まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

YOKOHAMA  2 異国の丘 ①「港の見える丘公園~山手通り」

「根岸競馬場」から元町商店街で買い物をして直ぐに「港の見える丘公園」に登ってきました。
「港の見える丘公園」から見た「横浜港」です。左は「マリンタワー」。時計を見ると、4:14です。急がねば・・・。
DSC07558 (600x348)



一番手前の赤い二本筋の煙突は山下公園に設置されている「氷川丸」。
その向う、奥の大桟橋には大きな青い外国船が見えますが、国籍や船名は分かりません。
DSC07563 (600x247)


右に目を遣ると「横浜べイブリッジ」が見えて来ます。
「東京タワー」や「スカイビル」も肉眼では(薄っすら)見えていましたが写真では無理でした。
DSC07562 (600x308)


その「横浜べブリッジ」。更に右の方に目をやると、
DSC07556 (600x390)


横須賀の我が家が見えるはずですが・・・ちょっと無理でした。家からはここが見えるのですが、不・思・議。バシッ!
港湾の岸壁にはコンテナ等の貨物の積み下ろしを行うガントリークレーンがキリンのように並んでいました。
DSC07557 (600x398)


日没迄には「岡村公園」まで行かなければなりません。 急げメロス!(バシッ!)
港の景色をさっと撮って帰ろうと「大仏次郎記念館」の正面広場前に来ると、
「安全な航行を祈る」との国際信号機旗が揚がっていました。客船等の出港時刻でも迫っているのでしょうか。
安全な航海を祈る (600x481)


 【大仏次郎記念館】  
ケヤキ?も葉を落とし、見るからに寒そうです。僕も寒い。(パッと写真を撮るだけだからとコートは車の中です。)
DSC07568 (600x365)


日は既に翳り、冷たい風も吹いていましたが、ベンチでは書を読む人影もありました。
DSC07573 (600x494)


駐車場に戻って来ると丁度「赤い靴」号が走って来ました。
「港の見える丘公園」滞在僅か10分少々。急がなければ・・。
DSC07576 (600x508)


人気の山手通りをまっしぐら・・・「イギリス館」も目に入りません。 (バシッ 入ってるジャン・・)
DSC07578 (469x600)
資料■ 【横浜市イギリス館】 横浜市指定文化財
1937年に英国の総領事公邸として建築されたもので、大英帝国の風格を感じさせる重厚な美しさでフランス山の頂に堂々と建っています。


気持ちは焦るばかりで、写真どころではありません。(と言いながら、さっきから止まって、撮ってるジャン) 
そうだね。でも、それは、それ程焦っているっていう事の例え、、、分かった?
あっ、そうか、分かった。写真の下手な言い訳って訳ね。・・・なら分かるけど・・・。
DSC07579 (529x600)
資料■【山手資料館】
緑の壁と白い窓枠が印象的なこの建物は、明治42年に旧園田邸として建てられた横浜最古の木造西洋館です。
館内では、開港当時の横浜絵、ポンチ絵、ガス灯明治時代の家具、オルガンなどが展示され、横浜開港期の風俗をしのばせます。


思えばここで結婚式を挙げましたね~。あの時は我々も緊張しましたよ、W君。君達新郎新婦のようにね。
教会での結婚式は初めてだったからね~。あの日は湾岸戦争が始まった日だった・・。
懐かしいね~。K君も大学生だ・・・。そんな思い出の教会もゆっくりする事無く先を急ぎました。
DSC07580 (442x600)
資料■ 【山手聖公会】
現在この建物は、横浜山手聖公会と英語会衆のクライストチャーチが使用しています。
現在の山手に教会ができたのは、1901年のことです。そして横浜山手聖公会が組織として成立したのは、1947年(昭和22年)です。二つの教会は、世界中に広がる「アングリカン・コミュニオン」に属しています。


そして、向かった先の洋館で見かけた小さな看板・・。「押し花絵画展開催」・・・
「ちょっとだけ・・」の誘惑に負け、急ブレーキをかけてしまいました。 
DSC07602 (600x435)
資料■ 【山手234番館】
山手本通沿いに建つ山手234番館は、昭和2(1927)年頃外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として、現在の敷地に民間業者によって建設されました。関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってもらうための復興事業の一つとして建てられ、設計者は、隣接する山手89-6番館(現えの木てい)と同じ朝香吉蔵です。


【山手234番館】を出た僕は再び思い出の「岡村公園」へ爆走です。
この続きは次回に、それでは、又。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/13(水) 00:00:00|
  2. 横浜
  3. | コメント:8
<<★★★★YOKOHAMA  3  異国の丘 ② | ホーム | ★★★YOKOHAMA 1 「岡村」~「根岸」>>

コメント

古い洋館ってのは異国情緒があって、余り讃岐では見られませんから良いですねぇ~!!!
流石に港町横浜です!!!
港町高松にも有ればいいのに・・・羊羹いや洋館・・・
  1. 2013/02/13(水) 11:45:29 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

やっぱり、私にとってしっくりくるのは、横浜港界隈ですね〜〜。
父や私達一族の、思い出満載の風景ですから。
思えば北さんが結婚式あげた教会や異人館あたりを、お見合いの後、「しったかこいて」案内したら、次の日断られたっけ〜〜〜トホホ
(女にうんちくはいらない。あら〜素敵!って黙って付いて行くべきでした)
まだまだ続く「横浜見聞絵巻」楽しみですぞ〜〜
  1. 2013/02/13(水) 11:55:39 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

横浜も、神戸も異国情緒の在る町ですね~!
いい雰囲気の場所のようです。『ふりむけば横浜』
昨日の歌謡ステージ(NHK)のマルシアさんの歌を
思い出しましたよ。横浜といえば中華街、神戸も
中華街。。。ああ~~♪昨日食べた551蓬莱の豚まん
を思い出しながら。。。拝見中~~♪
横浜は無理だから、神戸にでも行きたくなった次第
です。
  1. 2013/02/13(水) 21:13:00 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
山手界隈はやはり異国情緒があって良いですね~。
高校生の頃は友達の家があったので、時々遊びに来ていました。
その頃は観光客は殆どいなくて良かったですね~。
最近はやたらカメラぶら下げた人が多くて・・・・
(って、あんたもそうじゃん)e-351

港としての歴史が違いますからそれは仕方の無いことですよね~
でも、高松、丸亀には立派なお城がありますが横浜にはありません。e-445

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
風ちゃんもそんな事があったんだ~。
歌にもあるしね。 ♪女は無口な人がいい・・♪
ブログの多弁も気をつけなくちゃあね~。ハハハ分かっちゃいるんですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
ありがとうございます。
551蓬莱肉まん・・・いつも貰い物ばかりで、実際に自分で買ったことはありませんが確かに美味しいですね。
横浜港の歌・・・やはり地元の美空ひばりの歌ですね。
「港町十三番地」「波止場だよ、お父つぁん」「哀愁波止場」なんかはよくきいていました。




  1. 2013/02/13(水) 22:50:06 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

Wです。

結婚式では大変お世話になりました。
式当日も写真のような晴天だったことを思い出しました。あれから22年・・・息子Kは就活中です。
聖公会に神頼みをしているかも?
  1. 2013/02/13(水) 23:18:36 |
  2. URL |
  3. W #7LuOdsvo
  4. [ 編集 ]

Wさん
ありがとうございます。
≫結婚式では大変お世話になりました。
と、とんでもない。歩いても無い。(バシッ! まじめに。)
教会での結婚式は初めてだったもんで、緊張はありましたが実に興味深く務めさせて貰いました。
お陰様で、次の教会式の結婚式は余裕を持って?出来ましたよ。www
披露宴会場の「ニューグランドホテル」がとても良かったので
数年前の僕達の結婚記念日(12月24日)のディナーはここにしました。

K君、どんな方面に進まれるのでしょうかね。
それにしても就職事情が厳しいですから大変ですね。
頑張って欲しいと思います。24日は一緒に顔を見せてくれたら嬉しいですね。

そちらの方は横須賀と違って寒いですから、風邪など引かぬよう気をつけてください。
  1. 2013/02/13(水) 23:50:43 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

港の見える丘公園から見る光景いいですね。
それにしても多くの箇所を廻られましたね。
どれもこれも横浜らしさが漂ってると思います。
駆けて!駆けて!ご苦労さまでした。
  1. 2013/02/14(木) 22:07:21 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

masa さん
ありがとうございます。
一寸時間があったので思いつきでいったものですから、全くの駆け足でした。
撮影場所は全て帰り道の途中にあり一歩も寄り道、回り道はありません。

港は良いですね~。
現役の頃は勤務の帰り(直ぐ近くに自衛隊の防備隊の港でした)夜の港をぼ~っと眺めるのも好きでした。
艦船上に人影をみつけると、あの隊員はどんな人生を送ってきたのだろう・・・
家族は故郷においてきているのだろうか・・・などとりとめも無いことを考えたりすることがありました。
父が船乗りでもあったせいかもしれませんねぇ。

  1. 2013/02/14(木) 23:11:47 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示