まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

【靖国神社】 2

靖国神社拝殿裏にある【神池庭園】は明治の初めに作られた回遊式の日本庭園です。
R0012199 (600x450)


ここにはこの「靖泉亭」と、
R0012191 (600x439)


こちらの「洗心亭」の二つの茶亭があります。
資料■ 靖泉亭は昭和33年(1958)、洗心亭は昭和36年(1961)にそれぞれ建てられた茶室です。両茶室とも平成12年(2000)から平成13年(2001)にかけて修復工事が施されました。
R0012197 (600x449)


庭園は、神社周辺の喧騒がうそのような静寂さで心も安らぎます。
 ガラス窓に写り込んだ紅葉を撮ろうとしたのですが・汚!・・。きっとカメラのせいだと思います。(バシッ!) 
R0012200 (600x457)


休憩所には鯉の餌なども売られています。
R0012201 (600x450)


池の端から身を乗り出して、「こっちへ来~い、鯉、来い。鯉、来い」と呼ぶと、鯉はやや混乱気味。 (バシッ!うるさい!)
R0012193 (600x450)


沢山の鯉が大きな口を開けて集まって来ました。ごめん、今日は撮るだけ。 (バッ ! 可愛そうジャン)
だって僕達も昼食抜きで歩いて来たんだよ。時計を見るともうすぐ3時。これから渋谷です。急がねば。
R0012195 (600x450)


大急ぎで切石橋を渡て帰って来ました。この一枚物の石橋は、全国でも屈指の長さだと言われています。
日本一長いと言う資料もあります。ほら、こんなに長~い石橋です。 (バシッ!遅~い。 説明されてから言うな!)
R0012203 (600x450)


回遊式庭園ですから田舎の爺さん二人が勝手に回っても、はぐれる事も迷う事もなく元の場所に戻れます。
だって、迷うも何も・・池を挟んでぐるり見渡せるし、小声で呼んでも聞こえる広さですから。www
R0012202 (451x600)


三時頃、お腹も少々空いて来たので腹ごしらえでもしてから渋谷に行こうと靖国神社を後にしました。
神社前で遅い昼食を済ませ、友人の良く知る和食器の店 「花田」 に立ち寄りました。
良いなと思った器はやはり良い値で・「今更買っても・・・あと何回使えるか・・」と買わずに渋谷に向かいました。www
R0012206 (600x409)


所変わって、ここは渋谷《ハチ公》前。電車に乗ってやって来ました。いつも長話に(うんざりしながらも))お付き合い頂いている皆さんに、九段から渋谷までの街並みを(車窓からですが)お見せしようと思いましたが、・・・止めました。
地下鉄でしたから。  (バシッ! )
ここに来た目的は《Bunkamuraザ・ミュージアムの展覧会「巨匠たちの英国水彩画展」》を見るためでした。
R0012208 (600x450)
折角だから渋谷の夕景、夜景でもと張り切っていたら、上の写真を最後に事切れてしまいました~。
・・・?いや、いや、事切れたのは僕じゃなく、カメラのバッテリーです。
話下手な僕では、英国水彩画展、渋谷の街の様子など伝え切れませんので・・・今日の話はここまでです。

これをもちましてお開きです。3回に分けての「東京見物」長々のおしゃべり、お耳汚しでした。 m(××)m
♪「なんだかんだとお説教じみた事を申して参りましたが そういう私も日陰育ちのひねくれ者、
  お天道様に背中を向けて歩く…馬鹿な人間でございます。」  ♪ 《傷だらけの人生》
バシッ! 何も肩で風切る事はないと思うけどなあ~。)
ハハハ、《颯爽と風切る話》は次回にね。・・・えっ? およそ僕とは縁の無い話です。何でしょね。www
暖かだった立春も過ぎ、又寒さが戻って来ました。これからは《三寒四温》を繰り返しながら春へと向かいます。
健康管理等をしっかりして風邪など引かれませんように。
それでは、又。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/06(水) 00:00:04|
  2. 東京
  3. | コメント:11
<<【YAMAHA/ FJR1300A】  | ホーム | 【靖国神社】  1>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/02/06(水) 11:10:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

靖国神社拝殿裏にこんな立派な庭園があったんですねぇ~・・・
秋だと中々風情があって良い処ですねぇ~・・・
茶亭では食事は無理なんでしょうかねぇ~???
  1. 2013/02/06(水) 11:55:36 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

こんにちは

なにかと話題に上る靖国神社の周辺の雰囲気が
よくわかりました まるで行ったような気がします
自然がいっぱいの中にあるんですね
  1. 2013/02/06(水) 16:22:20 |
  2. URL |
  3. yoreyoreman #-
  4. [ 編集 ]

北さんのブログ、その有り余る教養と知性がじゃまをして,既知感、既視感は拭い難いが
それが又北さんの性格(何度見ても、知っても、驚き感動する)により、私のような凡人にもわかりやすく 優しく あたたかく 心地よくブログの中に引き込んでくれる。
うれしいじゃないっすか!
今日の「鯉 来い 鯉よ こっち来い」には北さんらしいユーモアで、思わず「プーッ」でした。
  1. 2013/02/06(水) 18:36:42 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん
ありがとうございます。
今日は朝から氷雨が降っておりました。
メジロも巣の中で体を寄せ合って寒さに耐えているのでしょうか、余り姿を現しません。

色々楽しんで頂きありがとうございます。
話の種、笑いの種になれば本望です。www
高菜漬、油炒め好きですよ。母が新潟の人でしたから小さい頃から食していました。

お父様も歌がお好きだったんですね。
私の父も絵を描きながら(ジャンルは違いますが)よく聞いていました。
歌を歌ったのは聞いた事が無いですが、
マンドリンで古賀メロディを弾きながら小さな声で口ずさんでいるのは何回か聞きました。
そんな影響でしょうか、僕も古賀メロディが好きで口ずさむことが多いですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
秋も風情があって良いですが、やはりこの界隈は桜の頃が良いですね~。
でも滅茶苦茶混んでいますからね~。覚悟が必要です。
茶亭は茶席で使用することは出来ますが食事は出来ないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
yoreyoremanさん
ありがとうございます。
東京砂漠なんて有り難くない言葉がありますが、想像以上に緑地は整備されています。
皇居周辺もきれいに整備されていますね。




  1. 2013/02/06(水) 20:26:24 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
ありがとうございます。
》その有り余る教養と知性がじゃまをして・・・
ちらすかす者は本物ではありません。
僕が有り余しているのは最近見る見る目立ってきた腹のふくらみ。
どうにかせねば・・・。70㌔をコンスタントに超えるようになりました。
最近、つくづく体力が落ちたなと思います。
風邪がなかなか治らず弱っています。
以前は風邪を引いたら熱目のお風呂に入って
一杯汗出して、早く寝たら大概治っていましたがね~。
情けないですね。
皆さんお元気ですか。今日はまさかの雪ですか?
  1. 2013/02/06(水) 20:53:07 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

靖国神社にこんな庭園が!はじめて知りました。
私毎ですが、勤務先の本社が近くにあるので、何回か靖国神社は訪問していますが、全く気づきませんでした。
東京のド真ん中とは思えない光景ですね。
それにしても”北さん”のブログ内容豊富ですね。
コメント+写真の幅広さ。(渋谷の夕景もありがとうございます)

  1. 2013/02/06(水) 21:12:38 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

東京散策を、毎回楽しく、また興味深く拝見しました。
昨年、桜の季節に靖国神社を訪ねたSが、裏に庭園があることを知り、驚いていました。
その若年寄も初めて聴くという、三宅広一さんの歌に二人で感動しました。
歳を重ねても美声は変わらず、その歌詞は胸に迫るものがありますね。

立ち寄られた和食器のお店、素敵な器を置いていますね。
さっそく「お気に入り」に登録しました。
時々のぞいてみようと思います。
  1. 2013/02/06(水) 23:20:43 |
  2. URL |
  3. さちたけまむ #-
  4. [ 編集 ]

おはよーございます。

都心の中にも、こうして癒される場所が在って良いですよね。
でも、本当に綺麗な庭園ですね。色鮮やかな木々。。。
鯉と落ち葉の写真も良いですが、鯉は相当お腹が
空いてるのですか?!パクパク状態の様ですね。
ところで、パクパク状態の北さんは、渋谷で何を召し上がった
のでしょうかね?!(笑)
  1. 2013/02/07(木) 09:50:25 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

masa さん
みなさんお忙しいですから、十分時間をとって参拝できないので、
まさか本殿裏にこんな庭園があるとは気が付かないと思います。
僕も始めの頃は気が付きませんでした。

昨日はとても寒く(風邪を引いていることもあって)一日部屋を暖かくして休んでいました。
越後の寒さは暖かな瀬戸内や横須賀の比ではないですよねえ。
一度、学生の頃(まだ学生のころ・・SLに乗って)真冬の羽生田に行ったことがありますが、
あの時の寒さと囲炉裏に架かっていた暖かい汁の美味さはいまだに忘れられません。
ブログの中身はあれもこれも取り入れて・・・それこそ囲炉裏で食べた汁と同じです。www
写真も数枚に絞って紹介すればスマートなんでしょうが・・・
あれも見せてあげたいこれも見せてあげたいとの思いが強く長くなってしまいます。
(見る側は忙しいので勘弁してくれよと思っているのは分かっているのですが、ついついww)
正に《過ぎたるは猶及ばざるが如し》ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さちたけまむ さん
ありがとうございます。
さすがS君、あちこち目配りしながら歩いてますね~。
多分、気持ちが落ち着いてお気に入りの場所になった事だろうと思います。

三宅広一さんの歌靖国神社に来た時は(流石に声には出して歌いませんが)気付いたら口ずさんでいます。
僕が乳飲み子だった頃、よく可愛がってくれたという叔父がメレヨン島で戦死していますからね~。

「鐘つき小僧」はどこか旅行した時など夕景を眺めながら今でもよく口ずさみます。
そんな時どこからか寺の鐘の音が聞こえてきたりすると堪らないですね。
親を失った子が寺に預けられ、母を、友を、ふるさとを思い鐘を撞きながらそっと涙を流す・・・
もっとも今時の寺は、電動鐘撞きになっているところが多いですけれど・・・。(少々減滅感がありますね)

「おらの母ちゃん どこだろな」は駆け落ちかなんかで村から出て行った母を思う子どもの寂しい歌です。
《かじかコロコロ鳴いてた夜道 誰かとこっそり逃げたとさ そんな噂を残して行った おらのかあちゃんどこだろな・・》当時としてはかなり大胆な歌すね。
楽し気に母親と村祭に行く親子を見て、おらも母ちゃんがいたらなあ・・・。
「鐘撞き小僧」のB面の歌です。歌の背後にある時代、生活の様子は「鐘撞き小僧」と同じで、
その光景を思い浮かべるとジンと来ます。

和食器の店「花田」とても雰囲気のある良いお店でした。
名のある作家さんの作品も置いてありますが、我が家で使用するような生活雑器も置いてありました。

  1. 2013/02/07(木) 10:59:32 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

Kenさん
ありがとうございます。
》都心の中にも、こうして癒される場所が在って良いですよね。
都心だからこそこのような場所を人は求めるのかも知れませんねえ。
粟島みたいな田舎だと見える景色が全て癒されモードですから・・・
こうなると不思議なもので、
時として何もかも便利できれいに整備された都会の良さを恋しく思ったりする事があります。www
都会は街並みは綺麗だし、交通は便利だし・・・
食べ物にしても、きれいな店で世界の料理がいつでも食べられますからね~。
最近は料金もうんと安くなりました。
で、この日の僕達の昼食ですが(料理と言うには程遠い、ww)靖国神社横の中華飯店のランチでした。


  1. 2013/02/07(木) 14:06:25 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示