まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

八幡宮裏(海ほたるの浜)~ 永浜(長浜)

今日は「北向き地蔵」さんのいる湾曲となったこの浜から遠くに見える永浜(長浜)まで歩きます。
DSC03498 (600x417)



馬城八幡宮の裏手の浜、前方の尖った山は紫谷山です。1枚目の写真はこの青い船の後ろから撮ったものです。
今は満ち潮ですが、引き潮になると・・・、
DSC02732 (600x399)


こんなにも潮が引きます。この浜、どこにもあるような何の変哲もない浜のようですが、
ある条件が重なると、この浜に驚くべき現象が現れます・・・。
DSC02705 (600x484)


丁度今頃から、風もない蒸し暑~い夜(10月半ば頃迄)、潮が大きく引いた砂浜に無数に蠢(うごめ)く怪しき光・・・。
ドロロロロ・・・ はては、平家の亡霊か・・・ で、出た~っ!  
DSC03287 (600x381)


コバルトに輝く幻想的な ≪海ほたる≫ の光です。 (バシッ!) 馬城海岸の入り口にはこんな看板が立っています。
※看板写真は特撮なので、いつもこのように見える訳ではではありません。一応、看板にある文言を転写すると、
「 瀬戸内の青き景色に守られて/ 今も輝く海の宝石「海ほたる」/ そして静かな浜に星屑の銀河/ ここに癒しのふるさとがある/ 日本一海ほたるが優しくひかる浜辺 」
DSC03494 (600x391)


こちらは以前「ル・ポール粟島」の支配人だったHさんから「≪海ほたる≫の写真を撮りましょう」と誘われ、
海ほたる2 (600x433)
※ ≪海ほたる≫はホテル支配人のHさんの前任だったNさん(海ほたるおっさん)の永年の研究がHさんへと引き継がれ(以降、歴代支配人さんが継承)島の観光資源の一つにもなっています。


教わりながら初めて挑戦した≪海ほたる≫の写真です。
前方は岡山方面、沖の明りは船の灯りです。 2009,9.24,20,45
海ほたる1 (600x396)


話は幻想の世界から現実の出来事に戻ります。ww 
沖から帰って来たお爺さんが「今獲って来た蛸や、食べるかい?」そう言って両手に持った蛸を見せてくれました。
「はい、頂きます。」と言ったら、「ちょっと待っとれや。」と言って、蛸を海水で揉み始めました。(ぬめりをとる為です)DSC02733 (600x435)


「逃げないですか」と問うと「な~に、頭叩いとるけん大丈夫や。」と言いながら笑っていました。
「うちは嫁はんと二人やけん2つも要らん。あんたらは若いけん、こっちの方がええやろ。」と大きな方の蛸をくれました。
「あんたらは・・・若いけん・・・」そうだ、僕達は若いのだ~! (バシッ!なに浮かれとん)

DSC02736 (600x450)


優しさにあふれ心豊かな島の人たち、手を加えない島の自然と美しい風景
DSC03373 (600x379)



あるがままのこの島の自然を壊すことなく、そっくりこのまま、
DSC03363 (600x399)


次代の子ども達に残していきたい・・・。
DSC03364 (600x399)


そんな事を考えながら、
※ 粟島は砂浜が多く残っていますが、この浜はその中でも一番長い浜です。「永浜(長浜)」という地名の由来です。
DSC03351 (600x379)


白い砂浜を八幡宮の浜へと帰って行きました。
 浜辺の代表的な植物「コウボウムギ」、前方の尖った山が「紫谷山」です。
DSC03358 (600x399)


それでは、また。お元気で。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/02(日) 00:00:00|
  2. 粟島散歩
  3. | コメント:16
<<粟島に咲く「藤」 | ホーム | 馬城海岸>>

コメント

ありがとうございます。

北さん おはようございます。

「優しさにあふれ心豊かな島の人たち、手を加えない島の自然と美しい風景」
 島は、このままがいいですね。 

ハマヒルガオの風景、好きです。

「あんたらは・・・若いけん・・・」とタコくださる人
いいな~島の良さですよね。
北さんは、お若い人なのですね。 

甑島にも「長浜」って地区があります。 
其処は、砂浜もあり、海水浴場になっているようです。

甑島と似ている風景に親近感が湧いてきます。

北さんは、粟島の観光大使?ですね。

また、楽しみにしております。 

無事故・安全・健康一番でお願いしま~す。
  1. 2013/06/02(日) 10:37:44 |
  2. URL |
  3. パッション娘 #-
  4. [ 編集 ]

もうウミホタルが輝く季節になりましたね
自然のままみていただくのが本当は一番美しいと思います
タコをもらったけど手に負えないので何とかして・・・・SOS!!って電話をもらい北さんのお家でお料理したこと思い出しました(^^ゞ
いろんな人がいろんなスタイルでウミホタルを語るのは賛成です でも批判や中傷はしてほしくないですよね
  1. 2013/06/02(日) 16:11:58 |
  2. URL |
  3. ふぅ #-
  4. [ 編集 ]

こんなにも恵まれた島が。

北様 只只うっとりと見とれています。山と海とそして平和で暖かい人間関係に。過去の話で無く現在目の当たりにして羨ましい、此の砂浜にはアサリ、蛤などの貝類はとれないのですが?あったら密猟されてしまいますね。笑。国会議員の方、此の島で2~3日過ごされたらもっともっと雅量の広い平和な心の持ち主になれると思いますね。それからこんなに美しい宝石の色した蛍烏賊の写真初めてです。此の色が食べられるなんてそして美味しいなんて、人間も残酷ですね。光ら無い烏賊のミニチュアしか知ら無い人間の引け目でしょうか。どちらにしても粟島はまほろばの言葉に相応しいすべてに優れた美しい島ですね。有難うございます。
  1. 2013/06/02(日) 17:14:20 |
  2. URL |
  3. アンタレス #-
  4. [ 編集 ]

 初めのほうの浜の写真では、潮があんなに引くのにちょっと驚きました。たまたま大潮だったのでしょうか。それとも干満の差が大きい浜なのでしょうか。
 海ほたるは、以前にも見せていただきましたが、やはり、きれいですね。
 おじいさんがくれたタコは、おいしかったのでしょうか。とても新鮮でしょうから、きっとおいしかったのではないかと思うのですが。
  1. 2013/06/02(日) 22:12:49 |
  2. URL |
  3. ラムダ #-
  4. [ 編集 ]

いや~!心が動きますよ!

海ほたる~!ああ~!もう一度で良いから生きてる間に
満足のいく写真に残したいなあ~!
何せ!前回初めてのお邪魔の再は・・・。写真になってない!
これだったから。。。なお更、そう思って。。。私にも元気をくれた
海ほたるだし、仲間も・・・。同じ状況での訪問は無いでしょうがね!
出来たら、冥土の土産にお邪魔を検討したいです!先の話になる
でしょうが。。。でも、もう一度、真の友といっしょに拝見したい
そう思っています。
  1. 2013/06/02(日) 22:52:40 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

自然に溶け込まれて、有意義な時を過ごされているようですね。

それにしても、スゴイですね、海ほたるの光。
青白い光の輝きが幻想的で、一度は見ておきたい光景です。
日本一優しく光る浜辺ですか!行きたい!!!
  1. 2013/06/02(日) 23:18:39 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

粟島の観光大使ご就任おめでとう

〇  北さんは気持ち的にはまだ若くシャッポ被れば禿げも目立たぬ   鳥羽省三

〇  粟島の観光大使の北さんもかつては大志を抱いた青年

〇  粟島の観光大使の北さんも今は妻子に孫持つ老爺

〇  この島の自然壊さずあるがまま次代の子らに残していきたい!

〇  東京湾アクアラインは海ほたる!粟島の濱で輝くウミホタル!

〇  あんたらはわしらよりずっと若いけん!蛸一匹ぐらいは食えるはずだろ!

〇  あんたらはわしらよりずっと若いけん!ぬめり取らずに食ったらどうだ!

〇  香川県 日本一の狭い県!それでも君の極楽浄土! 

〇  蛸刺しでお酒飲んだら美味かろう!身体全部が若返るだろう!

〇  雑草を弘法麦とはよく云うね?実の生らぬのが珠に疵だね!  
  1. 2013/06/03(月) 03:33:19 |
  2. URL |
  3. 鳥羽省三 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

パッション娘 さん
ありがとうございます。
確かにな~んにもない島ですが、改めて
「おい、北さんの田舎ってこれだけかい。」なんて言われちゃシャクですからね~。
そういう口の悪い奴には、
≪良いとこ撮りのてんこ盛り≫ にして
「おい、ざまあ見ろ。悔しかったら遊びに来い!」と、
横須賀の自称‘魯山人’を気取っている友には
♪粟島良いとこ一度はお出で、魚は美味いし、婆ちゃんはきれいだ、ウンワ、ウンワ、ウンワッヮ♪
ってもっと羨ましがらせてやりたいですからね。www
安易な議員の離党は如何なものかと思いますが、
自然豊かな離島はいいですよね~。(バシッ!)
って、離島暮らしの二人で盛り上がってどうする。www
≫北さんは、粟島の観光大使?ですね。
否、否、もう使い物にならない≪感光大紙≫です。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふぅ さん
おはようございます。
≪海ほたる≫もうそろそろだと思います。
過日、現支配人さんに聞いたら「ボチボチです」と言っていました。
我が家の下の浜に出て見るのですが未だあの光は確認できていません。
水温がまだ低いのでしょうかねえ。釣り人の話だと、魚の食いも例年より良くないそうです。
魚のアラでも放り込んでみましょうかねえ・・・
と、言っても、そのアラが触れない。(あの匂いを嗅ぐと吐いてしまいます)e-260www
何事も新しいことを始めると、難しいことが色々ありますねえ。
念願の紫谷山登山、やっと行くことが出来ました。
蛸の話・・・あの時はありがたかったですね~。
バースデーケーキのプレゼントも嬉しかったです。wwwww
以来、≪ボリジ≫の花を見ると思い出します。
今でも咲いていますよ。(先日写真も撮りました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンタレスさん
ありがとうございます。
取り立てて自慢するものはありませんが、
島で生活していて「ああ、きれいだな、嬉しいな」と
普通に思えることが良いのかなって思いますね。
アサリは昔は他所から業者が掘りに来るほど沢山獲れていました。
小さかった自分でも籠一杯獲れていましたが、今は全くいなくなりました。
歌じゃないけれど ♪アサリはどこへ行ったやら・・・オンボロロー♪って感じです。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「朝食の支度が出来ました~」って声がしたので、返信はここで一旦中断です。 m(--)m
  1. 2013/06/03(月) 06:45:58 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

北さんが、最近あまりにも良い写真を撮り、島の生活を楽しんでいるのを、見るにつけ、思う事を一言。
「70過ぎて品があり穏やかないい顔している男は(あれっ、誰かにも言った事あるな)、女房がいい!!」
北さんは一日100回は自分に言い聞かせなくてはいけない。
自分の精神的物質的健康的生活は、女房の献身的忍耐の上に成り立っている。
ごっめ〜〜ん、えっらそうに言って。
でも、写真って撮ってる人の 人となりが伝わるもんなんですね〜〜
これからも見る人を幸せにする、そんな「北さんらしい」写真を撮って下さい。
  1. 2013/06/03(月) 13:12:17 |
  2. URL |
  3. ふうちゃん #-
  4. [ 編集 ]

永浜の海ほたるは受け継がれて居るんですね!!!
いやぁ~前支配人はお辞めになってもう海ほたるは見られないかと思っていましたが・・・
こりゃぁ~今年は粟島へ泊まりがけで行く理由が出来ました!!!
  1. 2013/06/03(月) 13:38:19 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ラムダさん
ありがとうございます。
この日は大潮の日でした。
蛸はおいしかったですよ。
酢の物にしたり、刺身で頂きました。
なにしろ獲りたてですからね。

そろそろ身の周りの整理をしなくてはいけない年齢になったので
書籍とアルバムの整理を始めました。全集物や書籍類は島に来る際、
かなり貰って貰った(押し付け・・とも言うwww)のですがまだまだあります。
誰か貰ってくれる人があれば良いのですが、
島では若い子達がいないので、貰ってくれる人はいないだろうからねえ。www
再び持ち帰って、誰かに貰ってもらえたら嬉しいんだがなあ・・・・。
嫁さんにそれを言うと「無理に押し付けられて(不要とは言えず)かわいそうですよ」って言う。
かといって大ゴミに出すには抵抗が・・・。www

若い頃のアルバム開いたらラムダさんたちの写真が沢山ありました。
大楠山、三殿台遺跡、校庭、教室、遠足・・・等々
眺めていると若かった頃の事が走馬灯の如く思い出されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Kenさん
ありがとうございます。
≫・・・一度で良いから生きてる間に満足のいく写真に残したいなあ~!

生きてる間に・・?だったら、早くしなくちゃあねえ。wwww
僕も同じような気持ちです。あの頃は撮るだけで満足していた・・・
今は、一寸欲も出てきて・・・ね。www
又、ご一緒したいですね。
粟島は猪ノ鼻トンネル越えたらあっと言う間ですよ。www。
猪ノ鼻越えた財田界隈あたりは雰囲気が好きで
買い物に本土に渡った時は立ち寄っています。それに日帰り温泉もね。昨日もそうしましたよ。www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
masa さん
ありがとうございます。
のんびりした瀬戸内の島の風景・・・撮って欲しいですね。
海ほたるの幻想的な光・・僕の手には負えません。www
≪日本一≫かどうかは分りませんが(僕がこんなこと言ってはおかしいですが、
日本一なんて言うと、何か気恥ずかしさを覚えます。・・・www)
今日の写真を撮りっている時は気持ちが高ぶりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥羽省三さん
ありがとうございます。
〇 北さんは気持ち的にはまだ若くシャッポ被れば禿げも目立たぬ   鳥羽省三
島に帰り、観光写真撮りに励んでいるうちすっかり禿げてしまいました。www

〇 この島の自然壊さずあるがまま次代の子らに残していきたい!  鳥羽省三
観光大使としては、これをキャッチフレーズにしたいと思います。

〇 あんたらはわしらよりずっと若いけん!蛸一匹ぐらいは食えるはずだろ!
〇 あんたらはわしらよりずっと若いけん!ぬめり取らずに食ったらどうだ!
〇 蛸刺しでお酒飲んだら美味かろう!身体全部が若返るだろう!      鳥羽省三
蛸一ぱい食べたりしたら、八方に手を伸ばしたくなり、老いの身が持ちません www

〇 香川県 日本一の狭い県!それでも君の極楽浄土!   鳥羽省三
極楽は広さばかりじゃありません 美味いうどんと妻がいればもうそこは極楽ですよ。 
(これは 嫁さんへのお世辞です。これからも世話になりますからねぇ。www)

〇 雑草を弘法麦とはよく云うね?実の生らぬのが珠に疵だね!  
(返) 粟島は幼き真魚(まお)が母の背で 日々に眺めたまほろばの島
※海岸寺は弘法大師の母の里ですから、真魚(まお・弘法大師の幼名)は幼き頃、朝夕粟島を眺めたに違いありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふうちゃん
ありがとうございます。
お陰様で嫁さんに恵まれ毎日楽しい日々を送っています。www
きっと、Tさんも同じだと思います。www

幼い頃のY坊とのギャップが可笑しいでしょ。僕もそう思います。
人は変わるのです!! (じゃあ変体かい?)www

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
最近は夜、僕自身が徘徊しなくなりましたから幻想的な≪海ほたるショー≫は見ていません。
日時と潮見表等を調べ「ル・ポール粟島」に問い合わせて奥さんとおいで下さい。
浜に≪海ほたる≫、夜空に≪星≫どちらを撮られても良いと思いますよ~。
  1. 2013/06/03(月) 17:17:45 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
海ほたる・・とっても綺麗ですね、
実際に目で見るともっと綺麗でしょうね、
海のイルミネーションと言ったところかな!
  1. 2013/06/03(月) 19:56:00 |
  2. URL |
  3. 尾張小牧 #-
  4. [ 編集 ]

大和に一次帰還しました。帰ると、相変わらず厚木のジエットキが轟音をたてて、大和の空を独り占めです。粟島がいいですねぇ。とんびの鳴声とさざなみの音がしか聴こえない粟島に速く帰って、のんびりと、釣りがしたいです。 カンとカントです
  1. 2013/06/03(月) 20:35:45 |
  2. URL |
  3. 海ヒロ #q.diOBg2
  4. [ 編集 ]

尾張小牧 さん
ありがとうございます。
イルミネーション・・・そう言われたら照れちゃいますね。www
幻想的な光で町では見られない癒される光です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海ヒロ さん
無事の帰還、安心しました。音信不通の日々が続いたので
どこかで事故ったかな?とニュースを見ていました。www
都市には都市の良さがあり、島には島の良さがある。
その場その場が極楽ですから十分鋭気を養って又島の戻ってきてください。
全国デビューしたカントによろしく!。
  1. 2013/06/03(月) 22:41:13 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

私は山育ちで こういう場面を見たことが無いので
海ホタルの美しさに 感動です
この素晴らしい自然を ずっと後世にも残してほしいと思いました
人間と自然の共存する姿は 島の宝ですね^^
  1. 2013/06/04(火) 21:46:48 |
  2. URL |
  3. ユウスケ #ZvWJaGwQ
  4. [ 編集 ]

ユウスケさん
ありがとうございます。
僕は逆に「里山」の生活に憧れます。www
特に水田風景・・・
自然を壊すのは簡単ですが、元に戻すには何十年何百年とかかりますからねえ。

≫人間と自然の共存する姿は 島の宝ですね
本当にそう思います。大事にしていきたいと思います。
  1. 2013/06/05(水) 00:18:00 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示