まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

国際交流 【粟島探検ツアー】 ②

電車や飛行機の別れは味気ないけれど、嗚呼、♪船の別れは心に沁みる 戻っておいでよ おいらの胸に。♪
な~んて心の中で歌っていたかどうか分りませんが、こんな別れもあってもいいな~。(バシッ!演歌やん) 
今日は、「粟島体験ツアー」に参加された人たちと、島の人たちとの≪港の別れ≫の様子などを。
DSC03174 - コピー (430x600) (430x600)
遠くに見えるのは本土の荘内半島。高松高等専門学校/詫間校が見えます。 


「粟島探検ツアー」の皆さんは、未知の島に渡り、山に上り、花畑を見てぶいぶい人形作り等も体験し、BQで親睦を深め、海浜清掃のボランティアをしながら
ありのままの島を見て、歩いて、触れて、・・・そして港に帰って来ました。
DSC03149 (600x399) (2)


港に着いた皆さんは、いろいろな思いを抱きながら二隻のチャーター船に分乗して帰っていきます。
DSC03155 (600x399)


多くの人は、こんな小さな船での別れは(恐らく)初めの体験だっただろうと思います。
DSC03159 (600x399)


第一便の出港です。搭載定員45名の「あしま」は満員です。
さようなら~。また来て下さいね。
DSC03168 (600x399)


続いて第二便への乗船です。
大きい船なら分乗しなくても良いのですが、普段は乗客が少ないのでこの大きさの船で十分です。
 DSC03177 (600x399)


僅かな時間でも心は触れ合えるもの。きっと島での良い思い出作りが出来たと思います。
「お爺ちゃん、お婆ちゃんさようなら。」 「元気でな、またおいでな。」
DSC03181 (600x420)


二隻目の出港です。こちらの「つばめ」丸も一杯です。こんなに混むのは「島四国」の日以来です。
DSC03179 (600x399)


ちょっぴり寂しい離岸です。
DSC03187 (600x399)


みなさんありがとう、さようなら。また、秋の【瀬戸内国際芸術祭】には、家族、友人達を誘って来てくださいね。
DSC03190 (600x415)


それぞれの人たちがそれぞれの思いを乗せた船は、浮き桟橋を静かに離れ、
DSC03194 (600x449)


島の港を出てきました。お互い姿が見えなくなるまでいつまでも手を振り続けていました。
それにして大勢乗っていますね~。今にも沈みそう。本土まで4km、15分。無事たどり着くでしょうか・・・。 バシッ!
DSC03198 (600x404)


今一度、「さようなら~。さようなら~。・・・。」。
「あれ~、君は乗らなかったの?」 
「はい。この粟島、好きになったから。」・・・この青年、きっと幸せな将来が待っていますよ~。www
DSC03175 (435x600)
※ 実は第一便を見送っているのです。 バシッ!


祭の後の寂しさよ・・・。ましてや黒子の裏方さんは・・・。 お疲れ様です。
DSC03172 (600x420)


五色のテープも涙に揺れる・・・。あれ~、≪粟島わかめ?≫さすが≪芸術の島≫だけの事はある。
汚してならぬ瀬戸内海!!この後、テープは拾い上げました。
DSC03200 (600x399)


「瀬戸内一の美、ここにあり。」 ※これは、三豊市のポスターです。紫雲出山より・中央が粟島です。 
DSC03202 (600x354)


それでは、また。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/24(金) 00:00:26|
  2. 粟島散歩
  3. | コメント:7
<<★★★紫谷山(しきややま・145m )に初めて登りました。 | ホーム | 国際交流 【粟島探検ツアー】 ①>>

コメント

ん~やっぱり船の離岸は時間が掛かりますから、別れを惜しむには良い時間なんでしょうねぇ~・・・
電車も良かったんですが、最近は窓が開かなくなって別れを惜しむにはドアが閉まって這い終わり!・・・
飛行機は出発ロビーへ入ると別れを惜しむのも電話越しだし・・・
別れを惜しむのは船に限るようです・・・
  1. 2013/05/24(金) 12:02:08 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

私の知り合いも何人か行ってました。\(^o^)/
  1. 2013/05/24(金) 15:39:08 |
  2. URL |
  3. wako #-
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうございます。
船の別れは未練が残って切ないですね~。
ましてや愛する人との別れであれば尚更で、
演歌にも数多く歌われていますねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Wakoさん
ありがとうございます。
今度は、その方達といらしてください。

嫁さんが蕎麦を食べたいと言ったので、財田の道の駅へ行った帰り、
≪藤≫の万福寺に寄り、その足で教えてもらった≪そばやさん≫へ嫁さん連れて行ってきました。
駐車場が空いていてラッキーと思ったら、何と、お休み・・・e-259
仕方が無いので役場の傍の有名なうどん屋さんへ行きました。
嫁さんは何とソバを注文してました。www
それにしても、週三日も定休日とは驚きました。でも、そののん気さ、好きです。www
  1. 2013/05/24(金) 23:13:45 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

別れのテ~プ!良いですよね~~♪こんな光景も今では、
なかなか見られないですよね。
でー!『ほたるのひかり』は流れてたのでしょうか!?
そんな設備無い!こらまた失礼しましたって、どこかで
聞いた文句!でも、別れにこの曲は付きもの。。。
出会いがあれば、別れが来る!そうですよね~♪
  1. 2013/05/24(金) 23:57:40 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

Ken さん
ありがとうございます。
♪「蛍の光」は流れなかったように思います・・・。
ただし、港内を大きく迂回し船首を本土に向けた時
汽笛を鳴らしました。

別れのテープ、良いもんですね。
僕も、左手のテープ、右手でジャターを切っています。

ちなみに、我が家が一家で横浜に引越しする時は「蛍の光」が流れ、
更に我が家の前を通り、須田港に行ってくれた覚えがあります。
僕は心の中で「さらば粟島よ 又来るまではしばし別れの涙がにじむ・・」と
ラバウル小唄の替え歌を歌っていました。50年も昔の小学校六年の春でした。
  1. 2013/05/25(土) 00:37:18 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

哀愁 ぴったりのテープですね。

いく色のテープを離さずに風に靡いたとたん離島なのですね。なぜに船のテープはこんなにも哀愁に満ちているのでしょうか。いくら遠くても飛行機は手を振ってあっと言う間ですのに。来年どの位の方がいらっしゃるでしょうね。私も函館の親戚に遊びにいっておばあちゃんから可愛がられ、子供達からお姉さんと慕われ、つい一年。帰り函館から青森まで青函連絡船に其のとき皆が見送りにっそれぞ手と手にテープが繋がれ船がドラの音と共に離れるとき先ずおばあちゃんが泣き出し思わず私も、伯父さん伯母さん子供達まで泣き出しもう合えない様な光景でした。本当に悲しかったのです。今胸が詰まる程思いだしました。すぐ半年後に私に合いたいとおばあちゃんが85さいで一人で東京に来て初めてハトばすで案内しまし。船のテープは何故あんなに哀愁を感じるのでしょうね。
  1. 2013/05/25(土) 13:40:32 |
  2. URL |
  3. アンタレス #-
  4. [ 編集 ]

アンタレス さん
ありがとうございます。
船の別れはいつまでも顔(表情)や姿が見えますからねえ。それに声も聞こえる・・・。
切ない気持ちになりますね。
それにテープは正に繋がっているという≪絆≫の象徴のようなものですからねえ。
  1. 2013/05/26(日) 00:39:58 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (162)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (114)
横浜 (21)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (44)
城の山より (10)
西浜 (20)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (21)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (21)
夕景 (11)
日々の出来事 (19)
香川 (25)
粟島 (7)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (23)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (32)
香川のお寺や神社 (99)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示