まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

暑さを吹き飛ばせ! 7 山寺の夏祭り 3

山伏達が立ち並ぶ本堂前の結界を巡らせた道場に、本寺住職の大導師さんが入場して来ました。
辺りの空気が一変し、境内は張り詰めた雰囲気に包まれました。僕もどうなるかと固唾を呑んで見守りました。
DSC05332 (600x450)


そんな中を、二人の若い山伏(姿の僧)が不動明王像の前に進み、
DSC05335 (600x540) (600x540)


先ずは弓と矢(法弓=ほうきゅう)を頂き、
DSC05336 (600x399)


古式に則った≪法弓の儀≫が始まりました。
DSC05337 - コピー (600x427)


朗々と「願文=(儀式の主旨)」が読み上げられます。その声は清閑な山寺の森の中に、そして我々の心の中に染み入っていきます。外気温は軽く30℃を越え、山伏の首筋からも汗が滴り落ちています。
R0013014 (449x600) (2)


やがて、清められた結界の四方の隅(東西南北)に向かい、結界道場外陣の魔をお祓いするため、
DSC05342 (600x450)


真っ白な鏑矢が、張り詰めた空気を突き裂くように高く射放たれました。
これで、道場内陣は強い結界となりました。
その矢を拾った人は大事そうに持ち去りました。きっとご利益のある縁起矢として家に祀るのだと思います。
R0013007 (600x450)


続いて、不動明王から霊火を頂き、
DSC05344 (600x424)


桧葉で覆った護摩の薪に祈願を込めて霊火を点じていきます。
DSC05346 (600x480)


檜の青葉は、白煙を上げて天に昇り、火柱となる・・と古来より言い伝えられています。
DSC05349 (600x399)


若い山伏(姿の僧)が点火棒(松明)を四方から挿し入れ、≪御護摩焚き≫の火を日を点けて回ります。
DSC05351 (600x449)


火はやがて組んだ薪に着火し、激しく白煙を天に巻き上げ始めました。
DSC05356 (600x428)


こうして≪夏祭り≫の儀式は、佳境に入り、
DSC05355 (600x450)


いよいよ真言密教加持の極致と言われる≪御護摩焚き≫へと進んでいきました。
R0013021 (600x400)


境内は再び蝉の声に包まれました。
DSC05360 - コピー (2) (600x449)


その≪御護摩焚き≫と≪火渡りの行≫は次回にお知らせします。
それでは、また。

  **************************************************
※お知らせ
 粟島にNHK≪鶴瓶の『家族に乾杯』≫のロケがやって来ました。9日、16日二週にわたって放送されます。
 NHKの『家族に乾杯』予告  ←クリックして見て下さい

リンク先の 【島帰りの「ふう」】 さんも、 藤井フミヤさんが「粟島は、≪屋久島・イースター島を抜いてもう一度訪れたい島No1≫」に挙げた島 」と紹介されています。 
※ タモリの『笑っていいとも』という番組の中で、元チェカーズの藤井フミヤさんが粟島を絶賛したそうです。

 
スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 00:00:00|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:3
<<暑さを吹き飛ばせ! 8 山寺の夏祭り 4 | ホーム | 暑さを吹き飛ばせ! 6 山寺の夏祭り 2 >>

コメント

こんにちは。

神聖なる儀式拝見させていただきありがとうございます。
それにしても煙がスゴイ!
こんな所の「火渡り」暑そう!と言うより焼け人間になってしまうようです。
  1. 2013/09/06(金) 09:39:56 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

護摩焚きって人間の燻製を造る行事ですか???
こんなに煙を出すのは杉の葉が乾いていないからでしょう・・・
生木を燃やすのはコツが要りますからねぇ~・・・
  1. 2013/09/06(金) 12:04:03 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

masa さん
ありがとうございます。
初めての体験で見るもの聞くもの全て興味津々でした。
でも、暑かったですよ。
お坊さんたちは大変だったと思います。
見ているだけなのに汗びっしょりになりました。

この後、≪火渡り≫が待っています・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我楽多写楽さん
ありがとうございます。
護摩焚きの煙は凄かったですね。
神秘な雰囲気満点でした。
昔から「檜の新葉は白煙を上げる」と言いますが言われる通りでした。


  1. 2013/09/06(金) 21:05:57 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (161)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (47)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (43)
城の山より (10)
西浜 (19)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (36)
家族 (20)
お出かけ (100)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (22)
粟島 (6)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (27)
香川のお寺や神社 (92)
紫雲出山 (16)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (57)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示