まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

ぶらり粟島散歩 2、 「 上新田 ①」

再び、4月上旬、島に戻ってきた直後の≪粟島散歩≫です。
4月11日の夜明けです。ちょっと暗いかな?
  左に薄っすら讃岐富士、右の山並みは金比羅さん、黒い船影辺りが前回紹介した海岸寺です。
DSC00332 (600x450)


はい、夜明けの定番です。
≪心の灯火(ともしび)≫ 「暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう」
■ベートーベンの交響曲第6番「田園」の第1楽章の一部にのせ、「心に愛がなければ どんなに美しい言葉も 相手の胸に響かない - 聖パウロの言葉より - カトリック教会による『心のともしび』」というラジオ番組です。学生の頃はよく聞いていました。
DSC00338 (600x398)


一人暮らしの叔父の様子を見に上新田まで行って来ました。ここの桜は既に散っていました。
DSC00351 (600x398)


元気な様子で一安心しました。 春蘭です。島では爺婆(ジジババ)と言っています。
DSC00362 (600x515)


家に行く途中の石垣に咲いていたスミレです。こんな所に・・スミレも強いですね~。
DSC00349 (451x600)


畑の三椏(ミツマタ)の花も沢山咲いていました。
DSC00347 (600x454)


よく見るとかんざしの様で可愛い花です。
DSC00344 (600x450)


昼過ぎに、もう一度所用が出来たので再びバイクを走らせました。
DSC00368 (467x600) (2)


ここは「島四国」の札所で、かわいらしい赤ちゃんを抱いていたお婆ちゃんの家の近くの花畑です。
DSC00369 (492x600) (2)


ここの桜は満開でした。この時期、島の畑はどこもキンセンカやストック等の花が咲いています。
主にお墓や仏壇、札所等の仏花として使われます。昔は沢山作って出荷している家もありましたが今は一軒もありません。
DSC00371 (600x398)


帰り道、不天(ふて)と言う集落に下りてみました。ここの集落も過疎化が進み、今では2軒だけになりました。
人の住まなくなった家はこのように竹に吞み込まれていってしまいます。
DSC00380 (600x479)


「コデマリ」に似た「蜆花」(しじみばな)が庭の隅で寂しく風に揺れていました。
蜆花3 (600x398)


蛸漁をしていた家の前を通り抜けると、   ※手前に並んでいるのは蛸壺(たこつぼ)です。
DSC00381 (600x450)


不天の洲と呼ばれる浜に出ます。
DSC00385 (600x450)


ここは砂浜がずっと沖まで伸びた浅瀬になっており、その先端の潮の流れは速く慣れないと危険な水域です。
小さい頃、大人たちから「この先はフカ(鮫)がいるからここでは泳ぐな」と言われていました。
子ども達を水難事故等から守る大人の教えだったのだと思います。「フカがいる」と言われたら泳げませんからね。
DSC00382 (600x382) (2)


長くなりましたので、今日はここまで。この続きは次回に。
それでは、また。 
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 00:00:00|
  2. 粟島散歩
  3. | コメント:9
<<ぶらり粟島散歩 3、 「 上新田 ②」 | ホーム | 【島四国】 島内八十八ヶ所札所めぐり ③ 中新田>>

コメント

聖パウロの言葉、私も若い頃はよく聞いていました。
今じゃ「心に愛がなくとも 給料持ってきてくれると、相手の心をガンガン打ち鳴らす」女になりさがっちゃいました。
純真なむかしが懐かしいです。
懐かしいと言えば、今日の写真、素朴な田舎風景、なんともほっとしますね〜〜
北さんも毎日このような風景の中ですごしていれば、ほんと、「粟島の聖北さん(パウロ)」になれる。
  1. 2013/05/10(金) 10:24:52 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

粟島のパウロさんは、一人暮らしの叔父さんを島に残しているので、時々帰っている優しい人なんですねぇ~・・・
  1. 2013/05/10(金) 12:16:19 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

夏休みに子供達に(小、中)島の生活味合わせたい

今日わ、ご一緒にお遍路さんとして、楽しく島巡りをさせて頂いてすごく満足いたして居ります。
小さい島と思って居りましたが、今日又驚きました。小さくて大きなお宝のびっしり詰まったまほろばの
島ですね。心が和みます。此の島に都会では絶対味合えぬ小、中学生を夏休みにマナーをしっかりと
守り裸足で走り回り夜は星を仰ぎ本当の夜空を知る、夢の様な生活をさせてあげたいと強く思います。
北様未だ未だ付いていきますが宜しくお願いいたします。
  1. 2013/05/10(金) 14:46:16 |
  2. URL |
  3. アンタレス(がんばりや) #-
  4. [ 編集 ]

北さん、こんばんは、

ご無沙汰しています、
粟島のGWは、又格別だったみたいですね、
鏡の面のような、波静かな瀬戸内海、いい具合に雲が遮ってくれ、
丁度頃合いの良いタイミングだったのではないでしょうか?
これより明るいと、唯の風景写真になり、
質感を持たせる、良いタイミングだったと思います、
↓↓↓
島内八十八ヶ所札所めぐり、
ボランティア活動には、頭が下がります、
ローカルの皆さんの暖かいサービスが身に染みる思いです、
活躍応援しています、有り難う御座いました。
  1. 2013/05/10(金) 21:19:22 |
  2. URL |
  3. Digital_Photo 花遊悠 #-
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
おはようございます。
天下の景勝地でもなしとりたてて紹介するほどの景観もないけれど、
これはこれで良し。見慣れた田舎の風景が一番心癒されます。
とか何とか言いながら・・・シチーアンクル(ハハハ) である自分を慰めております。wwww
H君,先日トマト、キュウリの苗を植えたのは良いが
「収穫の頃、H君は居ないんじゃないの」と言われ、
「あ~、僕はショックだ!、ショックだ!帰ってきた時食べようと折角植えたのに・・・
あ~、もう世話をする気もおきん。」と嘆き歩いています。www
芋でも植えて帰るよう言っておきます。
芋なら世話もいらないし、秋口に帰ってくる頃よく出来ているでしょうからねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
情けは人の為ならず・・・
島の人たちはみな助け合いながら生活していますから安心です。
ただただ、救急となると病院まで不便ですからねえ。
それだけは都会のようには行きませんから、皆自分の体は気にかけながら生活しています。
勿論自分自身も体調には気を使うようにしています。
若い者が(ハハハ) 年寄りに世話になるわけには行きませんからね。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンタレス(がんばりや)さん
ありがとうございます。
瀬戸内の島の景観や生活の様子が、(多少でも)見えてこられたでしょうか?そうだとしたら嬉しいです。
横須賀の仲間や子ども達に「粟島はこんなと所だよ。良かったら遊びにお出で~」と、
島を案内するために始めたブログです。
名だたる観光地ではないので、素顔の島をお見せするしかありません・・・。
と、言いながら、これでも、良いとこ撮りに励んではいますが。www(← 照れ笑いの印です)

島内をのんびり回っていますから これからも一緒に島内巡りをいたしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Digital_Photo 花遊悠さん
ありがとうございます。
後ろから四枚目「蜆花」・・、初めて見ました。
最初、「コデマリ」が咲いていると思っていましたが近づいてみると違ったのでびっくり・・・
初めてだったので嬉しくて撮りました。


 
  1. 2013/05/11(土) 06:46:17 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

初めまして。

とっても美しい
朝焼けですね。
〈心のともしび〉
私も学生の頃聞いたのを
懐かしく思い出しました。

粟島って
お花が多くて
のどかで
素敵ですね〜。
  1. 2013/05/11(土) 09:31:22 |
  2. URL |
  3. pullpullpull #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

遠くに行かなくとも、粟島には宝物を撮れる場所が
いっぱい在りますよ。人々の心の篭った場所に、花、そして。。。
どこの観光地よりか、ずっと素敵と思います。
前にも言いましたが、宝くじでも本当に当たったら、
一番に別荘をと思うぐらいの島ですね。北さんのように
行ったり来たり出来たら~~と夢見ましたよ(笑)
今も、浜では海ほたるは見えるのですかね??
  1. 2013/05/11(土) 22:37:11 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

pullpullpullさん
ありがとうございます。
MDと一緒に生活されているのですね。
我が家と同じです。www
島では嫁さんとロングヘア~のMD♀犬とのんびりやっています。

≫粟島って お花が多くて のどかで 素敵ですね〜。
嬉しいコメントありがとうございます。
何もない小さな島ですが人の温かさと景色だけは自慢です。

≪心の灯火(ともしび)≫ お聞きでしたか。
学生時代・・・よく聞きました。と言うよりラジオから流れていました・・と言ったほうが正確な表現です。
あの頃だけは自分でも驚くほどまじめに勉強していました。www

  1. 2013/05/11(土) 23:02:33 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

ken さん
ありがとうございます。
小さな島で同じような景色ばかりで(僕自身は飽きることは無いですが)
訪問してくださる皆さんには変わり映えしない景色で申し訳ないなと恐縮しているんですよ。
「又、ここかい!ええ加減にせえよ~!」って怒っているのではないかと・・・。

宝くじ当たると良いですね~。
空家、空き地は一杯ありますからね~。
  1. 2013/05/11(土) 23:12:40 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示