まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

★★★紫谷山 2

休憩後、僕達は更なる高みへ登って行きました。
DSC00959 (600x398)


紫谷山最高峰の登頂に成功です。
三浦雄一郎の偉業には多少劣りますが。 70歳にしての快挙です!! (バシッ!多少かよ) 
粟島港(A点)も見えています。手前は中新田港(B点)です。奥は燧灘(ひうちなだ)です。
DSC00958 (600x398)


登頂の証拠写真の 【三角点】です。一等三角点ではありません。
■必ずしも低いからと言うわけではありません。意外にも富士山だって二等三角点です。
因みに一等三角点の最高峰は、標高3,120 mの南アルプスの赤石岳です。
DSC00956 (500x600)


紫谷山の名の由来となったであろう「三つ葉ツツジ」もあちこちに咲いていました。
DSC00976 (600x398)


こちらは我が家からも見える大岩です。
子どもの頃3月3日の節句には子ども達がチラシ寿司につぶ貝を煮て山に登る行事がありました。
この集落の子ども達はこの大岩でお弁当を食べたり遊んだりしていたといいます。
因みに僕のいた集落では、3番札所の岩屋が遊び場で、大きな岩の上で本土を眺めながらお弁当を広げていました。
DSC00971 (600x398) (2)


高い山などに登ると大声で叫びたくなる事がありますが、山火事で燃えたこの木も、何か叫んでいるように見えます。
僕達も何か叫んで、と言う思いもありましたが、爺さん二人がこんな所で≪愛≫を叫んでみてもねえ・・。www
下の集落で畑仕事をしているお婆さんが「あ~あ、あの二人、ついに変になってしもうたがいや」と思うでしょうし、
雲の上の阿弥陀さんに「あらら、もうお呼びですか?」と慌てさせても悪いですからね~。www
DSC00974 (600x394)


帰りは来た道を戻るか、昔の山道を探しながら下るか迷いましたが、
下の方に、沖へ伸びる≪不天の洲≫を見つけたのでそこを目指して下りていくことにしました。
ところが昔の道を見つけるどころか、大変な≪やぶこぎ≫になってしまい、もう写真どころではありません。
DSC00995 (600x424)


途中、見晴らしが開けたところで一枚撮るのがやっとでした。
DSC00984 (600x410)


右から来ていた船は、上新田に立ち寄り(上新田に向かっています)、志々島を経由で詫間町(宮下)へ行く定期便でした。


DSC00989 (600x406)


この紫谷山からの景観は良いですが(写真は全て見晴らしの良い岩の上からです)、登山道路は畑の中を通ったり、藪の中を登ったりで、しかも、頂上には広場も無くお弁当等を広げる広場もありませんから家族向きではありません。
DSC00992 (600x398)


瀬戸内海の眺望を楽しまれる方は、(松の枝が伸びている)城の山(222m)をお薦めします。
毎年春と秋に島の人達が道整備をするので安心です。本土の学校から遠足等でも登っています。頂上は広く展望台もあり、
愛媛の山々~広島、岡山の島々、瀬戸大橋~坂出、丸亀、多度津、金比羅~荘内半島迄360度のパノラマを楽しめます。
DSC00993 (600x398)


遠くに見える島は、夕日の名所西浜の沖に浮かぶ岡山県「六島」です。と言う事は・・・、
ここ紫谷山からの夕日はきっと素晴らしいと思います。唯、日暮れて足元が危うくなる為帰りが危険です。
ここを最後に、紫谷山から見る風景は最後となりました。
DSC00994 (600x398)


再びやぶこぎを続け、やっとの思いで良く知った民家の近くに下りてくることが出来ました。
ガイド役のYさん、モデル役もありがとうございました。良く似合っていますよ。www
DSC01002 (398x600)


次に、紫谷山に登るのは秋の予定です。秋にもガイドをお願いしますね。
それでは、又。お元気で。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 00:00:00|
  2. 粟島散歩
  3. | コメント:7
<<馬城海岸 | ホーム | ★★★紫谷山(しきややま・145m )に初めて登りました。>>

コメント

すごいですね〜〜
あの「シッキャ」に登ったのですか。
城の山から見る景色ばかりじゃなく、又違う角度から見る粟島もいいもんですね。
三浦雄一郎さんは、偉業の後もう次の計画があるそうですが、北さんも秋には又トライするとか?
キボこそ違え、雄一郎さんも北さんも「ハチマル、ナナマル」からの人生を楽しもうとする姿、尊敬!!
私も見習わなくては!!
  1. 2013/05/29(水) 10:56:06 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

三角点・・・
昔、「剣岳点の記」を呼んで一時一等三角点の山ばかり登っていました・・
確かに一等三角点があるから良い山では有りませんが、見晴らしは良い山が多かったと記憶しています・・・
  1. 2013/05/29(水) 13:29:21 |
  2. URL |
  3. 我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

登頂成功おめでとう

〇  高みへとなほ高みへとをのこらは天津御空に憧れて行く

〇  鳥よりも揚雲雀よりもなほ高くYさん北さん天を目指して

〇  時により藪こぎもまた楽しくて幼な心の北さんYさん

〇  古希にして紫谷山頂を極めたり三浦雄一郎なにするものぞ!

〇  北さんが紫谷山頂を極めしも島伝説の一つにならむ  
  1. 2013/05/29(水) 16:42:19 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

後進者のため道しるべ欲しいですね

北さま こんにちは。お疲れ様でした。山は高さではないですね、道なき道を頂上を目指して日頃見尽くした山に二人の強者が周りの色よい木々、花々に惑わされ本来の山勘を失い助け合いながら見慣れた海を見下ろしホットなさった気持ちよく分かります。秋の紅葉も魅力でしょうね。此のブログでぜひと思われるかたも多いでしょう。そういう方のためにいくつかの迷わないコースの分かりやすい道しるべほしいですね。ヒマラヤと違って一々yさんにガイドをお願いできませんから。(どなたの命名か紫谷山良い山名ですね。)
  1. 2013/05/29(水) 18:06:51 |
  2. URL |
  3. アンタレス #-
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん
ありがとうございます。
紫谷山からの景色、なかなかのものでしょ。
ただし、山は低く時間も短いですが、コースは城の山の方が遙に楽です。
女性や子どもはきついかもしれません。
昔は上まで畑があったみたいですから、子どもも難なく行けたのだと思います。
岩場を越えるあたりは≪デットゾーン≫かも・・・www
私も再び富士山5合目まで早朝e-125e-282すっ飛ばし、板担いで春スキーを
楽しんでみようかね。
あ~、昔は元気だった・・・なあ。e-445

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
三角点踏破・・・そんな方が粟島にも来られていました。
いろいろなマニアの方が居られますね。
粟島は、城の山、阿島、紫谷山の三つもありますから随分と効率の良いところだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三さん
ありがとうございます。
今日でやっと畑仕事も一段落しました。
朝6時前に花畑の雑草取りと前の日に取った草を燃す作業を7時までやり、
朝食後、今度は昼まで畑作業。
ソラマメ収穫後、畝を作りなおし、今度はさつま芋や夏野菜(夏は当人居ないのにねwww)の植え付け。
夕刻からは花畑の水遣り等で6時半過ぎに終了。
風呂に入って夕飯後はブログ・・・かなり疲れました。
ブログの更新は半分眠りながら・・・。www

今日の句はみな心地良いものばかり・・・心地良い響きにまたもや眠ってしまいそうです。

〇  高みへとなほ高みへとをのこらは天津御空に憧れて行く
(返)高みへとなほ高みへと爺婆は天津御空に身罷れて行く

〇  時により藪こぎもまた楽しくて幼な心の北さんYさん
(返)藪こぎをしてたどり着く秘密基地 をのこが城に隠せし雑誌

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンタレス さん
ありがとうございます。
低い山ですが冒険心そそられる山でした。
戦時中は頂上近くまで段々畑が広がっていた写真があります。芋など植えていたのでしょうかねえ。

秋の紫谷山・・・残念ながら島は潮風の影響でしょうか、きれいな紅葉は期待できないと思います。
この山からの夕景は撮りたいなと思っていますが、一人では難しいでしょうねえ。
  1. 2013/05/29(水) 23:07:12 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

瀬戸内の穏やかな海がどこからも眺望出来て羨ましい限りです。
紫谷山にツツジが山一面に咲いて紫色の山に見えたのでしょうか。
そんな光景も見たいものです。
  1. 2013/05/30(木) 12:31:20 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

masa さん
ありがとうございます。
横須賀では富士山、丹沢連山と東京湾が、
粟島では讃岐富士、四国連山と瀬戸内海が見えるのは
幸せな事だなと思います。

きっと昔は、紫谷山のあちこちで≪三つ葉ツツジ≫が咲き誇っていたのだと思います。
今でも家からも紫谷山の三つ葉ツツジの群落が見えますが、
全山・・という規模ではなく、数箇所の谷に沿って咲いています。

山藤も結構ありますが、道から離れているので目立ちません。
道がなくなっているので写真を撮りには入れません。

  1. 2013/05/30(木) 16:46:51 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (19)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示