まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

【靖国神社】  1

「靖国神社」の大鳥居です。
 ♪ 空をつくよな 大鳥居   こんな立派な おやしろに
     神とまつられ もったいなさよ   母は泣けます うれしさに ♪    「九段の母」   唄・ 二葉百合子     
DSC05844 (600x489)
前々回紹介しました「北白川宮能久親王」は、皇室初めての殉職者で、護国の英霊 246万6千余柱とともに靖国神社本殿の祭神の神座に祀られていることは案外知られていないようです。
・・・な~んて偉そうに言っていますが、実はそれを知ったのは数年前でした。

資料■  【靖国神社】 


大鳥居をくぐると正面に「大村益次郎」(前回の記事参照)の銅像が見えてきました。
その奥に第二鳥居、神門、中門鳥居、拝殿、本殿と続きます。
DSC05846 (600x398)


僕は昔から道の真ん中を歩くのが何故か気恥ずかしく、いつも端っこを歩く癖があります。
そうい言やあ、人生もそうでしたね~。そう、♪《傷だらけの人生》・・・ww
DSC05847 (451x600)


「ごめんなすって。あっしにゃ表通りは眩しすぎます。やっぱり日陰の裏街道が似合っております。」
気がつくと今日も背を丸め、無意識に参道脇の横道を落ち葉を踏みながら拝殿の方へ向かっていました。www
と、言いながら実は銀杏を探していたりして・・・。バシッ!DSC05848 (600x398)


《 をちこちにわかれすみても国を思ふ 人のこころぞ ひとつなりける 》 
明治天皇御製の歌が正面拝殿横に掲げられていました。
えっ?どんな立場で参拝したかって?前都知事だったら「君、《朝日》だろ。そんな馬鹿な質問するんじゃないよ!」
って、怒るだろうねぇ。www えっ?僕ですか?僕は・・・、
勿論《私人》としてです。wwww 何か文句ありますか?  (バシッ!お前、そんなに偉いか?それに開き直ってどうする)
R0012186 (600x450)


はい、そうでした。《靖国・領土問題》の話は不愉快になりますから止めましょう。 ここはそんな場ではないですしね。
それにしても《靖国の桜》は根深く複雑に絡み合っています。解きほぐすのは容易じゃないですね。(バシッ!まだ言ってる)
R0012204 (600x450)


気分を変えて他の話を。この日、僕達はもう一つ美術展を見る為に渋谷へ行く事にしています。
その為、戦没者の遺書や遺品等が展示されている「本殿」横にある「遊就館」には入館せず、
その奥にある小さな庭園に立ち寄りました。ここまで来る人は少なく、一休みするのに良い所です。
R0012192 (600x450)


又、この庭園の紅葉もこんなにきれいです。この庭園の様子は次回にお届けします。
R0012189 (600x487)


それでは、また。お元気で。
  **********************************************
「九段の母」は、年老いた母親が神として祀られた我が子に逢う為、「靖国神社」を訪ねた時の歌です。
この歌は♪「岸壁の母」同様、我が子を思う母を歌ったものですが、戦死した父を思う子を歌ったものがあります。
♪「母さん作った日の丸べんとう 一人食べ食べ汽車の旅 夢で見ていた東京の町を
    地図を頼りに九段まで 逢いに来ましたお父さん」♪
 ♪「逢いに来ました お父さん」♪  
父を戦争で亡くした(当時乳飲み子だった)少年が、地図を頼りに父の祀られている「九段」まで逢いに来るという歌です。
「九段の母」同様にその情景を思い浮かべると胸にじんと染み入ります。

因みにこの歌を歌っている少年は、郷里「粟島」のすぐ隣町「仁尾 」の出身で当時14歳だった「三宅広一」です。
僕より一つ年下で、昭和32年「鐘つき小僧」でデビュー。翌33年にこの歌が発表されました。
今は、岡山等でカラオケ教室を開いているとか・・・。探していたら、その映像が見つかりました。
天才少年と言われた頃の澄んだ高音と、70近くなった今の歌声とを聞き比べて下さい。感慨深いものがあります。
 ♪「逢いにきました お父さん」♪   ←現在の「三宅広一」さんの歌です。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/03(日) 00:00:00|
  2. 東京
  3. | コメント:7
<<【靖国神社】 2 | ホーム | 【北の丸公園】~【靖国神社】>>

コメント

こんにちは

靖国神社・・・いろいろな問題も含んでいる場所ですが・・・
日本の未来のために命を落を落とされた方々に
北さんの写真を通じて 拝みたい気持ちです
イチョウも 紅葉も とても美しい場所なんですね
和風庭園の続きも楽しみです^^
  1. 2013/02/03(日) 15:54:18 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

恥ずかしながら、私は靖国神社その周辺には何度も行っていながら、鳥居をくぐったことがありません。
たまたま今、百田尚樹の「永遠の0(ゼロ)」という戦争小説を読んでいます。
感動しながら人間とは、戦争とは、何なのかを考えながら読み進めています。
読み終えたら多分、靖国の鳥居をくぐろうと思うに違いありません。
それから三宅広一氏の「逢いにきました お父さん」、ききましたよ〜〜
「鐘つき小僧」や「おらの母ちゃん どこだろな」もついでに聞いてみました。
兄ちゃんにもらった13歳の三宅広一君のテープ、もうすり切れる程ききました。しょうがないから、今はyoutubeできいています。
  1. 2013/02/03(日) 16:47:05 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ユウスケ さん
ありがとうございます。
近い国だけにいろいろあって嫌ですね。
今の子ども達にまでこんな嫌な思いはさせたくないですね。

横浜の日本大通り、神宮外苑の銀杏もいいですが、
靖国の銀杏も見事です。
最後の紅葉も葉が小さくてとてもきれいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
機会があったら是ほお参りしてください。
伊勢神宮、明治神宮、靖国神社等は勿論、
近くの神社仏閣にお参りするだけで気持ちが
す~っと洗われるようで気持ちが良くなります。

僕もこれらの歌のレコードをお兄さんから貰いました。
粟島でもその78回転のSPレコード聞く時がありますよ。
ところで、Y兄さん元気ですか?
一寸体調を悪くされたと聞いていますが、Y兄さんの事だから
そのうち元気な姿でひょっこり現れるかもしれませんねえ。
お会いしたらよろしくお伝え下さい。

  1. 2013/02/03(日) 21:42:18 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

おはよーございます。

徳島も7,8年前に旧靖国神社が移転新建設されました。
本家の迫力はありませんが、でも5枚目の正面からの
光景は似てます。東京には数十回行ってますが、
参拝した事はありませんね。徳島で済ませます!(笑)
また、今週は冷え込んできましたが、お体に気をつけて
下さいね。
  1. 2013/02/04(月) 09:06:05 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

靖国神社へは私も「私人」で参拝しました・・・
>背を丸め、無意識に参道脇の横道を落ち葉を踏みながら拝殿の方へ向かって居る人を写しているのが北さん???
それとも
>背を丸め、無意識に参道脇の横道を公孫樹の落ち葉を探しているのが北さん???
  1. 2013/02/04(月) 11:47:05 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/02/04(月) 14:39:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Kenさん
ありがとうございます。
徳島の護国神社でしょうか?
東京に数十回も・・・かなりの東京通ですね。ww
僕は何回行ってもおろおろします。www
今日は又寒くなったので早寝をします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
》>背を丸め、無意識に参道脇の横道を落ち葉を踏みながら拝殿の方へ向かって居る人を写しているのが北さん???

写真撮る振りして銀杏探しているのが僕です。
傷だらけの人生を歩いてきたケチな野郎でござんす。www



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鍵コメさん
ありがとうござんす。
あっと、ついつい昔の本性が出まして・・・。e-351失礼しました。
ありがとうございます。

》気温17度、室温22度、暖房なしです。
寒がりですから、飛んで行きたいくらいです。

三宅広一さんの歌の聞き比べまで・・・わざわざありがとうございます。
「鐘つき小僧」の歌などは今でも夕日を眺めながら口ずさんでいることがよくあります。

僕の若い頃の写真を見た・・・? 
それって、裕次郎の写真と間違っていないですか?www

 

 
  1. 2013/02/04(月) 18:37:09 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示