まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

泰山木 (たいさんぼく) 2

6月6日は咲いたばかりの花が撮れなかったので、8日にもう一度マイカー(自転車)飛ばして行って来ました。
DSC03754 (600x399)




前回は、タイミングがずれていて、少し早かったり遅かったり、高い所に咲いていたりして,
DSC03678 (600x457)


丁度咲いたばかりの花に出会えませんでしたが、
今回は程良い高さに丁度いいタイミングで咲いていてくれました。
DSC03686 (419x600)


シルクの産着に包まれた赤ちゃんのような花を見つけました~。まるで孫のように愛おしく思い、
♪ こんにちは 赤ちゃん 私が爺よ ♪ って写真撮ろうと覗き込んだら・・・
DSC03684 (600x496)


でかっ! ・・・泰山木の赤ちゃんの≪花芯≫は巨大です。www それにしてもこの花、何かに似ている・・・。
「ザゼンソウ」を品良くしたような・・(と言ったら叱られそうだから) 「ミズバショウ」にも似ているような・・・、
ウ~ン、でもないなあ~・・そうだ!ホオノキ・・ホオノキだ~!泰山木の花は朴木の花に良く似ています。
DSC03679 (514x600)


泰山木の花は一日の命、今開いたと思ったら、はや受粉の準備です。
穂先の部分が雌しべ群、その周囲を囲むのが雄しべ群で、開花と同時に虫達も集まってきて受粉に協力するそうです。
DSC03696 (600x450)


この泰山木の花のオシベ・メシベは、かなり古い形のものだそうで、他の植物はどんどん進化していくのに、
泰山木の花は何万年も姿形を変えず、原始的な姿をそのまま残しているのだそうです。
DSC03697 (450x600)


昆虫を媒介して受粉を行う虫媒花(ちゅうばいか)ですから遠くからでも目立つように大きく白く、
その上に甘い香りを放ち、虫達を誘い入れる・・・巧妙な仕掛け、知恵ですね~。
DSC03698 (549x600)


持ちつ持たれつ・・give and take ・・お互い助け合っていかなければ・・。
昨今の言い方だと≪Win-Winの関係≫とでもいうのでしょうか。決して「援助交際」などと言ってはいけません。
DSC03698 - コピー (600x449)


花の命は短くて・・・受粉を終えた後は、
花托の部分が変色し、秋には円柱状広楕円形の実をつけ、命を繋いでいきます。
DSC03682 (452x600)


受粉すると一日で萎れて茶色に変色し、2,3日後には落下する寿命が短い花、
写真を撮っている時もパラパラ大きな音を立てて落ちていました。
DSC03683 (600x399)


泰山木の咲く中庭は、バーベキュー広場にもなっています。
植物学の牧野富太郎博士がタイサンボク≪大盞木≫と、大きな杯に例えていますから、
大きな葉はお皿に、大きな花びらはジョッキ代わりに良いかも知れません。
DSC03689 (600x494)


TVでは、ビルの屋上に設置されたビヤガーデンで豪快に冷たいビールを飲み干している人たちを取材していました。
皆さん、飲みすぎ、熱中症等に気をつけ下さい。【ル・ポール粟島】の常連、H、T、Tの諸君もね。www 
それでは、また。

スポンサーサイト
  1. 2013/06/16(日) 00:00:00|
  2. 木の花
  3. | コメント:11
<<上新田 1 | ホーム | 泰山木 (たいさんぼく) 1>>

コメント

こんにちは

命を繋ぐ知恵のたくましさに感心してしまいます。
それにしても、はかない命ですね。
立派に開いた花が数日後には音を立てて落ちてゆくとは・・・
花びらはちょうど粉引きの器のようですし、一度きりでも食卓にのせてあげたいですね。
受粉の写真は、カメラの勉強を始めたTが興味深げに見入っていました。

こちらは梅雨本番で、変わりやすい天候が続いています。
湿気でジトジトですが、せめて気持ちはカラリと行きたいものです。
どうぞお元気で。
  1. 2013/06/16(日) 16:36:11 |
  2. URL |
  3. さちたけまむ #-
  4. [ 編集 ]

わぁ。瑞々しい花芯ですね~。
花びらもまっ白ですね~。奇麗♪
香りが届かないのが残念なのです。
  1. 2013/06/16(日) 20:11:17 |
  2. URL |
  3. ヒツジ草 #nKD1BgzM
  4. [ 編集 ]

笠信太郎の物の見方ではないけれど、泰山木の花は一見おおきな白い花、しかし北さまの花に対する情熱、カメラアングルによって印象は変わりますね。一日の命とは胸痛みますがクリーム色の滑らかさの中で営まれる受精、神秘的ですね、其の中で蜜に戯れ遊ぶ運の良い虫達、憎めませんね。そんな宝の島を出航に踏み切るのは勇気がいりますね。お自愛下さいませ。
  1. 2013/06/17(月) 10:59:18 |
  2. URL |
  3. アンタレス #-
  4. [ 編集 ]

さちたけまむ さん
ありがとうございます。
花びらが大きいので音を立てて落ちる様は
大きな鳥が飛び立ったのかと思える程びっくりします。
周りが静かなだけに大きな羽音のように聞こえます。

≫花びらはちょうど粉引きの器のようですし、一度きりでも食卓にのせてあげたいですね。

そうですね。白磁や青白磁の食器に緑野菜と赤いトマトなどのサラダは映えますから、
一度悪戯心に試してみましょうかねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひつじ草さん
ありがとうございます。
この白い泰山木の花が高原の朝霧の中に浮かび上がっていたとしたら・・・絵になりますね~。
横須賀にいたら中央高速飛ばして、霧が峰・美ヶ原高原なんかへ行きたいところです。
レンゲツツジ、ニッコウキスゲも目に浮かびます。
  1. 2013/06/17(月) 11:17:03 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

泰山木の花ってでかいんですねぇ~!!!
始めて花を見ました・・・
この花びらならビールは無理でも清酒なら飲めそうですねぇ~・・・
花びらに清酒を注ぐと良い香りがするんでしょうかねぇ~・・・???
  1. 2013/06/17(月) 12:20:13 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

アンタレス さん
ありがとうございます。
今まで何気なく見てきた泰山木・・・
どちらかと言うと、名前と大きさから大陸的なイメージが強く、
余り興味も関心も持てず、ブログに登場するのも初めてです。

いつもながら、植物の生きるための用意周到さや造りの巧妙さには驚かされます。
これも、物を良く見ないと気づかないことですが・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん、
ありがとうございます。
土曜日の雨にはびっくりしましたね~。お陰様で今日まで水遣りせずにすみました。
週一くらいのサイクルで降ってくれたら早明浦ダムも安心だけれど、
例年のペースだと干上がってしまいますからね。
ため池・・・「なるほどな」と納得です。

あんな大きな杯で日本酒飲んだら倒れてしまいます。
  1. 2013/06/17(月) 17:18:39 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

泰山木は、以前に住んでた家の庭に咲いてましたのを思い出しました。
白い花が綺麗ですよね!でも、木が大きくなるので
毎年、枝落としに苦労した思い出があります。葉っぱも硬くてデカイですね!
  1. 2013/06/18(火) 00:25:11 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

Kenさん
おはようございます。
泰山木は大きく成長するので、あやかって庭に植えられていたのでしょうか。
Kenさんの絶好の遊び場(木登り)にもなっていたのでしょうね。
大きくなってからの枝落しも葉っぱや花の掃除は大きくて大変だったでしょう。

今朝は曇っています。雨を!なんて欲張ったことは言わないので、
せめてこのまま曇っていて欲しいと思いながら猪の鼻峠の方を眺めています。
阿讃の山々もかすんでいます。
  1. 2013/06/18(火) 05:31:23 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

泰山木の花是非一度見てみたいです。
自然には”弱肉強食”や”共存共栄”がありますが、虫たちに助けられて生命を繋ぐ、いいですね。
虫に助けられて1日で生涯を終える花なんて、考えてみるとドラマチックな気さえします。
  1. 2013/06/18(火) 11:50:49 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

masa さん
ありがとうございます。
泰山木、越後の方は寒いのであまり無いのでしょうか?
朴の木 (ほおのき)と良く似ています。
花が咲いていると直ぐに分りますが、花の時期以外は意外と見過ごしてしまいます。
我々はこの木に限らず、花を追いかけ、花の時期が過ぎると余り関心をを示さない傾向にあります。ww

泰山木と良く似ている朴の木 は山の中に良くありますが
泰山木は大きな屋敷やお寺の境内で良く見かけます。
  1. 2013/06/18(火) 22:17:20 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/06/20(木) 23:48:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (19)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示