まほろばの島詩

50年ぶりに帰ってきた故郷の風景写真

暑さを吹き飛ばせ! 9 山寺の夏祭り 5

≪柴燈護摩≫の後は、いよいよ≪火渡り神事≫のクライマックスです。
この不動明王の智慧の火で、我々の心の迷いや煩悩を焼き清めて、ご加護を頂く・・・そんな神事です。
DSC05371 (600x452)
 この≪火渡り神事≫は、真言密教の秘法儀式で、貞観[じょうがん]年間(832~909)聖宝理源大師[しょうほうりげんだいし]が日本七霊山の一つ大和峯山『醍醐寺』で山岳修行中、柴(山に生えている小さい雑木)で護摩秘法を行い、毒蛇を退治したことが始まりとされています。
「聖宝理源大師」は①で紹介しましたように、この山寺(正覚院)が生誕の地です。



まずは、大導師さんが参拝者の所願成就や日本の平和、安全を祈念しながら渡ります。
DSC05372 - コピー (530x600) (2)


大導師に続き、先達として山伏姿のお坊さんたちが参拝者のお札等を持って渡ります。
R0013059 (600x400) - コピー


≪火渡り≫は、「お不動さんの霊力によって、心の迷いを焼き尽くし、明るく生き抜く意欲が生まれ、 又、念願成就のご霊験に浴することができます。それぞれに願い事を念じながらお渡り下さい。お不動さんがお守りして下さっているので、どうぞ安心してお渡り下さい。」とのお話が大導師さんからありました。
DSC05373 (600x449)


さて、いよいよ我々参拝者が、お不動さんから頂いた力を持って、まだ火のくすぶる灰の上を個々の願い(無病息災、家内安全、商売繁盛、学業成就等々) を祈念しながら渡る時が来ました。
あれ~、どこかで見たような・・・。良く見ると、この「山寺の夏祭り」に誘ってくれた知人のYさんだ。 (バシッ!白々しい)
昨年は一番(火渡りする順番)を逃したので、今年は早くから並び、念願の一番乗りです。
DSC05374 (600x449)


一寸一寸、Yさん、僕に「ちっとも怖くあらしまへんがな~」と勧めたのに、その顔はないでしょうと思いながらも、
♪≪一番乗り≫をやるんだと 勇んで散った戦友の 遺骨を抱いて俺は行く 讃州讃岐の山の寺♪ 
そんな勝手な替え歌を口ずさんでいました。でも、この顔見ると段々不安になって来ます。 結構熱そうです。
DSC05376 (600x450)


「え~、ちょと待って・・・。そんなに熱いのかい?話が違うよ。いやだな~。」
「何、言うとるんですか。このお不動さんの宝剣が守ってくれます。さあ、勇気を出してお渡りください。」
DSC05381 (600x450)


「そう言われてもなあ・・・皆さん長々お世話になりました。良い人生でした。ありがとう・・さような・・。」
と、大導師さん達に背中を押され、恐々煙の中に消えて行ったのは・・・あ~、これまた覚えのあるお顔です。
後に残った僕は迷う。≪渡るべきか、渡らざるべきか、イエスかノーか、それが問題だ≫ (バシッ!「マレーの虎」じゃん)
DSC05382 (600x449)


「全くもう、みんな男でしょ!このように、全てをお不動さんにお任せして、信じ切って渡ればいいのよ。見てて。」
そう言い放って、涼し気に煙の中に消えて行ったのは、またまた粟島からご一緒した令夫人でした。
DSC05383 (600x449)


「お~、お主、なかなかできるな。」と、気取って見せるが、プレッシャーがかかります。
あれこれ思案している間にも≪火渡り≫の順番は滞りなく進み・・・とうとうその時がやって来ました。
DSC05384 - コピー (600x483)


一人譲り、一人譲りしているうちに、いつの間にやら僕は≪火渡り≫の最後尾に立っていたのです。
ここまで来たら仕方がない。俺も男だ~!末代までも語り草となるような立派な 散り方を  否、≪火渡り≫を。
そう思った僕は、気合を入れて・・・えいっ! とばかり燃え盛る火の中へ・・・。(気持ちだけは)
DSC05380 - コピー (579x600)


「あらっ・・・お主、今、飛び込んでこられたお方は知りませぬか?」 
「身共は知りませぬが・・そう言われれば急にお姿が見えなくなられたが・・・はて?」
≪火渡り≫の補助をされていたお坊さんは慌てています。その時、当の僕は・・・。
DSC05379 - コピー - コピー (2) (600x512)


あ~、僕の行方は・・・気になるところですが、本日ここまで。続きは13日金曜日、思いもよらぬ結末が・・。
それでは、又。  
(バシッ!またしても姑息な手をつかって終わるのかい)
 はい。島の宣伝係長の座を狙ってるもんで・・・。wwww)  

  *****************************************************************
 火渡り護摩供養について
不動明王は「教令輪身」[きょうりょうりんじん]ともいわれ、大日如来の化身として仏教に人々を導く使命をもっておられます。怒りの表情で火焔を背負い、右手に宝剣、左手に羂索[けんさく]を持っておられます。
どれもが煩悩を焼き尽くし、切り裂き、縛り上げてしまうという法具です。
あえて激しい姿を見せることで人々を懺悔させると共に、迷いの淵から救い上げようという慈悲の心もお持ちです。
この不動明王をご本尊として修法する柴灯護摩は、天下泰平・密教紹隆・万民豊楽・五穀豊穣を祈念し、
併せて参拝者の皆様の除災招福・諸願成就・心願成就を祈願する大護摩です。
また、その後の火渡り儀式は、不動明王に帰依し、願望成就の功徳をお持ち帰りいただく儀式です。
                                  =宮島観光協会資料より=


※お知らせ
 9日(月)NHK『家族に乾杯』で、粟島ロケが放送されました。
 次回は16日(月)午後8時からです。

リンク先の 【島帰りの「ふう」】 さんも、 藤井フミヤさんが「粟島は、≪屋久島・イースター島を抜いてもう一度訪れたい島No1≫」に挙げた島 」と紹介されています。 
※ タモリの『笑っていいとも』という番組の中で、元チェカーズの藤井フミヤさんが去年お忍びでやって来た粟島を絶賛したそうです。


スポンサーサイト
  1. 2013/09/11(水) 00:00:00|
  2. 香川のお寺や神社
  3. | コメント:4
<<暑さを吹き飛ばせ!  10 山寺の夏祭り 6 | ホーム | 暑さを吹き飛ばせ! 8 山寺の夏祭り 4>>

コメント

北さん、不動明王に帰依しちゃったんですねぇ~・・・
其の内、仏門に入って信玄って名前を変えて粟島に躑躅を一杯植えて躑躅ヶ崎館を作るんでしょうねぇ~・・・
すると粟島が躑躅島になっちゃう???
  1. 2013/09/11(水) 12:10:07 |
  2. URL |
  3. @我楽多 #kTvoSsVA
  4. [ 編集 ]

我楽多写楽さん
ありがとうございます。
お不動さんの憤怒の形相で邪気を追い出す姿を見ると帰依したくもなりますね。
願うことなら日本海側にずらりと並べて日本を守って欲しいと思います。

粟島ワイナリーですか。そして僕がソムリエに?
ソレムリ(其れ無理)です。
でも、葡萄で一杯の島になることは歓迎です。
最近は僕の脳も退化しているらしいので(MRIで指摘されてしまいました)
粟島が≪葡萄島≫になれば脳の活性には欠かせない
≪ブドウ糖≫がたっぷり摂取できますから歓迎です。www
  1. 2013/09/11(水) 16:19:06 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

放送見ました!

粟島ののんびりとした空気、島民の皆さんの雰囲気など、とてもよく伝わってきました。

来週の放送が楽しみです!
  1. 2013/09/11(水) 22:34:24 |
  2. URL |
  3. 横須賀のピョン #-
  4. [ 編集 ]

横須賀のピョンさん
ありがとうございます。
カメラが来るのを知っていれば、
見栄でも何人か集めて通行人を装って貰ったものを・・・wwww
余りののんびりした様子に「普段もあんなに人がいないのですか?」
のメールが来ました。www
次回は横須賀のピョンさんも行かれた所のようです。
  1. 2013/09/11(水) 23:08:20 |
  2. URL |
  3. 北さん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多さん

Author:喜多さん
瀬戸内海と東京湾、二つの故郷を行ったり来たりの根無し草。
瀬戸内の小さな島や三浦半島の風景、生活等を中心に描いています。
又、折々に咲く身近な草花や、旅先で出合った風景等も織り交ぜながら、好き勝手な事を綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

いいなって思ったらクリックしてください

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

春 (3)
粟島遠望 (6)
未分類 (156)
桜 (12)
ノスタルジア (3)
茶華・鳥 (32)
えっちゃんの花畑 (9)
木の花 (14)
春の花 (7)
横須賀 (110)
横浜 (19)
鎌倉 (33)
東京 (52)
奈良 (45)
高野山・京都 (24)
海員学校 (4)
船、港 (41)
城の山より (10)
西浜 (18)
島の人 (7)
下新田 (9)
姫路 (3)
花畑 (6)
詩歌 (3)
旅行 (23)
紫陽花 (17)
草花 (106)
三浦半島 (7)
夜景 (10)
花散歩 (39)
粟島散歩 (99)
小動物 (35)
家族 (20)
お出かけ (102)
年中行事等 (52)
朝の風景 (20)
夕景 (10)
日々の出来事 (19)
香川 (27)
粟島 (2)
奈良・京都 (1)
愛媛 (6)
黒川/財田駅周辺 (21)
徳島 (21)
三豊市(山本町,財田界隈) (18)
香川のお寺や神社 (88)
紫雲出山 (14)
高知 (11)
島の桜 (9)
お寺 (0)
島の春 (9)
庭の花 (55)
来島者たち (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示