!島のじまん~
pr_image_file_name1_1351237142[1] (428x600)
と言うことで「池袋」の街へ出かけてきました。


この催しは国土交通省が、「全国の島が一体となって島のもつ自然・歴史・文化・生活などのすばらしさをアピールし、交流人口の拡大、UJIターンの促進を図り、離島地域の活性化に資する目的で行う「離島」と「都市」との交流」を目的とした事業です。
DSC05453 (600x384)


北は利尻島から、
DSC05452 (600x409)


南は、沖縄諸島までの島々が集まり、島の生活や観光スポットなど、現地直送の情報を発信しています。
DSC05457 (600x327)


鹿児島の「甑島」も参加されていたので、 「甑島フルーツ園」 さんもお見えかなと立ち寄ってみましたが、
残念な事に海産物だけのブースでした。
※ 大勢のお客さんが集まってましたが、たまたま写真を撮る時には人がいませんでした。
DSC05459 (600x389)


うどん県、否、香川県からは、観音寺市の沖に浮かぶ《いりこ》で有名な島「伊吹島」と、
(※ 景気の良い頃、一シーズンで百万円ものアルバイト料を稼いだ高校生がいたとの話を聞きました。)
DSC05451 (600x398)


我が故郷、海国日本を支えてきた船員の島「粟島」が参加しました。
三豊市職員のIさん、ブイブイ人形や花畑で知られているえっちゃん、 「ル・ポール粟島」 の支配人さん、香川高専・詫間キャンバスの学生さん、それに香川県伝統工芸士 神内俊二さん達がそれぞれの分野で粟島の素晴らしさ等を説明されていました。
DSC05455 (600x377)


このイベントはお客さんに島を知って貰う為のアピールだけでなく、こうやって他の島の人たちとも互いのブースを訪ね合い情報交換をしながら交流を深め合っていました。
DSC05473 (600x398)


この島の方たちは、《鬼瓦讃岐うどん器》(珍しい瓦のどんぶり)にも興味津々で器を購入されていました。
DSC05481 (600x436)


粟島のブースを訪ねて来られたお客さんは、人気のブイブイ人形と一緒に記念写真撮られていました。
写真は香川高専詫間キャンパスの学生さんが撮り、その場でプリントして進呈していました。
以前ブログでも紹介した讃岐装飾瓦職人 神内俊二さんの指導の下で粘土の工芸体験をする子どももいました。
DSC05468 (600x450)


父親と訪れたこの兄弟は、仲良く粘土の「握り地蔵」を作っていました。
その横では、《乾燥海ほたる》の発するコバルトブルーの光を見て、歓声を上げているお客さんもいました。
DSC05470 (600x395)


こちらは、香川高専・詫間校(全国ロボットコンテストで複数回優勝)の生徒さんが作った《お掃除ロボット》で遊ぶ兄弟です。
DSC05478 (600x433) (2)


春、夏、秋の休みには、家族や友人達と誘い合わせ、自然豊かな粟島を訪ねて来られ、思いっきり楽しんで欲しいなと思います。
RICOH 132 (600x502) (2)


来年は、この粟島も 【国際瀬戸内芸術祭2013】 の会場の一つになっています。
この見事なスクリュウの形をした粟島は、既に島そのものが神(自然)の手による芸術作品だと僕は思っています。
粟島全景 (2) (600x360)


このように熱気あふれる「離島の祭典」でしたが、何か物足りなく寂しく思うことが一つありました。
それは、ブイブイ人形や 「ターシャチューダ」の花園を思わせる《えっちゃんの花畑》とともに、
えっちゃんの花園 (600x411)


《海ほたるの島》として粟島を広く知らしめてくれたあの 《海ほたるおじさん》  の姿が見えなかった事でした。
《海ほたるおじさん》は、このイベントにおいても、これからの島にとっても居なくてはならない人でした。
海ほたる1 (600x399)


これからは、暗い闇を照らす幻想的な光となって、粟島の行く末をずっと見守ってくれるだろうと思います。
《海ほたるおじさん》は今年の夏、《海ほたる》となりました。
1_20110604115033[1] (600x399)


会場を出た僕は、《海ほたる》にも似た東京の夜景を見ようと都庁の展望台に向かいました。
ところが、午後六時頃にあった大きな地震の為に山手線がストップ。駅員さんに聞きながら埼京線に乗り換え新宿まで行き、今度は長~い長~い、果てしなく長い地下道を通ってやっと都庁にたどり着きました。
ほっとして、前を見ると何とまあ・・・長蛇の列。ありゃ~!と思ったけれど、折角だから並んでいたら、
何たる事、こちらも地震でエレベーターがストップしたままとのこと。
仕方なく新宿駅まで戻り、一休みしようと8Fレストラン街へ行ったらこれまた店外まで椅子を並べて待っている始末。
あきらめて帰ろうとエレベーターホールへ行くと窓から外が見えた。写真を撮ろうと構えたらバッテリー切れの合図です。
騙し騙ししてやっと撮った最後の一枚がこれです。全く踏んだり蹴ったりです。
DSC05484 (600x376)


品川まで戻り、京浜急行に乗り換えれば家に帰れます。やれやれと思ったら、今度は京浜急行が大森辺りでストップ。
地震の影響でダイヤが大幅に乱れているとの事。池袋、新宿の人混みに酔い、混んだ電車で酔い・・
家に着いた時はへとへとでした。とんだ帰路になってしまいました。やっぱり僕は都会派ではないなと思いました~。www
それでは、又。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/28(水) 00:00:08|
  2. 東京
  3. | コメント:14
<<《都鳥》 | ホーム | 横須賀「走水の夕景」>>

コメント

おはようございます。

ご無沙汰しております。
お元気ですか?
ひさしぶりにお邪魔させていただいたら、
「アイランダー」の話題だったので、
とっても気になって読ませていただきました。
海ほたるおじさんもいつも参加させていただいて
いたので、私もとっても気になっていたから
様子を知る事ができてとてもうれしかったです^^
(このタイミングで北さんのブログにお邪魔した
のも海ほたるおじさんの仕業かもしれませんね^^;)
皆さん楽しそうでよかった。
Iさんやえっちゃんもほっとしたことでしょう。

来年の瀬戸内芸術祭も楽しみですね。
北さんも写真を撮りにまた帰ってきてくださいね^^
島が元気になること。それが海ほたるおじさんの
願いでもあると思います。きっといつも私たちの
そばで見てくれていると思うから☆
北さんが島の魅力を写真で伝えてくださっているように
私もいつか島のためになることができたらな〜と
思っています。

地震の影響に巻き込まれ大変でしたね。。。
お疲れになったでしょう。
寒くなってきましたので、お体ご自愛くださいね^^


  1. 2012/11/28(水) 08:23:17 |
  2. URL |
  3. 海ほたるおじさんの家族 #kyPNYYeY
  4. [ 編集 ]

「アイランダー2012」、大都会の中で粟島がどんな形で紹介されるのか楽しみにしていました。
なのに抜けられぬ所用の為行けず、北さんの写真紹介を楽しみに待っていました。
が、見ているうちにだんだん淋しくなってきました。
それはやはり、「粟島」といえば、そこに居なくては始まらない「海蛍おじさん」が居ない事に気がついたからです。
「海蛍おじさん」の存在は大きかったですね〜〜
なんかその会場のどこかで「よう来たな、待っとるぜ〜」と呼びかけている声が聞こえてきそう。
粟島の為に活躍した「海蛍おじさん」の後は北さんの出番です。
「写真家島じい」として粟島の顔となり、その愉快な文言つき写真絵巻、待っておりますぞ〜〜
  1. 2012/11/28(水) 11:17:06 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

海ほたる叔父さんは海ほたるになりましたかぁ~・・・
跡を継ぐ人は居ないんでしょうかねぇ~???
まぁ~生前から指導を受けないと無理かも知れませんが・・・
そう言う伝承が上手く行かないから島が錆びるのかも知れませんねぇ~・・・
若い人が残れる産業もないですし・・・
しかし、都会という所は地震一つで混乱する物なんですねぇ~・・・
私も都会には住めそうに有りません・・・
  1. 2012/11/28(水) 13:19:25 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

北さん  こんにちは~

甑フルーツ園を載せて頂きまして、ありがとうございます。

そして、甑島の馬場水産さんのアップ、嬉しかったです。

来年は、パッションフルーツのジュースを持って行けるように頑張ります。

粟島の事は、親近感が湧くのですよ。同じ島だからでしょうか・・・?

今は、都会の人、北さん 寒くなりましたね。

風邪にお気をつけてお元気でお過しなさってくださいませ。

ありがとうございました。 
  1. 2012/11/28(水) 16:03:41 |
  2. URL |
  3. パッション娘 #-
  4. [ 編集 ]

海ほたるおじさんの家族 さん
ありがとうございます。

》(このタイミングで北さんのブログにお邪魔したのも
海ほたるおじさんの仕業かもしれませんね^^;)
きっとそうだと思います。

いつもは粟島にいる時期なので応援に行けなかったのですが、
今年はこちらに帰ってきているので楽しみに出かけました。
でも、やっぱり《海ほたる》おじさんがいないのは寂しかったですね~。
あの明るく洒脱な語り口は、誰にも真似できません。

来年の「国際瀬戸内芸術祭」そのレイアウトが未だ僕には分かりません。
それにつけても健在だったら・・・とついつい叶わぬことを考えてしまいます。
「海ほたるおっさんの家」も島に来られた方に見て頂きたいですね。

寒くなりました。寒いところですから健康には十分留意されお仕事の方、お励みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
やはりいるべき人がいないと寂しいですね。
「離島の祭典」、それぞれの島出身者が自分の故郷の島を訪ねているのでしょうか、
どのブースを覗いても、懐かしそうにまた、親し気に話をしていました。

》粟島の為に活躍した「海蛍おじさん」の後は北さんの出番です。
「写真家島じい」として粟島の顔となり、その愉快な文言つき写真絵巻、待っておりますぞ〜〜

余り年寄りをからかうものではありません。
おだてても出るのはせいぜい《咳一つ》が関の山です。
 〇 尾崎放哉 「咳をして ひとり」
 〇 山頭火  「からす鳴いて 私もひとり」
 〇 魯直   「おだてても 出るのはコンと咳ひとつ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
《海ほたる》は「ル・ポール粟島」の支配人さんが奮闘中です。

都会は文明の恩恵に浴して便利で暮らしやすいですが災害には弱いですね。
それに人間関係が地方に比べ希薄ですからね~。
特に電気、水道がストップしたら終わりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パッション娘さん
ありがとうございます。
会場案内で「甑島」の所在を見つけたときは嬉しかったですね~。
楽しいイベントですから県や市の観光課等に問い合わせ是非検討してみてください。
大勢の方々に島の存在を知って貰えますからね~。
東京近郊に住まわれている方もきっと来られると思います。



  1. 2012/11/28(水) 18:25:24 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい

北さん 元気そうでなによりです。


粟島に行った時の事を楽しく思い出しました。
とっても良い空気感がある島でした。


軽トラックの荷台に乗って島をドライブした事を懐かしく思い出されます。


『海ほたるおじさん』が海ほたるに・・・・・
明快でユーモアたっぷりのお喋り楽しかったなぁ。
蟻が海ほたるを運んでいく様の話で大笑いをしたっけ・・・
残念ですね。


是非また、北さんお勧めの粟島に遊びに行きますね。
  1. 2012/11/28(水) 20:03:16 |
  2. URL |
  3. O家母 #-
  4. [ 編集 ]

O家母 さん
ありがとうございます。

お久しぶりです。Mさん元気で頑張っていますか。
宝塚界隈を走る時など、「この近くで頑張っているんだな~」って
いつもわき見運転しています。(危な!)www

粟島・・・思い出していただき嬉しいです。
そういえば、《海ほたるおじさん》とBQしながら飲みましたね~。
思い出しました。あの時も楽しい話に花を咲かせました。
今度来られた時は《大人の隠れ家》見せてもらいましょう。
きっと《海ほたるおじさん》の奥さんも喜ばれると思います。
  1. 2012/11/28(水) 23:17:37 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さん レポートありがとうございます
なんだかもう私の手から離れていったい出来事のように感じます
たくさんの思いはあっても日々いろんな歴史が刻まれ過ぎ去りし日は過去へと移っていく
新しい人たちで新しい粟島の魅力を演出していくべきだと私は思います

私は私なりにずっと思い出の島として粟島を紹介していくつもりです
椰子の木がこれでもかっていうぐらい大きくなったときもう一度訪れてみようかな?

  1. 2012/11/29(木) 11:57:48 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

ふうさん
ありがとうございます。
例年こんな感じなのでしょうか。
何しろこの時期こちらにいるのが初めてだったので行くことができました。
と言っても、何のお役にも立てず・・単なるお客さん・・・。
何でもそうですが、地域の催しとか行事への参加・・・
立ち位置とか距離感、・・・微妙ですね。
主催者、参加者は自分に何を求めているか、
その場の立ち居振る舞い・・・非常に気を使います。
気持ちはあっても、出てはいけない、目立ってはいけない・・。
結局、マイナス面ばかりに気を使って・・・。
性格だからしょうがないですけどね。
  1. 2012/11/29(木) 18:30:58 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

大変な思いをされたんですね
お疲れさまでした
それでも 最後にこんな美しい写真が撮れたんですから
神様は見捨てなかったってことですよ
本当に ご苦労様でした
粟島の素晴らしさが イベントを通じて たくさんの人たちに伝わるといいですね^^
  1. 2012/11/29(木) 20:22:34 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケ さん
ありがとうございます。
新宿や池袋なんて殆ど行かな2,3回しか行った事が無いのであの雑踏には目が回ります。
自分の意思、ペースで歩けないのは非常に疲れます。
今回はその上、地震で山手線がストップ。他の路線は動いているのですが乗り方が分からず・・・。
ようやくたどり着いた都庁舎ですが、展望台にもいけず・・散々でした。
悔しいから翌日の日曜日、都庁の展望台に再挑戦使用と思ったのですが、
乗り過ごしてしまい、仕方なく浅草まで行ってしまいました。
それが、今日の《都鳥》になったのです。www
都会の夜景もきれいですが僕はやっぱり自然の美しさの方が良いなと思います。
  1. 2012/11/30(金) 16:58:44 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

あっ、えっちゃんが!
こういう働きって大事ですね。
私もふうさんがおられなかったら粟島とは出会っていませんでしたが、地道に伝えるって言うことで少しでも何かが伝わるといいですよね。
  1. 2012/12/01(土) 08:45:23 |
  2. URL |
  3. るるる #-
  4. [ 編集 ]

おはよう、ございま~す♪

へえ~♪凄いですね。こんな催しが開催されてたの
ですかあ~!また、島への関心を持たれた方が島へ
訪れ、そして島に感動を貰って帰るのでしょうね。
私も粟島に初めて行って一番感動したのは、海ほたる
でしたね。もう一度、生きてるうちに拝見したいですね。
海ほたるおじさんが海ほたるになった。。。。残念ですね。
そうそう、帰りは何だか大変のようでしたが、大丈夫ですか?
思いもよらぬ出来事に遭遇・・・。大変でしたね!
  1. 2012/12/01(土) 09:24:51 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

るるる さん
ありがとうございます。皆さんお元気ですか。
寒くなりますから、風邪等ひかさぬようにね。

えっちゃんも元気に活動されていました。
今では島一番のセールスウーマンですからね~。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ken さん
ありがとうございます。
この時期僕はいつも粟島ですから今年初めて行ってみました。
なかなかの盛況でびっくりしました。
粟島のブースも大人気で、嬉しく思いました。

帰りね~。慣れぬラッシュに頭もくらくら・・・。
人混み、乗り物やはり苦手は治っていませんね。
やはり都会は疲れます。と、いいながら翌日は浅草へ・・・。www
都会の良さもありますが、
やっぱりこの年になると、のんびりした粟島や横須賀が一番です。
  1. 2012/12/01(土) 19:53:30 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示